• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第101回)お毒味された悪だくみ

将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。 育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。 弱きを助け悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。桃太郎(高橋英樹)が釣りをしているところに行き倒れた竹内勇之進(荒井注)。鯖江藩で料理の毒味役を務めていたが、仕事が嫌で妻と子供を国に残し出てきたと言う。桃太郎たちの協力で畳替えや上方屋での手伝い、玉川一座での呼び込みなどに挑戦するも不器用な竹内はことごとく失敗。みんなが呆れ返っていると、最初は見放していた田之助(山城新伍)が用心棒の仕事を見つけてくる。一方で、文七(青木義朗)と桃太郎は毒入り大福を食べて死んだという事件の真相を探っていた。【以上、BS日テレ広報資料より引用】協力:高津商会。【役名(演技者)】桃太郎(高橋英樹)、玉川つばめ(野川由美子)、蛙の田之助(山城新伍)、玉川すずめ(西川峰子)、熊造(茶川一郎)、文七(青木義朗)、仁兵ヱ(深江章喜)、おふう(杉村留美子)、おみよ(吉本真由美)、お兼(南条みづ江)、とん太(北野清治)、竹内勇之進(荒井注)、安藤織部正(田中浩)、佐吉(大竹修造)、伝三(汐路章)、伊勢屋(岩田直二)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1978/09/17~1978/09/17
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹野川由美子山城 新伍西川 峰子仁支川峰子)、茶川 一郎青木 義朗深江 章喜杉村留美子吉本真由美吉本真由み)(クレジット表示では「吉」の「士」は「土」)、南条みづ江北野 清治、(以下、非レギュラー荒井  注田中  浩大竹 修造汐路  章岩田 直二北村勝一郎池田 謙治疋田 泰盛、(擬斗:土井淳之祐
主な脚本 ちやき克彰茶木 克彰ちゃき克彰
主なプロデューサ 加賀 義二小沢啓一郎田村  嘉
主な演出 (監督:田中 徳三)(助監督:久郷 久雄)(記録:藤原 凪子
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作協力 (協力:アイウエオ企画)
制作 (進行主任:河野 荘一)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 加藤 教夫渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(邦楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞:三波 春夫、作曲:平尾 昌晃、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 平山 善樹、(照明:林  春海)(録音:中沢 光喜)(編集:鳥居  勉)(計測:水島 淳一)(現像:東洋現像所
美術 塚本 隆治、(衣裳:米田  稔)(美粧:河田 福司)(結髪:河野 節子)(装置:曽根美装)(装飾:門明  淳

Tag Cloud

高橋英樹 竹内勇 桃太郎 山手樹一郎 山城新伍 ちやき克彰 野川由美子 荒井注 田之助 青木義朗 杉村留美子 呆れ返る 大竹修造 田中浩 呼び込む 上方屋 見放す 仕事 竹内 玉川一座 用心棒 手伝い 加賀義二 協力 西川峰子 茶川一郎 疎い 世情 育ち 落胤

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供