• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ

「剣道」に自らを賭けていた孤高で意志の強い青年の純粋な生と、下級生に裏切られたことで崩れ落ちた彼の世界を描く。原作を忠実に脚色し、加藤剛、真船道朗、蜷川幸雄らが迫力ある剣道の稽古シーンを熱演。大学で剣道部の主将を務める国分次郎(加藤剛)は剣に強く、意志も強かったが、異常なほど孤高で純粋な生き方を主義としていた。勉強にも遊びにもいっさい目をくれずひたすら剣道に励む国分は、剣道部を厳しい規律で規制し、過酷な修練を強要した。彼自身にとっては必要不可欠なことだったが、その姿勢はあまりにもストイックで他の部員にとっては耐えがたいものだった。夏休みに入り、剣道部は伊豆半島の西海岸にある田子で合宿を始める。厳しい稽古が続く中、あるうだるように暑い日、国分は後からやってくる監督を迎えに行くため合宿所を離れる。留守中、彼のあまりにも激しい生き方に反発した4年生の賀川(蜷川幸雄)が「海を見るな」という次郎の規律を破り、海に遊びに行くことを提案。部員たちが海に出かける一方、下級生の壬生(真船道朗)は1人残っていたが、やがて自動車が監督と次郎を乗せて近付いてくるのを見て立ち上がる。自分だけが偽善者の良い子として残っている姿を見られることを恥ずかしく感じた壬生は、海に行った部員たちを追っていってしまう。結局、海に遊びに行ったことが判明して賀川は謹慎処分に。壬生は国分から皆と一緒に海へ行ったか聞かれ、「はい」と答えた。だがそれをきっかけに、国分の世界は崩れてしまう。合宿の終わりの夜、国分は姿を消す。そして…。【以上、TBSチャンネル広報資料より引用】【出典:ドラマ本体クレジット表示(採録:古崎康成)】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 1964/05/08~1964/05/08
放送時間 20:00-20:56 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 近鉄金曜劇場
主な出演 加藤  剛真船 道朗浜田  晃新  克利岸田  森高津 住男蜷川 幸雄村上 允俊(誤り…村上 允優)、清水 将夫北見 治一荒谷 甫水(現存クレジットに表示なし)、藤林 正巳(現存クレジットに表示なし)、
主な脚本 (脚色:山田 正弘
主な演出 高橋 一郎
原作 三島由紀夫
局系列 JNN
制作会社 (制作著作:TBS)
HP

Tag Cloud

真船道朗 国分 加藤剛 壬生 三島由紀夫 剣道部 剣道 下級生 賀川 遊び 規律 合宿 蜷川幸雄 部員たち 次郎 強い 意志 浜田晃 残る 厳しい 生き方 監督 見る 世界 部員 高橋一郎 自動車 乗せる 裏切る 岸田森

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供