• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

放送枠別 ドラマ 金曜ドラマ(金曜22時)(TBS,KR)

インフォメーション

Tag Cloud

池上季実子 西岡德馬 チヨ 霧子 魔裟斗 たか子 金子光伸 竹野内豊 ドラトゥ 風間杜夫 佐藤忍 梶原一騎 隆之介 吉田義夫 夏木マリ 秋本奈緒美 水木しげる 坂東三津五郎 大沢たかお ワクチン 北川悦吏子 章太郎 今井詔二 広末涼子 潮健児 水谷豊 モフォケン 楢江 ギャンブル狂 戸川京子
検索結果(245件中1-50件目)
結果の並び

1958/10/31 ~ 1958/10/31
私は貝になりたい

演出 岡本 愛彦
 
原作 (題名・遺書:加藤哲太郎)
 
脚本 (物語・構成:橋本  忍)
 
音楽 土橋 啓二、(演奏:東京テレビオーケストラ)
 
出演 フランキー・堺(フランキー堺)、佐分利 信(特別出演)、南原 伸二(南…
 
解説 第13回芸術祭賞受賞作品。戦時中に上官の命令で米軍の捕虜を心ならずも殺した男。戦後平和に暮らしていると、突如C級戦犯として逮捕され…
 

1958/11/28 ~ 1958/11/28
消防芸者

演出 谷川 清明
 
プロデューサ 山脇 英雄
 
原作 火野 葦平
 
脚本 (脚色:猪俣 勝人(猪股 勝人))
 
音楽 藤井 凡大、(演奏:RKBオーケストラ)
 
出演 筑紫あけみ、龍崎 一郎(竜崎 一郎)、下川 辰典(下川 辰平)、斎田 …
 
解説 RKBテレビ初の芸術祭参加作品。すなわち九州初のテレビドラマの参加。「九州文学」の作家、火野葦平の原作を猪股勝人が脚色。音楽・藤井…
 

1958/12/05 ~ 1958/12/05
親馬鹿ちゃんりん

演出 岡本 愛彦
 
原作 尾崎 一雄
 
脚本 (脚色:北条  誠)
 
出演 永井 智雄、荒木 道子
 
解説 提供・三洋電機。
 

1958/12/12 ~ 1958/12/26
風と雲と

脚本 (作:畔柳 二美)
 
出演 南原 伸二(南原 宏治)、小林トシ子、奈良岡朋子、川喜多雄二
 
解説 提供・三洋電機。
 

1959/01/02 ~ 1959/01/02
阿部一族

原作 森  鴎外
 
脚本 熊谷 久虎
 
出演 松本幸四郎(八代目松本幸四郎、二代目松本純蔵、五代目市川染五郎、初代松…
 
解説 放送枠は拡大版。一部資料では放送枠が金曜22:00~23:00と記載されている。また、1959/02/08、日曜15:30~16:…
 

1959/01/09 ~ 1959/01/23
青春の肖像

原作 藤原 審爾
 
脚本 (脚色:田村 幸二)
 
出演 南原 伸二(南原 宏治)、木暮実千代、細川 俊夫、岡村 文子、安部  …
 
解説 提供:三洋電機。
 

1959/02/27 ~ 1959/02/27
にあんちゃん 十才の少女の日記

演出 岡本 愛彦
 
原作 宮本 末子(一部資料では、安本 末子)
 
脚本 田井 洋子
 
出演 内藤 武敏、仲谷  昇、殿山 泰司、奈良岡朋子、浅野寿々子(浅野 順子…
 
解説 提供:三洋電機。
 

1959/03/06 ~ 1959/03/06
山崎豊子短編集(その1)遺留品

原作 山崎 豊子(中央公論社版)
 
脚本 (脚色:茂木 草介)
 
出演 十朱 久雄、森  光子、津島 恵子、夏川 静江(夏川 静枝)
 
