• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ突然の明日(「明日」にルビ「あした」が付く)

相馬圭太郎(三浦友和)は東大法学部を出て阿南銀行に入り、現在、吉祥寺支店に勤務しているが、その才能を買われ、間もなく本店の秘書課に栄転することになっていた。「ドラマは三浦友和が勤めるこの大手銀行の支店に銀行強盗が押し入り、警察官を殺傷し立てこもるところからはじまる。ちなみに銀行強盗を演じたのは2年後「蒲田行進曲」でブレイクする風間杜夫。篭城の末、風間はあっさり射殺されるが、射殺したのは三浦だった。自ら所持した拳銃で逆に射殺されたのだ。正当防衛が認められたがエリート銀行員が銀行強盗を射殺!?というスキャンダルに巻き込まれてしまうのだった。銀行強盗が射殺されるまでが第1回。明らかに大阪で現実に起きた銀行強盗事件をモデルにしたこの第1回は現実を意識しすぎで実はあまり面白くないし、辛気臭い。ところが辛気臭いのはここまで。第2回からこのドラマの大転回がはじまる。殺人を犯してしまったエリート銀行マン・三浦のまわりににわかにきな臭い空気がたちはじめる。まず、三浦友和の前に古手川祐子が現れる。彼女は銀行強盗犯・風間の妹だ。彼女は兄の犯罪のため仕事を追われ風俗業に身をやつそうとする。兄を殺した三浦はそんな古手川を自責の念から援助しようとするが、親愛なる兄を殺した三浦を古手川祐子は憎悪している。しかし経済難から止むを得ず三浦の援助に頼りやがて三浦のその誠実な人柄に心惹かれていくのである。兄の仇を憎んでいるうちにいつのまにか心から愛しているという非常に難しい役柄を古手川はひたむきに演じている。この当時の古手川祐子は『西部警察』にも渡哲也の妹役でレギュラー出演するなど多忙でニキビが顔に出てそれが悩みの種だったというがそういうところも当時の彼女には魅力の一つだった。後の大人の女性の魅力を持つようになった古手川とは違う若々しさと清らかさ漂う魅力があった。三浦と古手川との愛の形が丁寧に描かれていくが、ストーリーは予想外の方向でどんどん突き進む。ブラックジャーナリストを自称する矢崎滋などどす黒い闇の勢力が三浦友和にまとわりつき、ドラマは二転三転し、予想外の展開を見せていく。二転三転のドラマ展開といえば90年代に入って『もう誰も愛さない』のような「ジェットコースタードラマ」なるものをほうふつさせるが、荒唐無稽な展開に陥らず視聴者をリアルな話として引き込んでいくという点でこの『突然の明日』にはかなわない。それどころかひょっとしたら後年のジェットコースタードラマはこのドラマの再放送を観た脚本家が発想したものではないかとも思えてくるほどだ。また劇中出てくる「闇の勢力」も最近のドラマにありがちなハリボテのような描写ではない。心底凄みがある怖い底なしの勢力が日本に存在しているような印象を与えるのである。ドラマでは主人公に襲いかかる運命の流転の中で、次第にひかれていく三浦友和と古手川祐子の姿が描かれていく。音楽は安藤正容が全編を担当しており、安藤ひきいるフュージョングループ、ザ・スクエアの「Tomorrow's Affair」がメインテーマだが、このドラマのために書き下ろされたものだという。ザ・スクエア自身、この曲がお気に入りだったのか、のちに彼らはT-SQUEREと名前を改めて後にドラマ『じゃじゃ馬ならし』(1993)の音楽を担当したが、このドラマのメインテーマに再びこの曲をアレンジして使用した。【この項、文・古崎康成】」矢崎滋は戯曲「小林一茶」直後で短い髪ですごみがあった。三浦友和は山口百恵との婚約で取材陣が収録に押し掛けて大変だった。各回のサブタイトルは以下のとおり。第一回「婚約の二人の前に」、第二回「極限抱擁」、第三回「血族の証拠を」、第四回「私を買って下さい」、第五回「父は必要ではない」。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1980/01/18~1980/04/11
放送時間 22:00-22:55 放送回数 13 回 連続/単発 連続
番組名 金曜ドラマ
主な出演 三浦 友和(1)-(5)、池上季実子(1)-(3)(5)、二谷 英明(1)-(5)、加藤 治子(1)-(5)、古手川祐子(1)-(5)、神山  繁(1)-(3)、南原 宏治(1)(2)、賀原 夏子(2)(4)(5)、斎藤とも子斉藤とも子)(3)、宇津宮雅代(3)(4)、中村 伸郎(5)、南風 洋子(2)(3)、北村 昌子(1)-(3)、矢崎  滋(1)-(5)、風間 杜夫(1)(2)、有川  博(1)-(3)(5)、三浦 真弓(2)-(4)、矢野  宣(4)(5)、矢吹 寿子(4)、八木 昌子(5)、伊藤  高(2)-(4)、深見  博(1)-(4)、有吉真知子(1)(2)(4)、江幡 高志(1)(2)、和田  周(1)(2)、井上三千男(1)(2)、皆川 妙子(1)(5)、伊藤 正博(2)、須永  慶(1)(2)、石見 栄英(2)、山崎由美子(3)、青柳 智子(3)、野沢由香利(3)、田山 諒成田山 涼成)(3)(4)、ホワード・ボス(3)、デービッド・コブリ(3)、山中 泰介(4)、三川 雄三(4)(5)、牧村泉三郎(4)、山中 竜二(4)、小池  栄(5)、長沢  大(5)、佐々木 敏(5)、亀山 美樹(5)、有馬 昌彦(1)、大塚 国夫(1)、柄沢 英二(1)、内田 忠男(1)、芝村 洋子(1)、桜井恵美子(1)、辻  萬長(1)、倉地 雄平(1)、佐々木一哲(1)、大江  徹(1)、下坂 泰雄(1)、清郷 秀人(1)、久遠 利三(2)、相原 巨典(2)、入江 正徳(2)、山本  武(2)、野村 信次(2)、市川  勉(2)、荒瀬 寛樹(2)、佐藤知多子(2)、志垣 太郎横内  正エンゼル・プロ(1)(3)(4)((1)は、エンゼルプロ、と表記)、(協力:テアトル・ドウ・ポッシュ(1)-(5))(銃火器指導:トビー門口(1))(擬闘:国井 正広國井 正廣)(1))
主な脚本 山田 信夫(1)-(5)、渋谷 正行黒土 三男
主なプロデューサ 鈴木 淳生
主な演出 井下 靖央(1)(2)(5)、福田 新一(3)(4)
原作 阿木慎太郎「されど愛の日々に」(サンケイ出版)より)
局系列 JNN
制作会社 (製作著作:TBS)
制作 大山 勝美
音楽 安藤 正容安藤まさひろ)、(演奏:ザ・スクエア)(音響:鈴木 敏夫
撮影技術 (技術:安藤 健治)(カメラ:小南  朗)(映像:久徳 正弘)(照明:和田 洋一)(音声:大友 武士
美術 (デザイン:桜井 哲夫)(美術制作:丸谷 時茂(1)(2)(4)、山田  守(3)(5))(化粧:兵庫谷幸子

Tag Cloud

三浦友和 古手川 三浦 射殺 銀行強盗 ドラマ 古手川祐子 勢力 辛気臭い ジェットコースタ... メインテーマ 池上季実子 援助 渋谷正行 予想外 魅力 矢崎滋 山田信夫 婚約 出る 現実 音楽 安藤正容 はじまる 買う 血族 愛す 担当 二谷英明 展開

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供