• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データノーコン・キッド~ぼくらのゲーム史~

「ぼくらは、ゲームに育てられた。いや。比喩じゃなくて、ほんとの話。」 実在するゲームは全て実名で登場。ゲームと出会い、ゲームを楽しみ、ゲームと共に青春を過ごした 「ぼくらのゲーム史」を描くドラマ。あれだけの「熱」と「出会い」があった「物語」の舞台だった「ゲーセン」。80年代に思春期を過ごした世代にとって、「ビデオゲーム」という存在は、まだ当たり前ではなく、毎日のように驚きがあふれた正真正銘の「未来」があった。ゲーセンから始まった「ビデオゲーム」はその後、家庭へ、そして個人にまで浸透していく。2013年、ゲームという文化が我々の生活に根付き始めて30年余り。あの頃と現在をつなぐ手に汗にぎるゲームの「物語」を作るのは今しかない。今やハリウッド映画にさえ、「ゲーム」文化は影響をあたえている。「ジャパニメーション」や「クールジャパン」といったかたちで持ち上げられている様々な日本文化の中で、きちんと総括されていない「ゲーム」文化をここでもう一度、しっかり「ドラマ」として現在の文化と繋がっていることを物語にしたい。それは、あの頃から、当たり前のように「ゲーム」を楽しんで大人になったぼくらの世代にとって「ゲーム」への恩返しとなるようなみんなの、そしてある種極私的な「物語」を。そんな想いから生まれた物語が遂にドラマになりました。1983年から2013年現在に至るまでの30年間を、実在のゲームを織り交ぜながら描きます。このドラマの一番のセールスポイントはドラマとゲームのストーリー的な融合です。毎回ドラマのテーマとなる当時のエポックメイキングなゲームが登場し、登場人物たちが実際にゲームをプレイし、それがドラマの話にもリンクしていくというドラマです。【以上、テレビ東京広報資料より引用】車輌:平塚 夏樹、善養寺 満。協力:橋本  徹(猿楽庁)。基板・筐体提供:高井商会、高田馬場ゲーセン・ミカド、秋葉原ナツゲーミュージアム、ぞしー。プランニング協力:東京工芸大学芸術学部ゲーム学科(10)-(12)。ゲームパート収録協力:高田馬場ゲーセン・ミカド。資料提供:KVC佐々木、高井商会、高木 夏美。機材協力:馬場千恵子、森田 浩之、高田馬場ゲーセン・ミカド。ゲーム収録:江連 頼久「トゥルー・ラブストーリー」(プレイステーション版)、ゼビウス(アーケード版)、SPREAM-REI。協力:テレビ東京コミュニケーションズ、日活調布撮影所、日活スタジオサービス、日映装飾、ワード・ロープ、エネット、ムーンクラフト、照太郎、グリフィス、イマジカ、ショウビズ・クリエイション、エンターテインメント・パートナーズ・アジア、アルカブース(11)、テアトルアカデミー(11)、OFFICE101(11)、ウェーブ(11)、カワダ(11)。撮影協力:山野美容専門学校(11)(12)、namco中野店(11)、Cafe Flat(11)、ブックファースト(12)。
キー局 TX 放送曜日 放送期間 2013/10/04~2013/12/20
放送時間 24:52-25:22 放送回数 12 回 連続/単発 連続
主な出演 田中  圭(10)-(12)、波瑠(10)-(12)、浜野 謙太(10)-(12)、佐藤 二朗(10)-(12)、松浦 祐也(10)(11)、落合モトキ落合 扶樹)(8)(9)、玉井 英棋(10)、藤本  泉(10)-(12)、志保(10)、みのすけ(2)、芳賀優里亜(3)、師岡 広明(8)、横山亜理紗(10)、水澤 紳吾(10)、守屋 文雄(10)、土師野隆之介(10)、村岡 希美(11)、水原 恵理(テレビ東京アナウンサー)(11)、川島 潤哉(11)(12)、前野 朋哉島崎 映次
主な脚本 (シリーズ構成:佐藤  大(原案、脚本も))(脚本:佐藤  大(1)(11)(12)(原案、シリーズ構成も)、石山 英憲上田  誠ヨーロッパ企画)、森 ハヤシ前田 司郎真利子哲也(10))(脚本協力:宮 昌太朗(10)-(12))