解説 提供:三洋電機。
 

1959/03/27 ~ 1959/03/27
山崎豊子短編集(その4)船場狂い

原作 山崎 豊子
 
脚本 依田 義賢
 
出演 三益 愛子、森  光子、千秋みつる、沢村 敏子
 
解説 提供:三洋電機。【参考文献:「東京五局放送 テレビ・ドラマの記録」(「季刊テレビ研究1」(1959/07/25発行、編集人:森谷巌…
 

1959/04/03 ~ 1959/04/03
羅生門

演出 岡本 愛彦
 
原作 芥川龍之介
 
脚本 佐々木武観
 
出演 仲谷  昇、森  光子、毛利 菊枝、南原 伸二(南原 宏治)、左  卜…
 
解説 主演を南原伸二とする資料も有る。【以上、文:のよりん】提供:三洋電機。【データ協力:のよりん】【参考文献:雑誌「放送ドラマ」(株式…
 

1959/04/10 ~ 1959/04/10
しあわせ

演出 岡本 愛彦
 
原作 植草圭之助「素晴しき日曜日」
 
脚本 小幡 欣治
 
出演 田浦 正巳(田浦 正己)、高田 敏江、長島 隆一、大木 弦介、日野 明…
 
解説 提供:三洋電機。【データ協力:のよりん】【参考文献:雑誌「放送ドラマ」(株式会社清和書房発行)1960年1月号】
 

1959/04/17 ~ 1959/04/17
貸借り帳消し胸算用

演出 岡本 愛彦
 
原作 井原 西鶴「西鶴諸国噺」
 
脚本 平田 廉三
 
出演 中村翫右衛門、瀬川菊之丞、藤川 八蔵、
 
解説 提供:三洋電機。【参考文献:雑誌「放送ドラマ」(株式会社清和書房発行)1960年1月号】
 

1959/04/24 ~ 1959/04/24
こころ

演出 岡本 愛彦
 
原作 夏目 漱石「こころ」
 
脚本 矢代 静一
 
出演 佐分利 信、高田 敏江、高橋 昌也、夏川 静江(夏川 静枝)
 
解説 提供:三洋電機。【参考文献:雑誌「放送ドラマ」(株式会社清和書房発行)1960年1月号】
 

1959/05/01 ~ 1959/05/08

演出 岡本 愛彦
 
原作 森  鴎外「雁」
 
脚本 小幡 欣治
 
出演 森  光子、山内  明、御橋  公、浦辺 粂子、小田切みき、佐野 浅夫
 
解説 提供:三洋電機。【データ協力:のよりん】【参考文献:雑誌「放送ドラマ」(株式会社清和書房発行)1960年1月号】
 

1959/05/15 ~ 1959/05/29
殉愛

演出 岡本 愛彦
 
原作 ロマン・ロジェ・ローラン「ピエールとリュース」
 
脚本 (脚色:田中 澄江)
 
出演 飯塚 敏夫、高  友子、南原 伸二(南原 宏治)、伊達  信、利根はる…
 
解説 提供:三洋電機。【データ協力:のよりん】【参考文献:雑誌「放送ドラマ」(株式会社清和書房発行)1960年1月号】
 

1959/06/05 ~ 1959/06/05
母の社会科

演出 岡本 愛彦
 
原作 由起しげ子
 
脚本 秋月 桂太
 
出演 木村  功、細川ちか子、天路 圭子
 
解説 提供・三洋電機。【参考文献:雑誌「放送ドラマ」(株式会社清和書房発行)1960年1月号】
 

1959/06/12 ~ 1959/06/12
おいらん女中

演出 岡本 愛彦
 
原作 獅子 文六「すれちがい夫婦」
 
脚本 戌井 市郎
 
出演 浦辺 粂子、中村 伸郎、夏川 静江(夏川 静枝)
 
