• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ人は見た目が100パーセント

女子力ゼロの女子モドキが、女に生まれて良かったー!と、思えるまでの物語。城之内純(桐谷美玲)は、八王子製紙で製紙素材の分析をする研究員。“理系女子=リケジョ"だった純は、子どもの頃からファッションやメイクに興味がなく、いつしか周りの女子から置いていかれてしまった、自分に自信がない地味な女性だ。 ある日、純や研究員仲間の前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)らが所属する第3研究室が、大手化粧品会社・クレエラジャパンに吸収されることが発表される。クレエラ社は丸の内におしゃれなオフィスを構え、1階には榊圭一(成田凌)らイケメン美容師が揃った人気美容室もあるような、これまでの純の人生とは無縁のおしゃれな世界にある会社だった。 顔見せを兼ねたクレエラ社の新年会に出席した純たちは、その華やかさに圧倒される。おまけに純は、くじ引きでクレエラ社の人気化粧品が当たったものの、使い方すらわからずにステージ上で大恥をかいてしまう。クレエラ社統括マネージャーの松浦栄子(室井滋)とともに冷ややかな目でその姿を見ていた丸の内研究センター長の國木田修(鈴木浩介)は、そんな純に「これからは身なりにも気を遣った方がいい」と言い放つ。困り果てた純、満子、聖良は、ビューティーについて学んでスキルアップを図ろうと決意し、さっそく流行のメイクについて研究を始める。苦労の末“うさぎ顔メイク"を完成させた純たちは、同僚研究員の丸尾拓馬(町田啓太)、三沢基樹(堤下敦)の前に立つが…。【以上、フジテレビ広報資料より引用】各回のサブタイトルは以下の通り。第3回「二人きりの夜!!」、第4回「止まらない命懸けの想い」、第5回「ポジティブ女子に福来たる」、第6回「逆境から這い上がれ!!」、第7回「二人きりの夜に急接近!!」、第8回「遂に真実のキス!」、第9回「幸せを掴んだ女子モドキ!」、最終回(第10回)「最後の選択と決断」。第1回は拡大版(木曜22:00~23:09)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 2017/04/13~2017/06/15
放送時間 22:00-22:54 放送回数 10 回 連続/単発 連続
番組名 木曜劇場
主な出演 桐谷 美玲水川あさみ室井  滋鈴木 浩介ブルゾンちえみ成田  凌町田 啓太足立 梨花岡崎 紗絵中尾 暢樹堤下  敦インパルス)、元木 聖也坪井ミサト松川  星(3)、下垣 真香(5)、逢見 亮太ぷりずん。)(5)、兼近 大樹ぷりずん。)(5)、筒井 萌子(5)、眞嶋 秀斗真嶋 秀斗)(5)、末岡いずみ(6)、磯原 杏華(7)、高坂 ちか(8)、山村憲之介嶋尾 明奈勝又 絢子夏美 沙和なつみ)、中村 尚輝
主な脚本 相沢 友子
主なプロデューサ (チーフプロデュース:中野 利幸)(プロデュース:草ヶ谷大輔
主な演出 松山 博昭品田 俊介永山 耕三
原作 大久保ヒロミ「人は見た目が100パーセント」(講談社「BE・LOVE」)
局系列 FNN
制作会社 (制作:CX)
HP

Tag Cloud

桐谷美玲 クレエラ社 水川あさみ 純たち 女子モドキ メイク 相沢友子 町田啓太 室井滋 國木田修 同僚研究員 顔見せ くじ引き 城之内純 佐藤聖良 榊圭一 リケジョ ブルゾンちえみ 理系女子 女子力 使い方 這う 品田俊介 オフィス 逆境 遣る 松山博昭 かく おまけ 女子

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供