• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ裸の大将(34) 天からマリアが降ってきた

長崎に来た山下清(芦屋雁之助)が、実の母を捜す娘に出会い、一緒に母を見つけだすまでを描く。「長崎にやって来た放浪の天才画家・山下清(芦屋雁之助)は、スケッチの途中で頭上から降って来たマリア像のレリーフのあるペンダントと財布を拾ったことから、通りがかった巡査(安部潮)に派出所に連行される。ペンダントと財布の持ち主である島村純子という女性(工藤夕貴)と出会った清は、純子が東京から礼子という実の母を探しにやって来たこと、ギターの勉強のためにスペインへ行こうとしていることなどを知る。純子と別れた清は孔子廟で寝泊まりしている赤崎(由利徹)と顔を合わせる。讃岐の金比羅さま以来だと再会を喜ぶ赤崎は、清が新聞で見た山下清画伯と瓜二つなので、清を山下清画伯として売り込み、ホテル「矢太樓」で歓迎会を行なわせたり、サイン会を開いたりして金儲けを行なう。仲居の八重(奈良岡朋子)は清をニセ者だと考えるが、急に腹痛を起こした清を手厚く看病する。八重が純子と同じペンダントをしていることに気付いた清は、平和公園でギターを弾いている純子を探し出し、八重の元に連れて来る。しかし、八重は自分が純子の母であることを否定する。それでも清は八重がこっそりと純子の祖父・勇造(浜村純)と会っているところを目撃、八重が純子の母であることを確信する。その後、自殺しそうになって保護された八重は、自分が純子の母・礼子であることを告白、純子を島村家に預けた経緯を話し始める。看護婦だった礼子は、末期ガンの患者の懇願を受けて、薬物を注射してその患者の命を断ったため、入獄することになったらしい。そのため、純子の将来を考えて島村家に預け、その患者の息子を養子として育てているのだという。自分の境遇の真相を知った純子は、迎えに来た育ての親である和江(浅利香津代)と一緒に東京に帰って行く。清は礼子にマリア像の絵を託して、再び放浪の旅に出るのだった。【この項、文:市村】」一部資料では1989/07/16の同じ枠での放送と記載されているが誤り。ロケーション協力:長崎市、長崎 矢太樓、ヤタロウ イン、全日本空輸。【演技者…役名】「芦屋雁之助…山下清(放浪の天才画家)、工藤夕貴…島村純子(ギター奏者志望の女性)、奈良岡朋子…礼子(ホテル「矢太樓」の仲居。八重と名乗っている。実は島村純子の実の母)、浜村純…勇造(島村純子の祖父。長崎在住。天草へのフェリーの船長だった)、浅利香津代…島村和江(島村純子の育ての母。東京在住)、石田英二…勇造の知人である派出所の巡査、船坂博子…巡査の妻、安部潮…長崎県警察船元町派出所の巡査(グラバー邸のそばでペンダントと財布を拾った清を連行する男性)、金杉太郎…礼子が養子にした少年、由利徹…赤崎(山下清を利用して金儲けをしようとする男)。【この項、文:市村】」【データ協力:市村】
キー局 KTV 放送曜日 放送期間 1989/07/09~1989/07/09
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 花王名人劇場
主な出演 芦屋雁之助工藤 夕貴浜村  純奈良岡朋子由利  徹浅利香津代石田 英二船坂 博子安部  潮金杉 太郎金杉 太朗)、増山  勲平山 禎己岩永  明劇団ピピン矢太樓のみなさん、(方言指導:赤崎ひかる)(ギター指導:山口  修
主な脚本 高岡 尚平米田いずみ
主なプロデューサ 澤田 隆治鶴間 和夫長嶋 一郎(KTV)
主な演出 (監督:小野田嘉幹)(助監督:北浜 雅弘)(記録:小林 昌枝
原作 山下  清「裸の大将放浪記」(ノーベル書房刊)
局系列 FNN
制作会社 (制作:東阪企画、KTV)
制作 (制作進行:大友 太郎)
音楽 小林 亜星、(整音:丸山 光義)(効果:伊藤 克己
主題歌 ダ・カーポ「野に咲く花のように」(作詞:杉山 政美、作曲:小林 亜星
撮影技術 竹内 義仁、(調整:矢沢 由邦)(録画:土江 準祐)(照明:肥沼 敏明)(音声:中前 哲夫)(編集:中島 美郎)(技術協力:パールスタジオ、ウエルアップ
美術 橋本  潔、(美術制作:西村 伸明)(装飾:山本 信毅)(衣裳:藤森 宏子)(化粧:STUDIO717

Tag Cloud

純子 島村純子 八重 芦屋雁之助 礼子 ペンダント 赤崎 矢太樓 長崎 巡査 派出所 浜村純 工藤夕貴 財布 山下清 勇造 マリア像 放浪 由利徹 安部潮 患者 奈良岡朋子 浅利香津代 米田いずみ ギター 連行 仲居 高岡尚平 預ける

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供