• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データここに人あり(第66回・第67回)蟻の町のマリア 前編・後編(蟻の街のマリア)

「蟻の街」といわれた隅田川畔にある貧しい街・バタヤ部落に身を投じ救援活動を続けたカトリック信者の女性。彼女が胸を患い29歳の若さで歿するまでを描く。「バタヤ部落の救済にあたった篤志家の北原玲子を描く。この作品は同時期に映画・舞台でも競作された。実話に取材した人間ドラマを扱ったオムニバスドラマシリーズ「ここに人あり」のなかの1作。ラジオ放送開始時から活躍し、一線を退いていた往年のNHKアナウンサー大羽仙外が番組解説を行ったシリーズでテレビ放送の利便性を生かし、時事的なテーマを取り上げた話も多い。【この項、文:のよりん】」【データ協力:のよりん】
キー局 NHK GTV 放送曜日 放送期間 1958/10/20~1958/10/27
放送時間 21:30-22:00 放送回数 2 回 連続/単発 単発
番組名 (ここに人あり(第66回・第67回))
主な出演 馬淵 晴子馬渕 晴子)、忍  節子河野 秋武難波 章子嵯峨 善兵、(解説・大羽 仙外
主な脚本 (脚色:外山 凡平
原作 松居 桃楼松井 桃楼
局系列 NHK
制作会社 NHK

Tag Cloud

松居桃楼 忍節子 馬淵晴子 河野秋武 救援活動 カトリック信者 隅田川畔 街・バタヤ部落 北原玲子 篤志家 バタヤ部落 難波章子 救済 競作 投じる 患う あたる 嵯峨善兵 利便性 羽仙外 NHKアナウンサ... 一線 退く 往年 貧しい オムニバスドラマ... 取り上げる テレビ放送 続ける 実話

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供