• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ人魚亭異聞 無法街の素浪人

「荒野の素浪人」「荒野の用心棒」に続く三船プロ制作の痛快ドラマ。明治維新直後の横浜を舞台に洋行帰りの素性不明の侍(三船敏郎)と、新政府の密偵でもある男・千鳥弦之進(若林豪)のふたりが、美人マダムが営むラウンジホテル・人魚亭に用心棒として居着き、そこで様々な事件に巻き込まれる。一部資料では火曜日21:00からの放送と記載されている。本放送時は、全22回だったが、再放送時にもう1本「暗黒街の女」が放送されている。【各回サブタイトル】最終回「さらばミスターの旦那」。【参考文献:川地民夫著「平成忘れがたみ 映画俳優五十年」(2008/10/25初版発行、たる出版株式会社刊)】
キー局 NET 放送曜日 放送期間 1976/04/28~1976/09/22
放送時間 21:00-21:54 放送回数 23 回 連続/単発 連続
主な出演 三船 敏郎若林  豪小川真由美大村  崑瑳川三智夫夏  夕介山内えみこ山内えみ子山内恵美子山内絵美子)、近藤 玲子戸川 京子(2)、大村 千吉(2)(18)、岸田  森(3)、麻田 ルミ(4)、江幡 高志江波多寛児江波多寛志)(7)、堀田 秀康(7)、伊藤つかさ(8)、遠藤 征慈(8)、瑳川 哲朗(9)、三井 弘次(9)、浅野 真弓島田 淳子)(9)、高城 淳一(9)、薗 千雅子(9)、大友柳太朗(12)、水野 久美(13)、浜田 寅彦(13)、長谷川明男(13)、清水 紘治(14)、フレッド・ボサート(16)、蟹江 敬三(16)、大前  均(18)、関根世津子(20)、伊沢 一郎(21)、前田  吟(23)、川地 民夫(23)、伊佐山ひろ子暗黒街の女)、南 麻衣子
主な脚本 池田 一朗(1)(7)(11)(12)(15)、大野 靖子(2)-(4)(6)(9)、大工原正泰(5)(10)(19)(21)「暗黒街の女」、山崎  巖(8)、津田 幸於(13)(14)(22)、下飯坂菊馬(16)、中野 顕彰(16)(20)、高田 宏治(17)、岩元  南(17)、胡桃  哲城 駿一郎)(18)
主なプロデューサ 勝田 康三
主な演出 (監督・村山 三男(1)(4)(7)(8)(11)(15)、佐藤  肇(2)、原田 隆司(3)(5)(12)(14)(17)(19)(20)、吉川 一義(6)(16)(21)「暗黒街の女」、森谷 司郎(9)、田中 徳三(10)、宮越  澄(13)(22)、鹿島 章弘(18))(殺陣:山口 博義
局系列 ANN
制作会社 三船プロダクション、NET
音楽 平尾 昌晃(編曲・萩田 光雄
主題歌 川口 裕子「真珠貝の唄」(作詞・片桐 和子、作曲・平尾 昌晃
撮影技術 (編集:阿良木佳弘

Tag Cloud

三船敏郎 若林豪 荒野 用心棒 小川真由美 池田一朗 ラウンジホテル・... 三船プロ制作 美人マダム 瑳川三智夫 男・千鳥弦 ミスター 大野靖子 洋行帰り 痛快ドラマ 居着く 暗黒街 密偵 素浪人 旦那 政府 大工原正泰 明治維新 放送 大村崑 平尾昌晃 横浜 勝田康三 ふたり 営む

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供