• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

アニメ 詳細データちびまる子ちゃん(ちびまる子ちゃん(1)(1990年度放送分、第13回~第65回))

小学生まるちゃん(声・TARAKO)とその家族と仲間が繰り広げる、ほのぼのアニメーション『ちびまる子ちゃん』の第1シリーズ(放送期間:1990/01/07~1992/09/27、全142回)のうち1990年度放送分(第2シリーズの放送は1995/01/08から)。中央児童福祉審議会推薦(53)。【各回サブタイトル】第15回「丸尾君学級委員選挙いよいよ出馬」、第16回「まるちゃん盲腸になる/まるちゃん占いをされる」、第17回「まるちゃん小鳥がほしくなる/まるちゃん誕生会を開く」、第18回「まるちゃん深夜の宴会/おかあさんの宝物」、第19回「おかあさんの日」、第20回「ゆううつな参観日/5月のオリエンタル小僧」、第21回「まるちゃん学芸会に出る(前後編)」、第22回「まるちゃん文通をはじめる/自習時間大好き」、第23回「まるちゃんの町は大洪水(前後編)」、第24回「まるちゃん虫歯が痛い/ああ身体検査」、第25回「まるちゃん学校でお腹が痛くなる」の巻」、第26回「「プールびらき」の巻」、第27回「「七夕の願い事」の巻」、第28回「まるちゃん傘を買ってもらう/まるちゃんの夏の思い出」、第29回「まるちゃんの家のお風呂がこわれた/おっちゃんの魔法カード」、第30回「まるちゃんは夏休みも学校に通う」、第31回「まるちゃん南の島へ行く(前編)」、第32回「まるちゃん南の島へ行く(後編)」、第33回「まるちゃんお化け屋敷に行く」、第34回「宿題をためたまる子ちゃん」、第35回「まるちゃん写真屋さんに行く/嵐の夜の出来事」、第36回「まるちゃん熱帯魚を飼う」、第37回「おかっぱ・かっぱ」、第38回「まるちゃんハイキングに行く」、第39回「まるちゃん お金を見つける」、第40回「男子対女子 大戦争」、第41回「まるちゃん席替えをする/まるちゃん飲み屋さんに行く」(1990/10/14放送)、第42回「まるちゃんブロマイドをなくす」(1990/10/21放送)、第43回「まるちゃん実験をする」、第44回「まるちゃんの“星に願いを”」、第45回「いとこの七五三」(1990/11/11放送)、第45回「いとこの七五三」、第46回「恐怖のにわとり小屋そうじ/一人っきりの日曜日」、第47回「お父さんとお母さん けんかする」(1990/11/25放送)、第48回「まるちゃん自分の部屋が欲しくなる」(1990/12/02放送)、第49回(第50回)「まるちゃん年賀状を書く」(1990/12/09放送)、第50回(第51回)「うちはびんぼう」(1990/12/16放送)、第51回「まるちゃん町内のクリスマス会に参加する」、第52回「年越し まる子ちゃん」、第53回「いつものお正月」(1991/01/06放送)、第54回「まるちゃん 眠れない夜」(1991/01/13放送)、第55回「子供は風の子」、第56回「まるちゃん ご機嫌な一日」、第57回「まる子 豆まきをする」、第58回「まるちゃんデパートで迷子になる」、第59回「まるちゃんの風船物語」、第60回「憧れの学級閉鎖」、第61回「まるちゃんおひな祭りに呼ばれる」、第62回「口笛が聞こえる」、第63回「放課後の学級会」、第64回「まるちゃんの水栽培」、第65回「まるちゃんヘルスセンターに行く」。【役名(声の演技者)】まるちゃん(TARAKO)、お姉ちゃん(水谷優子)、お父さん(屋良有作)、お母さん(鈴木みえ)、おじいちゃん(富山敬)、おばあちゃん(佐々木優子)、たまちゃん(渡辺菜生子)、ゆみこちゃん(三浦雅子)、花輪君(菊池正美)、丸尾君(飛田展男)、戸川先生(掛川裕彦)、関口君(津久井教生)、富田君(松井摩味)、男の子[25](折笠愛)、女の子[25](浦和めぐみ)、みぎわさん(ならはしみき)、えびす君(柏倉つとむ)、浜崎君(折笠愛)、水泳の先生{26](茶風林)、男の子[26](浦和めぐみ)。【出典:アニメ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成(25)(26))】
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1990/04/01~1991/03/31
放送時間 18:00-18:30 放送回数 53 回 連続/単発 連続
