• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ浅見光彦シリーズ32 天河伝説殺人事件(新聞ラテ欄表記…浅見光彦シリーズ32「天河伝説殺人事件~奈良路に新光彦登場!能舞台の奇妙な殺人は宗家後継を巡る連続殺人の序章…伝説の鈴に秘めた愛…封印した涙と過去」)

浅見光彦役に今回より速水もこみちが扮する。「東京都新宿区の路上で、一人の男が突然命を落とした。その男の傍らには、奈良・吉野の天河神社の五十鈴が転がり落ちていた。ある朝、浅見家に懐かしい客が訪れる。光彦(速水もこみち)が幼い頃に可愛がってもらっていた高崎義則(篠田三郎)だ。高崎は能の流派・水上流の長老で、光彦の亡き父は生前、高崎から「お謡い」を習っていた。高崎は、光彦に見合いの話を持ってきたのだ。相手は、水上秀美(黒川智花)。能楽師として天賦の才を持つ、水上流宗家の令嬢だ。高崎から近く行われる水上家の追善能へと招待されるが、光彦は取材を理由に断るのだった。その取材は、能の史蹟を巡るもの。奈良県の吉野を訪れた光彦は、小学校教諭の長原敏子(田中美佐子)と知り合う。そんな中、母・雪江(佐久間良子)からの電話を受けた光彦は、京都へ向かうことに。雪江は、光彦と追善能を見るために呼び出したのだった。ところが2人が見たのは、追善能で「道成寺」を舞っていた秀美の兄・和鷹(窪塚俊介)が舞台上演中に急死する姿だった。次期宗家となるお披露目舞台での悲劇に会場は騒然となるが、光彦は「あまりに劇的すぎないか?」と疑問を持つ。数日後、再び吉野を訪れた光彦は偶然、秀美と出会い…。日本を代表する能の流派、水上流を襲った突然の悲劇。それが吉野の地で、遥か遠く、室町時代の悲劇の伝説を呼び起こすことになるとは、光彦はまだ、知る由もなかった…。【この項、TBS広報資料より引用】」撮影協力:奈良県天川村、天川大弁財天社、洞川観光協会、光緑園西清旅館、吉野町、吉野山観光協会、国営飛鳥歴史公園、吉水神社、金峯山寺、吉野神宮、金峯神社、湯元 宝の家、吉野山 静亭、佐川印刷、山野美容芸術短期大学、前橋フィルムコミッション、近畿日本鉄道、近鉄ロケーションサービス。協力:東通、アックス、3one、ビーグル。【役名(演技者)】浅見光彦(速水もこみち)、長原敏子(田中美佐子)、浅見雪江(佐久間良子)、高崎義則(篠田三郎)、水上秀美(黒川智花)、瀬田謙三(岡本信人)、水上菜津美(伊藤かずえ)、浅見陽一郎(風間杜夫)、新井佑介(ラサール石井)、水上和憲(江原真二郎)、水上和鷹(窪塚俊介)。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2013/02/25~2013/02/25
放送時間 21:00-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 月曜ゴールデン
主な出演 速水もこみち田中美佐子佐久間良子篠田 三郎黒川 智花岡本 信人伊藤かずえ風間 杜夫ラサール石井江原真二郎窪塚 俊介木下ほうか鳥居かほり田村  愛瑞木健太郎上杉 陽一林  史乃骨川 道夫吉澤 天純日中 奈那平岡 明純、浅見光彦倶楽部の皆さん、奈良・天川小学校の皆さん、(能楽協力:梅若会
主な脚本 林  誠人
主なプロデューサ 矢口 久雄篠原  茂、(スチール:山縣 壽樹
主な演出 村上 牧人、(演出補:南崎 修一)(記録:村上 律子
原作 内田 康夫「天河伝説殺人事件」(角川文庫刊)
局系列 JNN
制作会社 (製作:テレパック、TBS)
制作 (制作担当:久家  豊)
企画 (編成:永山由紀子)(番組宣伝:安倍 由美
音楽 (選曲:戸高 良行)(効果:安藤 友章)(MA:田村 陽介
撮影技術 関   巧、(照明:久保田芳實)(音声:下村 晴之)(VE:安部 講志)(オフライン編集:涌井 真史)(ライン編集:町田  光
HP
美術 (美術制作:小林 民雄)(美術プロデューサー:竹島 哲昌)(装飾:佐々木 等)(持道具:武藤 浩一)(衣裳:笠置 美紀)(化粧:遠藤美香子

Tag Cloud

光彦 速水もこみち 高崎 田中美佐子 追善能 吉野 佐久間良子 天川 長原敏子 高崎義則 水上秀美 黒川智花 悲劇 秀美 窪塚俊介 篠田三郎 奈良 訪れる 林誠人 次期宗家 静亭 水上家 天河神社 取材 能楽師 村上牧人 浅見光彦 篠原茂 懐かしい 見る

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供