• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データミステリー作家六波羅一輝の推理2 京都・陰陽師の殺人~洋館に響く悲鳴!呪いで人は殺せるか!?推理オタクが挑む!華麗な一族千年の秘密!!

次の小説が傑作でなければ後がない崖っぷちのミステリー作家、六波羅一輝(上川隆也)は、担当の編集者、北村みなみ(横山めぐみ)に連れられ、京都へ取材旅行。一輝に陰陽師を絡めた殺人ミステリーを書いてもらおうと意気込むみなみの鼻息は荒い。というのも、今回の小説が傑作でなければ、みなみのクビも危ういのだ。学芸員の堂間凌子(木内晶子)と待ち合わせ場所で落ちあい、陰陽師の目一(金子昇)のいる護摩堂へ向かう一行。だが、目は、急病人の祈祷のために東京へ行くと言い残し、立ち去ってしまう。戸惑う一輝とみなみだったが、凌子の計らいで三方家の屋敷に泊めてもらうことになり、一安心。三方家は京都の名家で、凌子は三方家で家政婦をする叔母に引き取られ、今も屋敷で暮らしていた。三方家では、当主、三方成美(夏八木勲)の一人娘、まゆみ(中山エミリ)の婚礼が整い、許嫁で名門子息の大槻賢(山下徹大)の姿もあった。2人から、結婚式の引き出物にするため、三方家の歴史を本にまとめてほしいと頼まれる一輝とみなみ。実は三方家は京都で千年続く陰陽師の家系であり、成美は占いを受け継いでいた。そんななか、まゆみの許嫁の大槻が殺害される。現場には、陰陽師が使う人形(ひとがた)が残されていた。人形とは陰陽師が式神に使う物で、式神とは陰陽師の手足となって働く鬼神のこと。これを見た一輝は、目の護摩堂で見た人形と同じだと気づき、再び、目を訪ねる。すると目は、式神を使って大槻賢を呪い殺したと刑事に告げていた。だが、殺害時刻に目は東京で祈祷していたはず。案の定、目のアリバイが成立する。完璧なアリバイと式神による殺人!これをそのまま小説にいただこうと喜ぶみなみだが、当の一輝は、式神に殺せるはずがないと、事件の推理にのめりこんでいく。一方、三方家では、成美が招待した経済団体の会長に、まゆみの新たな婿を世話してほしいと頼み、一輝やみなみを呆れさせる。さらに、大槻を呪い殺したと宣言した目まで呼び、私も呪い殺してみろと挑発。そんな様子に耐えかねて退席したまゆみのあとを追った一輝とみなみは、彼女から、過換気症候群で精神科医の真庭先生(大浦龍宇一)に世話になっていること、そして、三方家の一人娘としての宿命について語る。許嫁と結婚する宿命を受け入れるつもりだったけれど…、と話すまゆみの胸中に去来するのは…。その頃、大広間では、退席したまゆみに代わり、凌子が三方家に伝わる歓迎の舞を踊っていたが、舞の途中で突然、悶え苦しみ、絶命。一輝は、凌子がつけていた面に毒が塗られていたと推理する。だが、目は自分が凌子を見せしめのために呪い殺したと告げ、次は成美を呪い殺すと宣告する。次から次へと生まれる謎がどうしても気になる一輝。凌子が殺害されたとき、三方家に出入りする舞妓に、目がなにやら耳打ちした姿を目撃していた一輝は、同郷の2人を調べようと動き出す。だが、一輝を引きとめるみなみ。今度こそ、傑作を書かねばならないのに、小説の構想すら練っていない。だが、一輝の猛進は止まらない。訪ねた目家のお墓で新たな手掛かりを発見。はたして、真犯人はだれなのか。一輝は小説そっちのけで、殺人事件の謎に迫る。【以上、テレビ朝日広報資料より引用】放送時間は、「世界フィギュアスケート国別対抗戦2012」放送のため30分繰り下げ(土曜21:30~23:21)。