解説 提供・三洋電機。【参考文献:雑誌「放送ドラマ」(株式会社清和書房発行)1960年1月号】
 

1959/06/19 ~ 1959/06/19
おばあさん

演出 岡本 愛彦
 
原作 若杉 光夫
 
脚本 小森 静男
 
出演 北林 谷栄(北林 谷榮)、内藤 武敏、清水 将夫、南風 洋子
 
解説 提供・三洋電機。【参考文献:雑誌「放送ドラマ」(株式会社清和書房発行)1960年1月号】
 

1959/06/26 ~ 1959/06/26
先生のこと

演出 岡本 愛彦
 
原作 上田 敏雄
 
脚本 小松 君郎
 
出演 下元  勉、岸  旗江、殿山 泰司、庄司 永建、佐々木すみ江
 
解説 提供:三洋電機。【参考文献:雑誌「放送ドラマ」(株式会社清和書房発行)1960年1月号】
 

1959/10/30 ~ 1959/10/30
奔流

演出 吉村 繁雄
 
脚本 (作:中江 良夫)
 
出演 辰巳柳太郎(辰己柳太郎)、河村憲一郎、香川 桂子、萬代 峰子(萬代 峯…
 
解説 第14回芸術祭参加作品。放送枠は拡大。時代の流れの中で頑張る老イカダ師。紀勢本線の開通や台風15号の被害などのニュースを盛り込む。…
 

1959/11/20 ~ 1959/11/20
いろはにほへと

演出 岡本 愛彦、(演出スタッフ:中川晴之助、真船  禎)
 
プロデューサ 岡本 愛彦
 
脚本 (作:橋本  忍)
 
音楽 冬木  透(蒔田 尚昊)
 
出演 伊藤雄之助、芦田 伸介、香川 京子、宮口 精二、桜 むつ子、飯田 蝶子…
 
解説 第14回芸術祭賞受賞作品。実際に倒産した投資企業の「黒い霧」事件をモデルに、政治不信と怒り、人間社会の不条理を描いた問題作。100…
 

1959/11/27 ~ 1959/11/27
亭主のためいき

演出 真船  禎(真船 匡氏)
 
脚本 (作:小松 君郎(一部資料では、中村 武志、と記載))
 
出演 有島 一郎、市川 和子、久慈あさみ、
 
解説 提供:三洋電機。【データ協力:のよりん】【参考文献:「テレビドラマ」(雑誌、ソノレコード刊)1963年10月号】
 

1959/12/04 ~ 1959/12/11
山を見るな

原作 菊村  到
 
脚本 鈴木 政男
 
出演 南原 伸二(南原 宏治)、森  光子、大塚 周夫、福田 公子
 
解説 提供:三洋電機。
 

1959/12/18 ~ 1959/12/18
挑戦

演出 岡本 愛彦
 
脚本 (作:猪俣 勝人(猪股 勝人))
 
出演 神山  繁、ペギー葉山、嵯峨 善兵、山岡 久乃、並木瓶太郎、天草 四郎
 
解説 『挑戦』はけっしてすぐれたドラマではない。私がかつて別誌に詳しく作品評を書いたように、その最高責任は猪俣氏の台本にあるのではないか…
 

1960/02/19 ~ 1960/02/19
ふところ

脚本 (作:小松 君郎)
 
出演 東山千栄子(東山千榮子)、殿山 泰司、垂水 悟郎、平山  清、南風 洋…
 
解説 本作の脚本、小松君郎は「サンヨーテレビ劇場」の企画委員に選ばれて委員のキャップの岡本愛彦から多大なアドバイスを受けたという。「私は…
 

1960/03/11 ~ 1960/03/11
平和な物語

原作 石川 達三
 
脚本 (脚色:茂木 草介)
 
