• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ裸の大将(25) 清・北の国のキューピッド(裸の大将 清の恋のキューピッド…誤り)

放浪画家・清は北海道積丹半島で心やさしい女性・みのり(紺野美沙子)と知り合う。以降はおなじみの展開でみのりの恋の成就の助けをして、ラストはほのぼのとした結末。「北海道・積丹半島を訪れた放浪の天才画家・山下清(芦屋雁之助)は、墓におはぎを供えている鏑木みのり(紺野美沙子)と知り合う。みのりは清の話すことは判るが、口が不自由な娘だった。その後、清は土手の上から転げ落ちて来た袋を拾い、それを駐在所に届けるために小沢和之(赤塚真人)の運転するトラックに乗せてもらう。ところが肝心の袋をトラックの座席に忘れてしまう清。駐在所で教えられた民宿「美国荘」にやって来た清だが、民宿というものが判っていなかったので、主人の治一(井川比佐志)に無銭飲食だとして叩き出されそうになる。しかし民宿「美国荘」はみのりの実家で、清はそこで働きながら逗留させてもらうことに。和之が清の忘れ物だとして持ち込んだ袋の中を覗いた治一は、480万円という千円札の束に驚く。それは新聞で見た、小樽銀行を襲った強盗が奪ったという金だったのだ。二人組の強盗(ビートきよし、アゴ勇)も袋を持ち去った清を探していた。港へ魚を買い付けに行ったみのりと清が強盗に襲われるが、そこへ警察が来て、間違って清を強盗だとして連行する。しかし和之の証言などから清の容疑は晴れ、また清の描いた似顔絵によって強盗は逮捕される。…みのりの口が不自由なのは、昔、治一のタバコの不始末から起きた火事で病床の母親(五十嵐五十鈴)が焼け死んだショックかららしく、また異常に火を嫌うのもそのせいだった。夜、治一が台所を離れた隙に、みのりの目の前で天ぷら鍋の油に火が移ってしまう。清や治一が駆け付け、みのりを励まし、彼女自身の手で消火させる。その時、みのりの声も出るようになる。強盗容疑の時に清を取材したラジオ局の局員たち(小野田真之ほか)が、清が山下清画伯であることに気付き、町長(安部徹)に進言する。町長や助役(早崎文司)、駐在(砂塚秀夫)や取材陣たちは民宿「美国荘」へ押し寄せるが、その頃、清はみのりと一緒にみのりの亡き母の墓に出向いていた。そこへ騒ぎを知らせに来た和之は、みのりの声が出ていることに驚き、そして喜ぶ。そんな二人を残して、清はまた放浪の旅に出かけるのだった。【この項、文:市村】」ロケーション協力・北海道・積丹町、積丹観光協会、お宿かさい。【データ協力:市村】
キー局 KTV 放送曜日 放送期間 1988/02/14~1988/02/14
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 花王名人劇場
主な出演 芦屋雁之助紺野美沙子井川比佐志赤塚 真人あき 竹城砂塚 秀夫早崎 文司ビートきよしアゴ  勇石見 栄英安部  徹北川陽一郎安部  潮滝沢 幸代小野田真之三ツ矢真之辻  政宏)、塩沢 美樹永森ひろみ稲葉  誠佐藤さつき五十嵐五十鈴高野 恵子青井 恵子佐久間重美長谷川秀人玉置 千義金沢 寿一早川プロ積丹島のみなさん、(手話指導:全日本ろうあ連盟
主な脚本 松木ひろし
主なプロデューサ 澤田 隆治鶴間 和夫越智 武彦(KTV)
主な演出 (監督:杉村 六郎)(助監督:是沢 邦男)(記録:石塚 早苗
原作 山下  清「裸の大将放浪記」(ノーベル書房刊)
局系列 FNN
制作会社 (制作:東阪企画、KTV)
制作 (制作補:角田  隆)
音楽 小林 亜星、(整音:丸山 光義)(効果:伊藤 克己
主題歌 ダ・カーポ「野に咲く花のように」(作詞:杉山 政美、作曲:小林 亜星
撮影技術 (技術:島崎 孝雄)(カメラ:竹内 義仁)(照明:松川 直弘)(調整:矢沢 由邦)(録画:鈴木 昭次)(音声:大森 良憲)(編集:原  敬治)(技術協力:パールスタジオ、ウエルアップ
美術 橋本  潔、(美術制作:佐藤  浩)(美術進行:川村 裕一)(装飾:山崎 福松)(装置:東京スタッフ)(化粧:西村 慶子)(衣裳:及川 有角

Tag Cloud

みのり 強盗 美国荘 紺野美沙子 民宿 和之 芦屋雁之助 町長 駐在所 判る トラック 放浪 松木ひろし 北海道積丹半島 井川比佐志 驚く 小沢和之 知り合う 襲う 来る タバコ 持ち去る 成就 出る 覗く 鶴間和夫 火事 自身 澤田隆治

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供