• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第105回)北の岬の渡り鳥

将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。弱きを助け悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。乳母の出身地である出雲崎に向かう道中、桃太郎(高橋英樹)は浜辺で木の枝を拾っている娘に会う。旅籠があるか聞くと1軒もないと言うが、それは嘘で彼女は旅籠の娘おりんだった。江戸からの客は珍しく、背格好が良い桃太郎のことを気になり始めたおりんは、彼の後をついてまわるようになる。その頃、桃太郎を追って旅に出たつばめとおみよと田之助は、道中で男女が揉めている場面に遭遇し、事情を聞いて出雲崎まで一緒に行くことにする。【以上、BS日テレ広報資料より引用】「桃太郎(高橋英樹)は、今は亡き乳母・千代の故郷である出雲崎を訪れ、かよ(中川七瀬)という娘と知りあった。かよの勧めで、祖母・お勝(清川虹子)の営む旅籠に旅装を解いた桃太郎は、かよの兄・小三郎(佐藤仁哉)が羽黒石一家の親分・仁蔵(千葉敏郎)の女・おさん(森秋子)と駆け落ちしたため、お勝が羽黒石一家にいやがらせを受けていることを知る。【この項、週刊テレビ番組より引用】」協力:高津商会。【役名(演技者)】桃太郎(高橋英樹)、玉川つばめ(野川由美子)、蛙の田之助(山城新伍)、玉川すずめ(西川峰子)、彦助(谷村昌彦)、仁兵ヱ(深江章喜)、お光(西川ひかる)、おえい(関悦子)、おみよ(吉本真由美)、とん太(北野清治)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1978/10/15~1978/10/15
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹野川由美子山城 新伍西川 峰子仁支川峰子)、谷村 昌彦深江 章喜西川ひかる関  悦子吉本真由美吉本真由み)、北野 清治、(以下、非レギュラー清川 虹子中川 七瀬森  秋子佐藤 仁哉千葉 敏郎有川 正治原田  力五十嵐義弘芦田 鉄雄蓑和田良太簑和田良太)、志茂山高也壬生新太郎岡嶋 艶子岡島 艶子)、木谷 邦臣、(擬斗:土井淳之祐
主な脚本 和久田正明
主なプロデューサ 加賀 義二小沢啓一郎橋本 慶一
主な演出 (監督:山下 耕作)(助監督:尾田耕太郎)(記録:佐久間淑子
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作協力 (協力:アイウエオ企画)
制作 (進行主任:丸本  晃)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 加藤 教夫渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(邦楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞:三波 春夫、作曲:平尾 昌晃、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 羽田 辰治、(照明:岡田 耕二)(録音:矢部 吉三)(編集:川上  忠)(計測:佐賀  彰)(現像:東洋現像所
美術 塚本 隆治、(衣裳:米田  稔)(美粧:河田 福司)(結髪:河野 節子)(装置:曽根美装)(装飾:後藤 博敏

Tag Cloud

桃太郎 高橋英樹 出雲崎 旅籠 かよ 羽黒石一家 山手樹一郎 野川由美子 みよ 田之助 和久田正明 背格好 山城新伍 谷村昌彦 揉める 乳母 浜辺 聞く 高津商会 知る 加賀義二 珍しい 祖母 西川峰子 彦助 疎い 世情 育ち 場面 落胤

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供