• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

アニメ 詳細データ宇宙パトロール・ホッパ(第27回より…パトロール隊 宇宙っ子ジュン)(宇宙パトロールホッパ)

地球から飛び出した宇宙船に事故が発生、宇宙を漂流しているところを、ホッパ星の宇宙パトロール隊に救助される。「狼少年ケン」「少年忍者風のフジ丸」に続く東映動画のテレビアニメ第3作。当初、「宇宙パトロール・ホッパ」のタイトルで放映されたが、第27回より「宇宙っ子ジュン」のタイトルに改題された。野沢雅子のテレビアニメ初レギュラー作品。主役に抜擢された竹尾智晴(のちの中尾隆聖)は回顧している。「中学生のとき、はじめてアニメーションの声をやることになったのが『宇宙パトロールホッパ』の主役ジュンでした。宇宙の平和を守るSFヒーローものです。アニメというのもはじめてでしたが、主役というのも人生初でした。ところが、本番収録は平日の朝。はじめのうちは学校を休んで本番に臨んでいましたが、まだ中学生だったこともあり、さすがに毎週学校を休むことには問題がありました。いま考えればはじめから無理があるのはわかるような気がしますが、結局半分を収録したところで降板することになってしまいました。途中降板になったこともはじめての経験で、いろんな意味で思い出深く、とても残念で複雑な気持ちだったのを覚えています。主役ジュンはその後、初代オバケのQ太郎を演じた曽我町子さんにバトンタッチ。ちなみに、この作品ははじめてレギュラー番組で野沢雅子さんとご一緒した作品でもありました。野沢さんが演じていた「プー」は私演じる主人公の弟分という役柄でしたが、そもそも野沢さんは業界の大先輩。それまでも別の現場でお仕事をしたことがあったものですから、「あんた、小さい頃おじいちゃんに連れられてスタジオ来てたわよねー」なんて言われるような古い付き合いです。その後、長いこと所属事務所が一緒だったり、『ドラゴンボールZ』では激しいバトルを繰り広げる間柄になりますが、ずーっと頭が上がらない存在です。【この項、文:中尾隆聖氏(中尾隆聖著「声優という生き方」(2019/05/20、イースト新書Q刊)より引用)】」一部資料では放送終了1965/10/11と記載されている。
キー局 NET 放送曜日 放送期間 1965/02/01~1965/11/29
放送時間 19:00-19:30 放送回数 44 回 連続/単発 連続
主な出演 (声の出演:南谷 智晴竹尾 智晴中尾 隆聖)、曽我 町子小林 清志島田  彰はせさんじはせさん治)、野沢 雅子((1)-(4)は、野沼 雅子、と表記)、杉田 郁子大竹  宏中島  元神山 卓三浅川みゆ起羽佐間道夫鈴木 泰明太田 淑子内海 賢二奥原  晃柴田 秀勝近石 真介俳協
主な脚本 薮下 泰次津平 小平神波 史男竹内 一夫上野登史郎(5)、衣笠 直史一樺 知可保波  順銀河  渉黒田  隆新古 仲世高橋 二三大山  当深町 秀魚永田 守弘中瀬 ルネ柳下長太郎永沢  詢永沢まこと)、太田 欣二小沢  洋山浦 弘靖
主な演出 薮下 泰次(5)、山本 寛巳田中 亮三小山 礼司石原 義雄茂野 一清山口 康男黒田 昌郎設楽  博明比 正行新田 義方久岡 敬史竹田  満高見 義雄、(キャラクター設定:森  康二)(記録:水上 紘子川島 利子
原作 深川 鉄次(「ぼくら」連載)
局系列 ANN
制作会社 東映動画、NET
制作 (製作担当:笹谷 岩男)(仕上:岡田 良明)(進行:秋葉 勝彦、吉岡  修、豊島 勝義)
企画 原   徹原   敬)、横山 賢治
音楽 菊池 俊輔
主題歌 上高田少年合唱団「宇宙パトロールホッパ」(作詞・保波  順、作曲・菊池 俊輔
撮影技術 池田 重好林  昭夫片山 幸男、(編集:稲葉 郁三井関 保雄)(録音:石井 幸夫宇田川誠也
美術 福本 智雄、(原画:小華和為雄田島  実)(動画:近藤 英輔生頼 昭憲白石 邦俊クニトシロウ)、国保  誠鹿島 恒保後藤 峯夫田村 真也新井 丈夫)(背景:山本 敏明佐々木耕成

Tag Cloud

深川鉄次 薮下泰次 主役ジュン 津平小平 野沢 休む 野沢雅子 テレビアニメ 降板 演じる 宇宙 主役 中学生 宇宙っ子ジュン ドラゴンボールZ 横山賢治 タイトル レギュラー作品 学校 原徹 一緒 所属事務所 山本寛巳 付き合い 神波史男 臨む 曽我町子 作品 バトル 覚える

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供