出演 清水 将夫、小夜 福子、石田 早苗、山内  明、民芸
 
解説 人情家のある会社の社長が7年前に妻を亡くし、清潔で気だての優しい美人の秘書に愛情をいだくが年齢のことを考え、せめて自分の息子の嫁に…
 

1960/04/01 ~ 1960/04/01
血と虹

演出 岡本 愛彦、(演出助手:菅原 偀介、中川晴之助、真船  禎、古賀 一郎…
 
脚本 (作:猪俣 勝人(猪股 勝人)、柴 英三郎、岡本 愛彦)
 
音楽 市場 幸介
 
出演 三津田 健、有島 一郎、神山  繁、殿山 泰司、近藤  宏、三島  謙…
 
解説 ビルマ派遣軍が壊滅の危機にさらされていた敗戦直前のころ、ビルマ山中のある捕虜収容所を舞台に、戦争がいかに人間性を無視し、狂人化して…
 

1960/04/15 ~ 1960/04/15
契約結婚

原作 由起しげ子
 
脚本 池上 金男
 
出演 若原 雅夫、清川 玉枝、天路 圭子、川上 康子
 
解説 提供・三洋電機。
 

1960/04/22 ~ 1960/04/22
題名のないドラマ

演出 岡本 愛彦
 
原作 (原案・飯島  正)
 
脚本 松浦 竹夫
 
出演 北村 和夫、神山  繁、殿山 泰司、真咲 美岐
 
解説 提供:三洋電機。
 

1960/04/29 ~ 1960/04/29
晩春の騒ぎ

演出 真船  禎(真船 匡氏)
 
原作 吉屋 信子(古屋 信子)
 
脚本 田中 澄江
 
出演 安井 昌二、三ツ矢歌子、東 恵美子、春日 俊二、
 
解説 提供・三洋電機。【データ協力:のよりん】【参考文献:「テレビドラマ」(雑誌、ソノレコード刊)1963年10月号】
 

1960/05/13 ~ 1960/05/13
正義派

演出 岡本 愛彦
 
原作 志賀 直哉
 
脚本 田村 幸二
 
出演 伊藤雄之助、西村  晃、桜 むつ子、服部 哲治、田中 筆子、三島 雅夫
 
解説 提供:三洋電機。
 

1960/07/01 ~ 1960/07/01

演出 岡本 愛彦
 
脚本 (作:八住 利雄)
 
出演 淡島 千景、南原 宏治、森  光子、殿山 泰司、飯田 蝶子、北川 町子…
 
解説 淡島千景が主演する3話の短編から構成されたドラマ。【以上、文:のよりん】「三部作のオムニバス・ドラマ。三編とも、淡島千景が主演して…
 

1960/07/15 ~ 1960/07/15
トイレット部長

演出 (演出助手:管原 偀介、真船  禎、並木  章)
 
原作 藤島  茂
 
脚本 (脚色:松浦 竹夫)
 
出演 松村 達雄、浦辺 粂子、村上 冬樹、山岡 徹也、春日 俊二、長谷川 敏…
 
解説 提供・三洋電機。【役名(演技者)】部長(松村達雄)、○女房(浦辺粂子)、社員・東(山岡徹也)、社員・南(春日俊二)、恵子(長谷川敏…
 

1960/08/26 ~ 1960/08/26
おさん

演出 岡本 愛彦
 
原作 太宰  治
 
脚本 小原 俊彦
 
出演 南原 宏治、津島 恵子、北沢 典子、加藤 和夫
 
解説 雑誌「テレビドラマ」(現代芸術協会刊)開催の第二回テレビドラマ新人コンクールに入選した小原俊彦が手がけた脚本デビュー作。提供:三洋…
 

1960/09/09 ~ 1960/09/09
もなかの皮

演出 真船  禎(真船 匡氏)
 
原作 有吉佐和子
 
脚本 (脚色:田村 幸二)
 
