• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ母の曲

波多野(松村達雄)が復員して、故郷・福岡に戻ったとき、そこは家も家族もなにもない焦土と化し、そのガレキの中にひとりの女がうずくまっていた。お稲というその女(沢村貞子)には乳飲み子の桂子がいた。やがてふたりは結婚し、桂子(稲垣美穂子)も成長していったが、波多野は教養のないお稲をあきたらなく思い始めた。わが子のしあわせを願うゆえに身をひかなければならなかった母のかなしい愛の姿を描く。【以上、読売新聞1961/12/26付より引用】【役名(演技者)】お稲(沢村貞子)、波多野(松村達雄)、桂子(稲垣美穂子)、井出弁護士(堀雄二)、藤波(東恵美子)、竜作(生方功)、主婦(中曾根公子)、女客(林佐知子)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1961/12/26~1961/12/26
放送時間 20:00-21:00 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 シャープ火曜劇場(第18回)
主な出演 沢村 貞子松村 達雄稲垣美穂子堀  雄二東 恵美子生方  功林 佐知子中曾根公子中曽根公子
主な脚本 (脚色:西島  大
主な演出 福中 八郎
原作 吉屋 信子
局系列 FNN
音楽 宇野誠一郎

Tag Cloud

沢村貞子 吉屋信子 波多野 松村達雄 桂子 稲垣美穂子 中曾根公子 生方功 東恵美子 故郷・福岡 井出弁護士 ガレキ 竜作 女客 堀雄二 藤波 うずくまる 教養 乳飲み子 かなしい 復員 化す 福中八郎 あきる わが子 宇野誠一郎 願う ひとり ふたり 成長

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供