• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ終りの一日(終わりの一日…誤り)

校長(神山繁)から散々、退職を勧められて止むを得ず退職を決断したベテラン女性教師・朝倉秀子(北林谷栄)。彼女は厳しい教師であったため、慕う生徒もおらずさびしい退職日であった。わずかに彼女を慕って訪れたのが、かつての教え子、水沢宮子(坂口良子)と勝本祐司(小倉一郎)だった。彼女は祐司にこれまでの我慢を重ねてきた自分の人生を話す。「ひなびた港町を舞台に30年の教員生活を終えて学校を去る、ひとりの戦争未亡人としての生き方を切々とうたいあげるドラマ。かつてはニシン漁で栄えた町に住む教員・朝倉秀子(北林谷栄)は、この港町の中学校を去ろうとしていた。学校で古参の秀子は、新進気鋭の校長・猪又(神山繁)と何かにつけてうまく折り合わず、結局秀子は30年の教員生活に終止符を打つことにしたのだった。退職の日、生徒たちからの現代っ子的ドライな別れの言葉は、彼女にとっては嬉しかった。だが、その夜に教員たちと集まった送別会で、秀子は言い知れぬ淋しさを味わった。それは結婚まもなく戦争で夫を失い、この港町で戦後の歴史と共に戦争未亡人として1人ひっそりと今日まで生きて来た女の感慨だった。送別会が終わり家に帰った秀子を、教え子・勝本祐司(小倉一郎)が待っていた…。【この項、TBSチャンネル広報資料より引用】」協力:増毛町、増毛小学校、増毛中学校。
キー局 HBC 放送曜日 放送期間 1975/09/07~1975/09/07
放送時間 21:00-21:55 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第978回)
主な出演 北林 谷栄小倉 一郎神山  繁坂口 良子及川 広夫及川ヒロオ)、村井  洋扇谷 治男丸谷小一郎木村  功杉浦千佳子女鹿 伸樹大橋 英子太田 明彦上田 智史小林かおり
主な脚本 山田 太一
主なプロデューサ 守分 寿男
主な演出 甫喜本 宏、(スイッチャー:川島 国男(技術も))(演出補:小西 康雄
局系列 JNN
制作会社 (制作著作:HBC)
制作 (制作補:三村 道子)
音楽 佐藤  勝、(音響:島  秀夫
撮影技術 (技術:川島 国男スイッチャーも))(映像調整:岡本 直義)(カメラ:高橋  大)(照明:長野 州夫)(調光:福士 孝二)(VTR:岡田 幸雄)(音声:稲辺 由男)(技術マネージ:福原 英範)(三新工業、コールツプロダクション)
美術 赤羽 真純、(美術進行:大石 真義)(小道具:阿部 正美)(衣裳:田中 暁男)(化粧:湯原 涌子)(大道具制作:北海道美術センター

Tag Cloud

北林谷栄 秀子 小倉一郎 港町 退職 教員生活 送別会 神山繁 戦争未亡人 慕う 山田太一 去る 坂口良子 校長・猪又 増毛小学校 教え子・勝本祐司 勝本祐司 ベテラン女性教師... 散々 学校 感慨 及川広夫 止む 甫喜本宏 校長 守分寿男 佐藤勝 中学校 打つ HBC

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供