• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ判決(1)(第121回)血に叛くもの

徹夜勤務をして帰宅した工員・貝塚拓次(金井進二)は、弟の淳(吉野憲司)が血を売りに行ったことを聞き、止めようと後を追う。そして血液銀行で口論し、弟を殴った。弟は極度の貧血状態だったため、ショック死してしまい、拓次は傷害致死罪で起訴される。弁護を依頼された田中(沢本忠雄)は、なぜ被告が肉親である被害者を殴らねばならなかったか、また被害者がなぜ、軽度の衝撃で死に陥ったかという点を力説し、執行猶予の線に持ち込もうとした。血を売ることによって落ち込んだ貧しい一家の悲劇を通じて、売血制度の現状を考えるとともに、献血の必要を訴えようとする。【以上、読売新聞1965/02/03付より引用】【役名(演技者)】弁護士・田中良平(沢本忠雄)。
キー局 NET 放送曜日 放送期間 1965/02/03~1965/02/03
放送時間 21:00-22:00 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 沢本 忠雄金井 克美、(以下、非レギュラー金井 進二吉野 憲司鈴木 光枝石黒 達也三木 弘子舟橋  元関  京子
主な脚本 深沢 一夫
主な演出 荻野 隆史
局系列 ANN
制作会社 NET
音楽 渡辺 浦人渡邊 浦人

Tag Cloud

沢本忠雄 金井克美 吉野憲司 金井進二 深沢一夫 殴る 売る 貧血状態 徹夜勤務 血液銀行 傷害致死罪 売血制度 献血 拓次 軽度 被害者 ショック死 力説 金井進 極度 肉親 被告 現状 口論 荻野隆史 起訴 止める 田中 弁護士・田中良平 陥る

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供