主な出演 (声の出演:TARAKO(25)(26)、水谷 優子(25)(26)、屋良 有作(25)、鈴木 みえ(25)(26)、富山  敬(25)、佐々木優子(25)、渡辺菜生子(25)(26)、三浦 雅子(25)、菊池 正美(25)、飛田 展男(25)(26)、掛川 裕彦(25)(26)、津久井教生(25)(26)、松井 摩味(25)(26)、折笠  愛(25)(26)、浦和めぐみ(25)(26)、ならはしみき(26)、柏倉つとむ(26)、茶風林(26)、山崎たくみ巻島 直樹中島 聡彦増田 有宏大野 由佳山田 恭子山田ふしぎ)、沼波 輝枝、)(ナレーション:キートン山田山田 俊司)(25)(26)、)
主な脚本 芝山  努須田裕美子壇原かおる三宅 直子丸尾 みほ小山 真弓(25)、石塚 智子(26)、秘田 涼子さくらももこ、(文芸:宮永 正隆
主なプロデューサ 遠藤 重夫和田  実(CX)
主な演出 (監督:芝山  努須田裕美子)(シリーズ監督:石崎すすむ(クレジット表示では「崎」は「たつさき立崎)」))(演出:棚橋 一徳(25)、中村孝一郎(26))(絵コンテ:茜丸みつお(25)、棚橋 一徳(25)、中村孝一郎(26))(演出助手:高木  淳
原作 さくらももこ(集英社「りぼん」連載、「りぼんマスコットコミックス」刊)
局系列 FNN
制作会社 (制作:日本アニメーション、フジテレビ(CX))(Copyright:さくらももこ・(株)さくらプロダクション・日本アニメーション 1991)
制作 (製作:本橋 浩一)(製作管理:高桑  充、中島 順三)(制作担当:田中真津美)(制作進行:増原 重徳(25)、吉田 英一(26))(制作デスク:安部正次郎(25)、松山竜一郎(26))
企画 佐藤 昭司清水 賢治(CX)
音楽 中村 暢之、(音響監督:本田 保則)(録音製作:音響映像システム)(整音:佐藤 千明)(効果:フィズサウンド)(スタジオ:タバック
主題歌 (オープニング主題歌:関 ゆみ子「ゆめいっぱい」(作詞:亜蘭 知子、作・編曲:織田 哲郎)(BMGビクター))(エンディング主題歌:B.B.クィーンズ「おどるポンポコリン」(作詞:さくらももこ、作・編曲:織田 哲郎)(BMGビクター))
撮影技術 (撮影監督:沖野 雅英(25)、森田 俊昭(26))(撮影:ティ・ニシムラ(25)(高橋 勇夫(25)、馬場 重徳(25)、眞木 朱深(25))、(株)トランスアーツ(26)(杉山 幸夫(26)、金沢 章男(26)、藤井 秀生(26)))(編集:鶴渕 友彰(25)、小野寺桂子(26))(ネガ編集:上遠野英俊(26))(現像:東京現像所
ビデオ DVD:発売(ポニーキャニオン)、BD:発売(2020/11、ベストフィールド/TCエンタテインメント)
美術 (キャラクターデザイン:河内日出夫)(総作画監督:船越 英之)(美術監督:野村可南子)(作画監督:青鉢 芳信(25)、ときわ荘一(25)、柳田 義明(26)、アベ 正己木下 和栄藤森 雅也松原 京子坂本 三郎才田 俊次杉山東夜美)(原画:青鉢 芳信(25)、飯山 嘉昌(25)、斉藤 文康(25)、やまざきたかし(26)、中村 裕之(26)、鈴木 玲子(26)、飯口 悦子(26)、柴田 晃宏(26)、斉藤 哲人(26)、松原 京子坂本 三郎才田 俊次)(動画:山下真樹子(25)、大東 郁子(25)、家野 尚代(25)、ダイゾウプロダクション(25)(今成 祐子(25)、木村 和世(25)、福島 健二(25))、岩崎 知子(26)、田島 栄子(26)、中島 裕一(26)、市来  剛(26)、渕上  真(26)、平川 高之(26)、柳瀬 雄之(26)、小岩 正美(26))(動画チェック:野口 大蔵(25)、ときわ荘一(25))(背景:アトリエローク(25)(26)(丸山美智子(25)(26)、大塚 昌司(25)(26)、越膳美奈子(25)(26))、スタジオアクア(25)(横田 務子(25)、伊東佐由里(25)、ムクオスタジオ(26)(鹿野 良行(26)、高橋 康子(26)))(仕上げ管理:岩切 紀親)(色指定:能勢 益美)(彩色:スタジオキリー(25)(26)、小林 和美(25)、黒田恵美子(25)、下沢 節子(25)、西久保利恵子(25)、野村美和子(25)、東 恵美子(26)、村田 佳子(26)、久保田滝子(26)、岡 美代子(26)、安部 妙子(26))(タイトル:道川  昭

Tag Cloud

ちゃん さくらももこ ちゃん南 放送 丸尾 浦和めぐみ 須田裕美子 芝山努 痛い 折笠愛 いとこ おかあさん お父 男の子 参観日 風船物語 ちゃん飲み屋 水栽培 風の子 戸川先生 壇原かおる 和田実 クリスマス会 おっちゃん えびす 鈴木みえ 遠藤重夫 お姉ちゃん 中村暢之 飛田展男

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供