• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データアーラわが君(アーラ、わが君、アーラ我が君)

第7回放送批評家賞(ギャラクシー賞)受賞(出演:三田佳子)対象作品。古典落語「たらちね」をベースにした物語。三田佳子が初めてコミカルな役柄に挑戦して評判となる。「フジテレビで古典落語『長屋の姫百合』をドラマ化することになり、プロデューサーがやって来て、「この落語の時代を、現代におきかえて物語を展開したい。つまり、名家のお嬢さんが長屋に嫁いで来たら、いったいどうなるかといった話でね」「おもしろいじゃない。よし、やりましょう」それですぐ話がまとまり、相手役はぼくと夫婦役の多い中村玉緒さんと決まった。ところがしばらくして、突然にプロデューサーから電話があり、「相手役は中村玉緒さんじゃなくて、三田佳子さんに変更します」その頃、三田佳子さんは、東映の「お嬢さん女優」としてデビューし、一時的にパーッと花が開いたけれど、女優としてはまだ未知数だったものだ。そんなわけで、そのキャスティングが腑に落ちなかったので、「なんで、そんな女優とオレが芝居しなきゃいけないんだ」と、かなり怒りをあらわにした。「まあ、とにかく一度でいいですから、会ってもらいたいんですが…」プロデューサーの説得で、初めて三田佳子に会ったんだ。そしたら、まさに今度の役にピッタリの感じなので驚いてしまった。【この項、長門裕之・著「洋子へ」(1985年、データハウス刊)より引用】」一部資料では放送回数全17回と記載されているが誤りと思われる。また、寺島アキ子著「わたしの東京地図」(2006年、水曜社刊)掲載の作品集では1968年9月~1970年2月放送と記載されているが誤りと思われる。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1969/04/02~1970/03/25
放送時間 21:30-22:00 放送回数 連続/単発 連続
主な出演 長門 裕之三田 佳子東山千栄子真家 宏満真家ひろみ立花正太郎)、八木 孝子
主な脚本 松木ひろし(1)(2)(4)-(6)(8)(14)(16)(22)(30)、馬場  当(11)、土橋 成男(18)(19)、寺島アキ子(24)(40)(47)
主なプロデューサ 嶋田 親一島田 親一
主な演出 (監督:藤井 謙一
局系列 FNN
音楽 渡辺 岳夫
主題歌 (テーマ曲:三田 佳子(作曲:渡辺 岳夫、編曲:毛利  猛))

Tag Cloud

三田佳子 長門裕之 プロデューサー 相手役 古典落語 東山千栄子 馬場当 長屋 松木ひろし 女優 姫百合 中村玉緒 未知数 寺島アキ子 会う 誤り 真家宏満 嬢さん 名家 嶋田親一 思う 物語 放送批評家賞 八木孝子 おもしろい 記載 デビュー 芝居 土橋成男 受賞

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供