• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ巻頭句の女 前編・後編

施療院「愛光園」に入院している志村さち女からの句誌「蒲の穂」への投句は今月でもう四か月も途絶えていた。ある日、病院の近くで句会が開かれたので麦人(加藤嘉)と同人の藤田青沙(前沢迪雄)は「愛光園」にさち女をおとずれた。ところがさち女は三か月も前に結婚する人が現われ、みよりのない彼女の引き取り人となっていったということだった。青沙は東京へもどると病院できいたその男、中野の岩本英太郎氏をおとずれた。病人をだましてまで、金と女を得ようとする人間の醜さを描く。【以上、読売新聞1962/06/28付より引用】【役名(演技者)】麦人(加藤嘉)、青沙(前沢迪雄)、愛光園院長(高橋正夫)。
キー局 NHK 放送曜日 木金 放送期間 1962/06/28~1962/06/29
放送時間 22:15-22:45 放送回数 2 回 連続/単発 単発
番組名 黒の組曲(第13集)
主な出演 加藤  嘉前沢 迪雄高橋 正夫灰地  順
主な脚本 (脚色:川崎 九越
原作 松本 清張
局系列 NHK
音楽 別宮 貞雄

Tag Cloud

前沢迪雄 加藤嘉 愛光園 青沙 松本清張 高橋正夫 ちる おとずれる 麦人 岩本英太郎 愛光園院長 句誌 投句 引き取り人 施療院 同人 病院 句会 病人 藤田 もどる 別宮貞雄 途絶える 志村 醜い 中野 灰地順 きく 得る みる

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供