• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データいのちみじかけれど

自然映画社社長、岡部(佐分利信)が、家財一切をなげうち文化映画の製作にあたっていたある日、美佐子という若い娘(阪口美奈子)が彼のもとで働くようになった。昼間は会社で、夜は岡部の自宅で献身的な働きぶりをみせる美佐子に岡部と妻・くに子(宝生あやこ)は、実の娘のような愛情さえ抱くようになった。やがて岡部の製作した記録映画が外国でグランプリを受賞し、どうやら仕事も軌道にのりはじめたころ、美佐子のからだはすっかり病魔にとりつかれていた。父娘のような美しい心の交流を回想形式で描く。【以上、読売新聞1963/06/10付より引用】【役名(演技者)】岡部(佐分利信)、松村(河津清三郎)、浅田美佐子(阪口美奈子)、くに子(宝生あやこ)、洋一郎(長谷川哲夫)、今田(清村耕次)。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1963/06/10~1963/06/10
放送時間 20:00-21:00 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 シャープ月曜劇場(第9回)
主な出演 佐分利 信河津清三郎阪口美奈子宝生あやこ長谷川哲夫松本 克平清村 耕次
主な脚本 鳴子 京太
主な演出 丹羽 茂久
局系列 FNN
音楽 藤家 虹二

Tag Cloud

岡部 佐分利信 阪口美奈子 河津清三郎 美佐子 鳴子京太 宝生あやこ 製作 浅田美佐子 働きぶり 記録映画 くに子 文化映画 家財 洋一郎 回想形式 藤家虹二 なげうつ 病魔 軌道 グランプリ 丹羽茂久 耕次 からだ みせる 父娘 のる 受賞 長谷川哲夫 愛情

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供