• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ妻が夫をおくるとき~最愛の夫に余命半年ガンの宣告!告知すべきか否か…妻と脚本家の狭間で揺れた実体験を描く自叙伝ドラマ

脚本家・橋田壽賀子が「今まで生きてきた中で、これ以上の苦しみはなかった」と、自らの過去を振り返り、一人称で描く自叙伝的ドラマ。登場人物も、実名で登場。1989年、今から23年前に亡くなった橋田の夫・岩崎嘉一氏との別れを綴った作品で、岩崎氏が59歳、橋田が63歳の秋までの出来事を描く。岩崎氏は1984年、TBS退職を機に大病を患ったが、やっと克服して第2の人生を踏み出そうとした頃からが描かれている。当時、橋田はNHKの大河ドラマ『春日局』の脚本に取り組みだしたばかり。冒頭で橋田が「人生にそれ以上の不幸と悲しみはないと思えるほどのどん底」と語る言葉からも、その当時の心境が伺える。夫婦の絆とは何か?そして夫婦はどうあるべきなのか?スタジオに、橋田と岩崎氏が過ごした熱海の部屋を忠実に再現、置物などは実際のものを持ち込んで撮影された。【以上、TBS広報資料より引用】ロケーション協力:カシオ計算機、関東中央病院。協力:フォーチュン、アックス、緑山スタジオ・シティ。音源提供:ABC(朝日放送)。【役名(演技者)】私・橋田壽賀子(岸本加世子)、岩崎嘉一(大杉漣)、大原医師(神田正輝)、和田利子(泉ピン子)、倉石プロデューサー(中村梅雀)、竹田制作助手(小泉孝太郎)、石井ふく子(薬師丸ひろ子)。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2012/07/23~2012/07/23
放送時間 21:00-23:09 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 橋田壽賀子ドラマスペシャル
主な出演 岸本加世子大杉  漣泉 ピン子神田 正輝小泉孝太郎薬師丸ひろ子角替 和枝中村 梅雀吉沢 梨絵芹澤 名人柴田 次郎赤屋 板明大木イチロー橋田壽賀子橋田寿賀子)(エンドクレジット表示なし)、(看護指導:布施友里恵
主な脚本 (作・脚本:橋田壽賀子橋田寿賀子))
主なプロデューサ 荒井 光明遠藤 正人、(スチール:加藤  徹
主な演出 荒井 光明、(演出補:山崎 統司吉村 剛弘)(ロケーション担当:鷲山 伸人)(医療監修:武本 憲重)(記録:浦川 友紀
局系列 JNN
制作会社 (製作:ドリマックス・テレビジョン、TBS)
企画 (編成:十二 竜也畠山  渉)(宣伝:小林 久幸
音楽 (効果・選曲:牧瀬 能彦
撮影技術 (技術:川田 万里)(映像:館野 晃一)(カメラ:初瀬 康一)(照明:菊池  護)(音声:関川 力央)(編集:大塚 民生池田えり奈
HP
美術 (美術デザイン:高松 浩則)(美術制作:桂  誉和)(美術プロデューサー:平野 裟一)(装置:大森 俊也)(大道具操作:桑原 敏行)(建具:阿部 英之)(電飾:今村 和之)(装飾:栗本 誠治田辺 章浩)(生花:遠山  徹)(植木:水上 貴道)(衣裳:岡村 美香門倉  誠)(化粧:濱田 晃奈小泉 尚子)(持道具:村石 幸二)(特殊メイク:江川 悦子

Tag Cloud

橋田 岸本加世子 岩崎 大杉漣 泉ピン子 荒井光明 和田利子 大原医師 薬師丸ひろ子 音源提供 関東中央病院 一人称 伺える 岩崎嘉一 人生 遠藤正人 中村梅雀 夫婦 カシオ計算機 どん底 描く 熱海 冒頭 再現 取り組む 持ち込む 振り返る 小泉孝太郎 綴る クス

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供