• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

アニメ 詳細データ電脳コイル COIL A CIRCLE OF CHILDREN

メディア芸術祭優秀賞受賞作品。「昨年のテレビアニメの傑作『電脳コイル』はメディア芸術祭優秀賞を受賞した作品だが、電脳空間をあつかったSFであり、小学校の学園ドラマであり、下町情緒のサスペンスであり、最後は生と死の選択を迫られる少女たちの物語として結晶してゆくのだが(未見の人に、小津安二郎が本格SFを撮ったらこうなるかも……と説明したりするぼくは少々乱暴かもね)、エンディングのタイトルバックは、電脳空間が生んだ大型ペットのデンスケが下町の路地を散歩する、ただそれだけの場面だ。カメラは歩きつづけるデンスケを、ひたすら俯瞰でフォローしてゆく。最後にひょいと立ち止まったデンスケは、愛嬌のある顔でカメラ(つまり視聴者)を見上げる。そのアップで終わるのだが、作品内で彼は忠実に現実空間の飼い主を守り、エネルギーを消耗し尽くして真っ黒な影となり、消えてゆく。生と死という主題の一角を占めるキャラなのに、はじめはアニメによくあるお子様向きのサービスキャラと思わせて登場させていた。実は全篇を通してようやく理解できるペーソスが、すでに第一回からエンディングに凝縮されていたと思い知った。【この項、文:辻真先氏(辻真先著「タイトルバックの思い出」(「映画論叢20」(2009/03/24、国書刊行会刊)掲載)より引用)】」
キー局 NHK ETV 放送曜日 放送期間 2007/05/12~2007/12/01
放送時間 18:30-19:00 放送回数 26 回 連続/単発 連続
主な出演 (声・)折笠富美子桑島 法子矢島 晶子朴  瑠美小島 幸子斉藤 梨絵鈴木れい子野田 順子小林由美子梅田貴公美山口 眞弓沼田 祐介麻生 智久
主な脚本 (シリーズ構成・井上 敏樹)(脚本・磯  光雄宮村 優子(7)、荒木 洋一(21)、三上幸四郎(22)(23)、松澤 洋介(24)(25))
主なプロデューサ 三ツ木早苗渡辺  繁松本 寿子
主な演出 (監督・磯  光雄
原作 磯  光雄
局系列 NHK
制作会社 (制作・マッドハウス)(製作・電脳コイル製作委員会(徳間書店、バンダイビジュアル、NHKエンタープライズ))
音楽 斉藤 恒芳、(音響監督・百瀬 慶一)(選曲:宇井 孝司坂口 由洋
主題歌 (オープニングテーマ・池田 綾子「プリズム」(作詞・作曲・池田 綾子、編曲・TATOO))(エンディングテーマ・池田 綾子「空の欠片かけら)」(作詞・作曲・池田 綾子、編曲・TATOO))
撮影技術 (撮影監督・大庭 直之)(編集・定松  剛
美術 (キャラクターデザイン・本田  雄)(作画チーフ・井上 俊之本田  雄)(美術監督・合六  弘小倉工房))(色彩設計・中内 照美)(CGワークス・荒木 宏文)(CGプロデューサー・今村 幸也)(CGディレクター・日下 大輔)(原画:平川 哲生

Tag Cloud

磯光雄 デンスケ 折笠富美子 桑島法子 電脳空間 矢島晶子 エンディング カメラ 消耗 三ツ木早苗 本格SF サービスキャラ 朴瑠美 最後 フォロー 見上げる 渡辺繁 下町情緒 斉藤恒芳 小島幸子 立ち止まる 凝縮 傑作 一角 キャラ 少女たち ペーソス タイトルバック 作品 説明

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供