ドライバー:小島 幸市、北村 琢也、津田 郁代、善養寺 満。車両:コンガス、フォレスト、ヤサカ自動車、ショーカープロ・おの(ショーカープロオノ)。協力:HEART-S、MPO。ロケ協力:滋賀ロケーションオフィス、ひょうごロケ支援Net、京都市フィルム・オフィス、神戸フィルムオフィス、入間市役所、成田国際空港、博物館明治村、八幡堀を守る会、CLUB HARIE、松山大学温山記念会館、神戸迎賓館、北村かやぶきの里保存会、赤山禅院、京都府庁旧本館、京都東急ホテル、東映京都撮影所。【役名(演技者)】六波羅一輝(上川隆也)、北村みなみ(横山めぐみ)、三方まゆみ(中山エミリ)、目一(金子昇)、真庭燿介(大浦龍宇一)、堂間凌子(木内晶子)、大槻賢(山下徹大)、住職(竜雷太)、三方成美(夏八木勲)。
キー局 ABC 放送曜日 放送期間 2012/04/21~2012/04/21
放送時間 21:30-23:21 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 土曜ワイド劇場
主な出演 上川 隆也横山めぐみ夏八木 勲河合美智子中山エミリ竜  雷太(特別出演)、金子  昇大浦龍宇一山下 徹大木内 晶子宮田 圭子榎園 実穂朱伽幹戸ソビア(子役)、田中 弘史楠  年明蟷螂  襲佐田 修典中岡 優介勇家 寛子幸世清水 智子秋山まゆ花赤ん坊)、キャストプラン、大阪ダンス&アクターズ専門学校の皆さん、(陰陽師指導:高橋 圭也)(京都弁 所作指導:勇家 寛子)(日本舞踊振り付け:猿若加於理
主な脚本 田子 明弘
主なプロデューサ 皆元洋之助東通企画)、上川  栄東通企画)、内片  輝(ABC)、郷田 美雄(ABC)、(スチール:小鮒 利也
主な演出 (監督:元村 次宏東通企画))(助監督:大畑 拓也鈴木  統齋藤 和裕)(記録:堤 眞理子堤 真理子))
原作 鯨 統一郎「京都・陰陽師の殺人 作家六波羅一輝の推理」(中公文庫)
局系列 ANN
制作会社 (制作:東通企画、ABC)
制作 古野 忠司、羽出 和也、松村 隆司、(制作担当:木村 正人)(制作デスク:原田 育子)
企画 (番組宣伝:福永 喜夫(ABC)、高内三恵子(ABC)、阪本 美鈴(ABC))
音楽 (MA:右田 安昌)(選曲:原田 慎也)(効果:安藤 友章)(邦楽:中本  哲)(協力:メディアハウス)(音楽協力:テレビ朝日ミュージック)
主題歌 (エンディングテーマ:熊木 杏里「今日になるから」(ワーナーミュージック・ジャパン))
撮影技術 古川 好伸井上侑美子、(照明:兼岩  克(ABC)、宮脇 正博西島  亮吉貝 牧子)(録音:関川 力央高橋 智香高橋  俊)(VE:川本 龍文(ABC))(編集:曽根原 護紀伊 正志)(CG:豊  直康)(技術デスク:星  宏美)(協力:フォーチュン東通、日本映像クリエイティブ)
HP
美術 (装飾:山本 信毅岩田 智久西川由紀夫)(持道具:鶴岡 久美)(衣裳:松下 麗子市川 竜次)(メイク:齋藤恵理子鈴木 將夫(横山めぐみ担当)、蜂須賀佳代)(舞妓・芸妓化粧結髪衣裳:東和美粧)(協力:東京美工

Tag Cloud

一輝 みなみ 三方家 凌子 陰陽師 式神 まゆみ 呪う 上川隆也 大槻賢 成美 許嫁 小説 夏八木勲 祈祷 北村みなみ 退席 堂間凌子 横山めぐみ 人形 殺す 山下徹大 木内晶子 金子昇 京都 大浦龍宇一 宿命 田子明弘 屋敷 推理

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供