• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データウドン屋(ヴドン屋、うどん屋)

キネマ旬報社刊の「日本映画テレビ監督全集」(1988年)には和田勉のディレクターデビュー作とある。和田勉の独特のスタイルがこのドラマから早くも確立している。30分。「大阪の、とある場末の、小さなうどん屋一家がその主舞台で、そこの女主人がミヤコ蝶々。小さな三人の子供がいて、これが朝っぱらからハラをへらしていて、ギャーギャー泣きわめく。ちょうどパチンコという名古屋の発明品が走りの頃だった。そこで蝶々さんがその「泣く子」を黙らすために、一発、脚本にないセリフ(アドリブ)を、かませる。「そんなにハラがへっとんなら、パチンコの玉でもくらっとけ!」」これで、和田勉はミヤコ蝶々のアドリブに感心し、東京志向を完全にうち砕き、「ぼく自身もこれ以降、このセリフによって「ぼく自身のドラマ」や女優を、目指すことに」なったという。【この項、和田勉・著「女優誕生」新潮社刊より引用】。【参考文献:NHKクロニクル(2018/01/22参照、http://www.nhk.or.jp/archives/chronicle/)】
キー局 NHK GTV 放送曜日 放送期間 1954/11/25~1954/11/25
放送時間 19:30-20:00 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 新芸座ショー
主な出演 都  蝶々ミヤコ蝶々)、南都 雄二
主な脚本 (作:秋田  実秋田  實))
主な演出 和田  勉
局系列 NHK
制作会社 NHK(大阪放送局)

Tag Cloud

都蝶々 和田勉 南都雄二 ハラ パチンコ アドリブ 自身 セリフ ミヤコ蝶々 ディレクターデビ... 朝っぱら 東京志向 泣きわめく くらう 発明品 走り 確立 砕く 場末 へる 感心 黙る スタイル 泣く 名古屋 ドラマ 女優 主人 早い 大阪

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供