• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第188回)皿にかかれた人生模様

高橋英樹主演の『桃太郎侍』(放送期間:1976/10/03~1981/09/27、全258回)の第188話。「将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。弱きを助け、悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。お化け長屋にケンカの絶えない三家族があり、この日もそれぞれの家の男たちがみちのく屋で憂さ晴らし。漢方医小松良順の息子の久太郎は、家から持ち出した絵皿を支払いに充てようと取り出すと、その皿に見覚えがあるという宗吉。宗吉の家は元公儀御用達の呉服問屋で皿は代々店に伝わるものだが、診療の代金として良順の手に渡ったものだった。その場は古道具好きの清三郎(住吉道博)が皿を買い取るが、骨董屋に持って行くと…。【この項、BS日テレ広報資料より引用】」【役名(演技者)】桃太郎(高橋英樹)、玉川つばめ(野川由美子)、蛙の田之助(山城新伍)、彦助(谷村昌彦)、仁兵ヱ(深江章喜)、お勝(絵沢萠子)、とん太(北野清治)、おさよ(川本美和)、お澄(宮園純子)、清三郎(住吉道博)、清水下野守(宮口二郎)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1980/05/25~1980/05/25
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹野川由美子山城 新伍谷村 昌彦深江 章喜絵沢 萠子(クレジット表示は、絵沢 萌子、と誤表示)、北野 清治川本 美和、(以下、非レギュラー桑山 正一宮園 純子住吉 道博宮口 二郎宮口 二朗)、野平 ゆき荒木 雅子関川 慎二村嶋  修北見 唯一川浪公次郎藤山 喜子、(擬斗:土井淳之祐
主な脚本 野波 静雄
主なプロデューサ 長富 忠裕小沢啓一郎橋本 慶一
主な演出 (監督:尾田耕太郎)(助監督:曾根  勇曽根  勇))(記録:谷野 和子
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作協力 (協力:アイウエオ企画)
制作 (製作担当:丸本  晃)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 加藤 教夫渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(和楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞・作曲:三波 春夫、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 森  常次、(照明:前田  満)(録音:田中 峯生)(編集:戸川  博)(計測:宮西慶二郎)(現像:東洋現像所
美術 塚本 隆治、(装置:曽根美装)(装飾:松本 吉生)(衣裳:米田  稔)(美粧:河田 福司)(結髪:水巻 春江)(小道具:高津商会

Tag Cloud

高橋英樹 山手樹一郎 住吉道博 野川由美子 清三郎 宗吉 野波静雄 漢方医小松良順 桃太郎 山城新伍 谷村昌彦 高橋英樹主演 良順 浪人暮らし 憂さ晴らし 絵沢萠子 公儀御用達 みちのく屋 支払い 診療 呉服問屋 お化け長屋 取り出す 持ち出す 田之助 彦助 将軍家斉 疎い 育ち 退治

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供