出演 夏川大二郎、沢村 貞子(澤村 貞子)、野口ふみ江(野口ふみえ)、南原 …
 
解説 一部資料では真船禎の監督デビュー作とあるが実際には先行作品がある。提供:三洋電機。【データ協力:のよりん】【参考文献:「テレビドラ…
 

1960/10/28 ~ 1960/10/28
勝敗

演出 大坂 六郎
 
脚本 (作:柴 英三郎)
 
出演 江見  渉(江見俊太郎)、佐分利 信、三田 泰子、加藤  嘉、上月左知…
 
解説 第15回芸術祭参加作品。「北海道の観光開発事業をめぐって、私腹を肥やしなんとか成り上がろうとする一青年の野望が、彼より一枚上の事業…
 

1960/11/18 ~ 1960/11/18
ゆび

演出 大脇  明
 
脚本 (作:田中千禾夫)
 
音楽 芥川也寸志
 
主題歌 (歌:友竹 正則)(ギター演奏:阿部 保夫)
 
出演 若尾 正也、友竹 正則、劇団CBC、人形劇団プーク
 
解説 第15回芸術祭参加作品。「道ばたで指を拾った青年はその指を持ったままプラネタリウムの中で指にまつわるいろいろな想像を馳せる。やがて…
 

1960/12/23 ~ 1960/12/23
かあちゃんしぐのいやだ

演出 菅原 偀介
 
原作 平林 良孝
 
脚本 (脚色:秋月 桂太)
 
出演 浜村  純、桜 むつ子、平山  清、依田  宣、飯田 蝶子、浅茅しのぶ…
 
解説 小学生の平林良孝くん(当時)の書いた作文を原作に、その病身の母親の闘病と死を描いた作品。【以上、文:のよりん】同じ原作をTBSとN…
 

1961/02/24 ~ 1961/02/24
集団就職

演出 真船  禎(真船 匡氏)
 
原作 遠藤 周作
 
脚本 新井  豊
 
出演 原  保美、奈良岡朋子、松尾 佳子、殿山 泰司、田中 筆子、青柳美枝子…
 
解説 一部資料では真船禎脚本と記載されている。提供:三洋電機。【データ協力:のよりん】【参考文献:「テレビドラマ」(雑誌、ソノレコード刊…
 

1961/03/31 ~ 1961/03/31
魚紋

演出 蟻川 茂男(蜷川 茂夫…誤り、蜷川 茂男…誤り)
 
脚本 田井 洋子
 
音楽 山下 毅雄
 
出演 芦田 伸介、金子 信雄、十朱 幸代、藤間  紫(初代藤間紫)
 
解説 提供・三洋電機。
 

1961/04/21 ~ 1961/04/21
翡翠

演出 阿部 正義
 
プロデューサ 中岡  毅
 
原作 沢野 久雄
 
脚本 茂木 草介
 
出演 入川 保則、藤井  誠、斎藤 達雄(斉藤 達雄)、細川ちか子、津島 恵…
 
解説 提供・三洋電機。【参考文献:webサイト「脚本データベース」(2020/08/03参照、http://db.nkac.or.jp/…
 

1961/05/12 ~ 1961/05/12
仮面の女

演出 山田 智也
 
脚本 (作:茂木 草介)
 
出演 杉村 春子、
 
解説 女優が一人芝居を演じるモノドラマ。「虚栄心の強い女流彫刻家が、虚栄のためにホテルの一室でついに自ら毒をあおる最後の瞬間を、杉村春子…
 

1968/10/04 ~ 1968/11/01
いずれ花嫁

演出 井尻益次郎(2)-(4)
 
脚本 (作:松田 暢子)
 
出演 和泉 雅子、和田 浩治、吉村 実子、小高 雄二、金子 信雄、中山 千夏…
 
解説 「ドラマを見ながら花嫁修業ができる」というのが、このドラマのキャッチ・フレーズ。ヤング・レディーを対象にしたドラマで、和泉雅子が主…
 

1972/04/07 ~ 1972/06/30
家族日誌

演出 (監督:貞永 方久(12)(13)、大槻 義一(11)、上野 英隆)(…
 
プロデューサ 四方  基、高橋 亦一
 
原作 (原案・アンドリュー・ガープ「道の果て」より)
 
