• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ桃太郎侍(第13回)裏のうらは裏だった

高橋英樹主演の『桃太郎侍』(放送期間:1976/10/03~1981/09/27、全258回)の第13回。「将軍家斉の御落胤でありながら、気ままな浪人暮らしの桃太郎。育ちが良すぎて世情に疎いのが玉に傷。弱きを助け、悪しき鬼を華麗に退治する、高橋英樹主演の痛快時代劇の一編。ある夜、男たちに追われる女が桃太郎(高橋英樹)に助けを求めてきた。聞くところによると年貢が払えず上州より姉のお咲(池玲子)とともに身売りされ、日々せっかんされ逃げ出してきたという。それを聞いたつばめ(野川由美子)は、女郎の言うことを信じて助けたりしてはいけないと桃太郎を諭すが、伊之助(植木等)が女郎宿の様子を探ると本当に姉がせっかんされているのを目撃。そこで、女郎宿の主を追い出し一件落着かと思われた矢先、思いがけないことが起こる。【この項、BS日テレ広報資料より引用】」【役名(演技者)】桃太郎(高橋英樹)、玉川つばめ(野川由美子)、猿の伊之助(植木等)、仁兵ヱ(深江章喜)、お兼(南条みづ江)、熊造(茶川一郎)、おはる(玉川スミ)、仙太(雷門ケン坊)、おみよ(吉本眞由美)、ちょろ髭(下之坊正道)、お咲(池玲子)、市助(長谷川明男)、お房(結城しのぶ)、お時(長谷川待子)、松五郎(汐路章)、権八(秋山勝俊)、楼主(松田明)、十文字屋(北原将光)、捨十(山本弘)、同心(千代田進一)、お甲(紅かほる)。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 1976/12/26~1976/12/26
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 高橋 英樹野川由美子植木  等茶川 一郎玉川 スミ深江 章喜南条みづ江雷門ケン坊吉本眞由美吉本真由美吉本真由み)、下之坊正道、(以下、非レギュラー池  玲子長谷川明男結城しのぶ長谷川待子汐路  章秋山 勝俊松田  明北原 将光山本  弘千代田進一紅 かほる大矢 敬典浪花 五郎、(擬斗:土井淳之祐
主な脚本 飛鳥ひろし鳥居 元広
主なプロデューサ 加藤 教夫小沢啓一郎田村  嘉
主な演出 (監督:松尾 正武)(助監督:上杉 尚祺)(記録:平井宇津江
原作 山手樹一郎
局系列 NNN
制作会社 (制作:東映(東映京都テレビプロダクション)、NTV)
制作 (進行主任:丸本  晃)(演技事務:上ノ山 敏)
企画 梅谷  茂垣内 健二渡辺 洋一
音楽 木下 忠司、(整音:浜口十四郎)(邦楽監修:中本 敏生
主題歌 三波 春夫「桃太郎侍の歌」(作詞:三波 春夫、作曲:平尾 昌晃、編曲:小谷  充)(テイチクレコード
撮影技術 柾木 兵一、(照明:藤井 光春)(録音:田中 峯生)(編集:鳥居  勉)(計測:佐賀  彰)(現像:東洋現像所
美術 寺島 孝男、(衣裳:上野徳三郎)(美粧:林  三郎)(結髪:河野 節子)(装置:曽根美装)(装飾:窪田  治

Tag Cloud

高橋英樹 野川由美子 池玲子 女郎宿 せっかん 桃太郎 山手樹一郎 伊之助 植木 飛鳥ひろし 植木等 捨十 下之坊正道 助け 十文字屋 高橋英樹主演 松田明 楼主 年貢 権八 聞く 千代田進一 きた 仙太 垣内健二 逃げ出す 追い出す 玉川スミ 山本弘 梅谷茂

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供