• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ祝い歌が流れる夜に

戦争で肉親を失い、不幸のどん底にたたき落とされた女が苦難に耐えながら生きていく。「人間は自分の意思とはまったく違ったところで生き続け、本人は気づかずに他人を不幸のどん底に突き落としていることがある、という悲劇をサスペンスタッチで描いた菊村到の書きおろしドラマ。海に近いある町の実力者・金沢公一郎(加東大介)の家で、娘みどり(川口晶)のための盛大な婚約披露宴が繰り広げられていた。その祝いの席に突然しまと名乗る女性(八千草薫)が訪れた。かつてお手伝いさんをしていたこの中年女性の出現は、祝いで浮かれていた家族一人々々の間に、それぞれ暗い過去をよみがえらせ、祝い歌が流れる夜は一転して意外な結末へと向かっていく。【この項、毎日新聞1972/08/19付より引用】」
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 1972/08/19~1972/08/19
放送時間 22:30-23:40 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 加東 大介八千草 薫安田 道代大楠 道代)、木暮実千代山田 吾一川口  晶国重  晶)、亀谷 雅彦佐藤  博嵯峨 善兵南条みつ江小笠原まりこ小笠原まり子)、家元 備子速水 玲子堀辺 隆一
主な脚本 菊村  到
主な演出 大原  誠
局系列 NHK
制作会社 NHK

Tag Cloud

加東大介 八千草薫 祝い 菊村到 安田道代 どん底 婚約披露宴 実力者・金沢公一... 書きおろしドラマ 祝い歌 川口晶 娘みどり 到る 浮かれる 意思 しま 生きる 肉親 お手伝いさん 一転 突き落とす 大原誠 よみがえる 近い 暗い 木暮実千代 出現 結末 流れる 戦争

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供