主なプロデューサ 五箇 公貴家住さやか鈴木 俊輔西ヶ谷寿一秋枝 正幸)(アシスタントプロデューサー:日暮奈々美)(スチール:田中 宏幸村上 悦子町田  真
主な演出 (監督:鈴村 展弘(1)(11)(12)、石田 雄介冨永 昌敬富永 昌敬)、沖田 修一真利子哲也(10))(現代編演出:鈴村 展弘)(助監督:大橋 祥正)(監督助手:塚田 俊也洲鎌 雅和成田 啓吾)(監督助手応援:海野  敦(10)、山下 和徳(10)-(12)、江連 頼久(10)、錦戸健太郎(11)(12)、長野 晋也(11)(12))(タイトルバック演出:石田 雄介)(メイキング:永山 正史)(スクリプター:和田  彩(10)-(12))
原作 (原案:佐藤  大&ストーリーライダーズ)(シリーズ構成、脚本も))
局系列 TXN
制作会社 (制作:DJANGO FILM、TX)(製作・著作:「ノーコン・キッド」製作委員会)
制作 (制作担当:白石  治)(制作主任:間口  彰)(制作進行:田中 和則、遠藤 大作)(制作進行見習:滝口 彩香)(キャスティング:西宮 由貴)(ポスプロコーディネーター:山口 穣二、小山内 円)(ポスプロ担当:貞木 優子)(制作経理:山名 由紀)(制作管理:中澤サカキ)
企画 (企画ブレーン協力:酒井 建作)(宣伝:佐藤 永麻)(番組デスク:波戸ゆかり)(ホームページ:中島 康雅)(モバイルコンテンツ:早瀬ひとみ)(Special thanks:牛澤 庸二(10)-(12)、松井 宗達(10)-(12)、奥成 洋輔(10)-(12)、池田  稔(10)-(12)、むらいみすず(10)-(12)、MEGTGNG crewHoney(Honeys kitchen)、鵜之澤 伸バンダイナムコゲームス)、遠藤 雅伸さやわか関  智行(TAR)、竹本 純生(Graphic Manipulator)、福岡 邦子ローリング内沢和田 一基(LAPTHOD)、原田 勝弘バンダイナムコゲームス))
音楽 砂原 良徳、(音響効果:柴崎 憲治)(MA:今井英利子)(選曲:金貞陽一郎)(効果助手:松浦 大樹)(音楽協力:テレビ東京ミュージック)
主題歌 (オープニングテーマ((12)のみ「劇中使用曲」と表記):TOKYO No.1 SOULSET「One day」(avex entertainment inc.))(エンディングテーマ:Czecho No Republic「MUSICノーコン・キッドver)(日本コロムビア)」)(劇中使用曲:仲間由紀恵「トゥルー・ラブストーリー~恋のように僕たちは~」(10))
撮影技術 菊池  亘(J.S.C)、(照明:藤井  勇)(録音:山田 幸治)(編集:渋谷 陽一)(撮影助手:星山 裕紀小谷 純子)(VE:谷川 克己(10)、滝田 康昭(11)(12))(照明助手:上村ちひろ比良岡弘雅)(照明応援:田部  誠(10)-(12)、後藤 史兆(11)(12)、梅田 友絵(11)(12))(録音助手:米沢  徹)(編集助手:山添 典子)(カラーグレーディング:北山 夢人)(ライン編集:服部 一太)(VFXプロデューサー:菅原 悦史
HP
美術 岩本 浩典、(アートディレクション:草野  剛)(装飾:岩本 智弘)(スタイリスト:宮本まさ江)(装飾助手:宋  晴加新貝 香織)(持道具:小澤 圭美)(装飾応援:鈴木  仁(10)(11))(衣装(衣裳):長渡 美穂)(ヘアメイク:田崎ちひろ原田真以子)(ゲームコーディネート:安部理一郎スフロケ/16SHOTS))(アシスタント:大塚 ギチ(UNDERSELL ltd.))(メンテナンス:八丁堀

Tag Cloud

ゲーム 高田馬場ゲーセン... 文化 田中圭 ドラマ 波瑠 ビデオゲーム 高井商会 ゲーセン 物語 浜野謙太 実在 世代 楽しむ 過ごす 基板・筐体提供 ゼビウス Flat 砂原良徳 ショウビズ・クリ... ゲーム収録 トゥルー・ラブス... 江連 浩之 松浦祐也 平塚 登場 橋本 OFFICE 驚き

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供