脚本 中井多津夫(11)-(13)
 
音楽 渡辺 岳夫、(効果・協立音響)
 
出演 芦田 伸介(1)(11)-(13)、吉沢 京子(1)(11)-(13)…
 
解説 ある日突然、平和な家庭に事件が投げ込まれた時、父と母と養女はそれをどう受け止め、どう疑惑の糸を解きほぐしていくのか。そして、一家に…
 

1972/07/07 ~ 1972/09/29
いま炎のとき

演出 日向 宏之
 
脚本 横光  晃
 
出演 中村吉右衛門、酒井和歌子、船越 英二、松本 留美、大和田伸也、五十嵐じ…
 
解説 男女の愛をテーマに、仕事に情熱を燃やす男と、何かを待っている女が、ひとつの出会いから恋をまっとうさせるまでを現代人の愛の渇望を背景…
 

1972/10/06 ~ 1973/01/05
私は忘れたい

演出 鈴木 淳生、大山 勝美
 
原作 原田 康子「星から来た」
 
脚本 鈴木 尚之
 
音楽 渡辺 貞夫
 
主題歌 (テーマ曲・渡辺 貞夫「SONG FOR YOU」)
 
出演 岩下 志麻、藤岡  弘、佐藤  慶、杉浦 直樹、市原 悦子、賀原 夏子…
 
解説 「この恋は、星の美しさ、夢のもろさ。よごれた地球では育たない。彼が雨の国道でひろった女はどこかに過去を忘れてきて星からきたようにも…
 

1973/01/12 ~ 1973/04/06
わが愛

演出 大山 勝美
 
原作 夏目 漱石「それから」「門」
 
脚本 早坂  暁(早坂  曉)
 
音楽 武満  徹
 
出演 加藤  剛(1)、星 由里子(1)、山崎  努(1)、山内  明(1)…
 
解説 ギャラクシー賞第24回期間選奨受賞作品。「夏目漱石の「門」を早坂暁が脚色、友を裏切った宗助と夫にそむいたお米が、世に背を向けてひっ…
 

1973/04/13 ~ 1973/07/06
遥かなるわが町

演出 龍至 政美(竜至 政美)(1)、宮武 昭夫
 
脚本 山田 洋次(1)、高橋 正圀
 
出演 芦田 伸介(1)-(13)、倍賞千恵子(1)-(13)、久我 美子(1…
 
解説 ギャラクシー賞第25回期間選奨受賞作品。第11回ギャラクシー賞受賞(出演・倍賞千恵子)対象作品。「北海道の小樽を舞台に〝インテリ寅…
 

1973/07/13 ~ 1973/10/12
白い影

演出 高橋 一郎(1)-(3)(6)(9)(12)-(14)、福田 新一(4…
 
プロデューサ 大山 勝美
 
原作 渡辺 淳一「無影燈」より
 
脚本 倉本  聰(倉本  聡)(1)(2)(5)(12)-(14)、大津 皓…
 
音楽 小室  等
 
出演 田宮 二郎(1)-(14)、山本 陽子(1)-(14)、中野 良子(1…
 
解説 謎の医師・直江(田宮二郎)と彼をめぐるさまざまな人間模様を、病院という閉鎖的な世界の中で描く傑作。セットを多用し、照明を使った光と…
 

1973/10/19 ~ 1974/01/11
別れの午後

演出 大山 勝美
 
脚本 砂田 量爾
 
音楽 樋口 康雄
 
出演 若尾 文子、三國連太郎(三国連太郎)、山本  亘、日色ともゑ、賀原 夏…
 
解説 義理の息子を愛するようになった妻とその家庭崩壊劇。一部資料では放送回数全15回と記載されているが誤りと思われる。