• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ日本任侠伝(日本侠客伝…誤り、日本仁侠伝)(第1話)国定忠治

赤城山の麓に縄張りを持つヤクザの親分の波乱に満ちた生涯を描く。1969/04/02~1969/06/25に放送された『日本任侠伝』全3話の連作のうちの第1話。時代考証家の林美一氏は放送当時に、1969年4月期のテレビ時代劇を比較して、東映制作の5作品(『花のお江戸のすごい奴』『あゝ忠臣蔵』『妖術武芸帳』『俺は用心棒』『日本侠客伝』)の中では本作が最も光っていると評している。「東映五作品中では『日本侠客伝』だけが光っている。第一話は「国定忠治」だが、同じ東映でもこの番組を作った東映テレビプロというのが、最も予算が少なく設備も悪いのだそうである。スタッフも時代劇を知らぬ人が多く主演の三国連太郎氏は、脚本からセット、演出までダメを出して孤軍奮闘したらしいが、結果は予算の豊富な京都撮影所製の前記四作より、金のかからぬようにという社の方針でクレーンの使用さえ厳禁されているテレビプロのほうがいきいきと血のかよった作品が出来たのだから面白い。【この項、文:林美一(「放送朝日」(雑誌、朝日放送刊)1969年6月号掲載「時代風俗・考証手帖」)より引用】」「生きているヒーローたち 東映TVの30年」(1989年、講談社刊)では、タイトルを「日本仁侠伝」と記載している。当時まだ学生だった脚本家・荒木芳久氏が「手伝い」という形ではじめて参加したテレビドラマだとネットで語っている。(http://meijido.co.jp/column/araki/03.html、http://meijido.co.jp/column/araki/06.html)
キー局 NET 放送曜日 放送期間 1969/04/02~1969/04/30
放送時間 21:00-21:56 放送回数 5 回 連続/単発 連続
主な出演 三国連太郎三國連太郎)、桑山 正一永山 一夫三上真一郎山本  学山本  學)、渡辺 康子稲野 和子楠  侑子二本柳 寛近藤  宏金井  大加茂 喜久加茂 嘉久かもよしひさ)、冬城 五郎富山真沙子幸田 宗丸北原 義郎佐藤 京一野々村 潔河野 秋武加藤 恒喜岡部 正純岡部 征純)、北  竜二徳大寺君枝細川 俊之沢村宗之助、(ナレーター・梶  哲也
主な脚本 直井 欽哉直居 欽哉直居 欣哉)、(脚本協力:荒木 芳久(クレジット表示なし))
主な演出 (監督・石川 義寛
局系列 ANN
制作会社 東映テレビプロダクション、NET
HP

Tag Cloud

三国連太郎 直井欽哉 meijido column araki 日本侠客伝 html 桑山正一 jp http 予算 永山一夫 光る 東映 日本任侠伝 テレビプロ 作品 赤城山 時代考証家 比較 ヒーローたち 連作 用心棒 手伝い 学生 セット 親分 三上真一郎 スタッフ 少ない

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供