• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ小杉健治サスペンス 偽証法廷~信じた友は連続殺人犯!?刑事が踏み越えた許されざる一線!守るべきものは正義か?それとも…

葛飾区内のマンションの一室でOLが絞殺された。現場に駆けつけた葛飾中央署の刑事・大場徳二(寺脇康文)は、すぐに現場の異様な様子に気づく。犯人は殺害後、被害者を仰向けにして髪を整え、着衣を直し、両手をお腹の上で重ねさせていたのだ。大場はベッド脇に龍の彫り物のある古いネックレスが落ちているのを見つけ、とっさにそれをポケットに入れてしまう。そのネックレスに見覚えがあったのだ…。それは、大場が昔、同郷の幼なじみ・右田克夫(松重豊)にプレゼントしたものだった。暴力団員だった克夫は、大場が警察官になったのを機に連絡を絶ち、姿を消してしまっていたが、去年大場のもとに年賀状を送って来ていた。大場は年賀状に書かれた住所を頼りに、克夫の行方を探し始める。しかしその矢先、新たな事実が発覚する。今回と同様の手口の殺人事件が、過去に荒川、杉並でも起こっていたのだ。どの事件も被害者の髪の長さは肩までで、ゆるいパーマをかけており、遺体は仰向けにされ、お腹のあたりで手を重ねていた。それらの現場から遺留品は発見されておらず、大場が今回とっさに持ち去ってしまったネックレスが唯一の物証であることも判明する…。単独捜査を始めた大場は、克雄が杉並で息子の敏勝(三浦貴大)とともに暮らしていたことを突き止める。克夫は去年の秋に敏勝とともに故郷の墓参りに行き、墓地のそばの山中に敏勝とともに消えたのを最後に、行方が途絶えてしまっていた…。その後、山中からは敏勝が一人だけで戻ってきたが、その際、克夫のネックレスを身につけていたという。一連の犯行は克夫ではなく息子の敏勝によるもので、克夫もすでに敏勝に殺されてしまったのではないか…?大場はそう直感する。やがて大場は、ネックレスの内側に敏勝の母親・千春の顔写真が貼られているのを見つける。その写真は、かつて大場の就職を祝って、大場と克夫、克夫の妻・千春の3人で撮ったもので、大場も同じものを持っていた。自分が持っている写真を見返した大場は、千春が被害者たちと同じ髪型をしており、お腹のあたりで手を組んで写っていることに気づく。大場が敏勝の存在にたどり着いた頃、合同捜査本部も敏勝の存在にたどり着いていた。しかし、任意の事情聴取では敏勝を追い詰めることができず、捜査陣は敏勝の異常性に気づきながらも、なす術をなくしていた。そこで大場は、敏勝を秘密裏に呼び出し、自首するよう迫る。しかし敏勝は、不法に現場から持ち出されたネックレスに証拠能力がないことを熟知しており、一連の犯行が自分の手によるものであることをほのめかしつつも、大場を挑発して去って行ってしまう。自らの行動によって唯一の物証を潰してしまい、追い詰められた大場。ところがそんな折、再び同様の手口で新たな殺人事件が発生し…。【以上、テレビ東京広報資料より引用】映像提供:TX。協力:チャチャラ、アーバン・ロケサービス。撮影協力:千葉都市モノレール、中央大学法科大学院、アムティック、東日本旅客鉄道、相模原フィルム・コミッションつくい事務局。【役名(演技者)】大場徳二(寺脇康文)、大場久美子(藤谷美紀)、右田敏勝(三浦貴大)、新谷潤一郎(嶋田久作)、関井警部補(田中要次)、万城目邦彦(眞島秀和)、阿部管理官(東根作寿英)、佐山寛(山中聡)、右田克夫(松重豊)。
キー局 TX 放送曜日 放送期間 2012/04/04~2012/04/04
放送時間 21:00-22:48 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 水曜ミステリー9
主な出演 寺脇 康文藤谷 美紀松重  豊嶋田 久作三浦 貴大眞島 秀和田中 要次東根作寿英山中  聡犬飼 若博深水 元基迫田 孝也ヘイデル龍生和泉今日子石黒 久也植松  洋松村  明山川 マキ上原 由恵重住  綾小貫 加恵坂本 文子西田  薫小西  雄山田 敦彦谷藤  太相内 優香(TX)、渡辺  健下村 彰宏岩田  丸小柳ふよう下間志都香白樺 真澄本宮 玲奈西野 隼人平田 敬士中村 大悟クラ蔵原  健)(クレジット表示なし)、川守田政人(クレジット表示なし)、ウォーターブルー中野笑店芸プロ、(擬斗:山田 一善
主な脚本 森下  直
主なプロデューサ (チーフプロデューサー:小川  治(TX))(プロデューサー:池端 俊二加藤 賢治中川 順平(TX))(スチール:金刺文三夫
主な演出 (監督:渡邊 孝好)(助監督:斉藤 博士瀬戸 慎吾)(法律監修:久島 和夫)(警察監修:杢尾  堯)(スクリプター:黒河内美佳
原作 小杉 健治「偽証法廷」(双葉社)より
局系列 TXN
制作会社 (製作:LICRI、TX、BSジャパン)
制作協力 (企画協力:ブラス)
制作 (制作担当:近藤  博)(制作主任:篠原 真貴)
企画 (番組宣伝:荒井 正和(TX))
音楽 (オープニング音楽:川崎 真弘)(選曲:佐古 伸一)(効果:栗山 伸彦)(音楽協力:テレビ東京ミュージック)
主題歌 (エンディングテーマ:坂本 冬美「こころが」(作詞:松尾  潔、作曲:松尾  潔豊島 吉宏)(EMIミュージック・ジャパン))
撮影技術 安田  圭(J.S.C)、(照明:田中  岳)(音声:矢川 祐介)(VE:山本 直紀)(編集:岡田 久美)(本編集:山本 浩三)(技術デスク:星  宏美)(協力:フォーチュンオムニバス・ジャパン
美術 加藤 健一、(装飾:齋藤  卓)(小道具:小田 正志)(スタイリスト:野村 明子)(メイク:西島 容子)(オープニングCG:堀内  肇浅田 弥彦)(協力:アイ・アール

Tag Cloud

大場 敏勝 克夫 ネックレス 寺脇康文 松重豊 お腹 三浦貴大 仰向け 藤谷美紀 杉並 現場 とっさ 年賀状 物証 気づく 一連 手口 たどり着く 山中 森下直 追い詰める 唯一 重ねる 行方 犯行 写真 見つける 被害者 存在

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供