• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ鬼平外伝 夜兎の角右衛門(鬼平外伝(1))

「鬼平犯科帳」シリーズの原点ともいうべき、「盗賊」を描いた時代劇ドラマ。昔、夜兎の角右衛門(中村梅雀)という大盗賊がいた。金持ちは世の中から金銭を奪って私腹を肥やしている。その金と力のあるやつらから盗み取るということは単に盗み返すだけのことだから悪いことではない??。そんな盗人にも三分の理があるという理屈で、お務めならぬ"お盗め"と称して盗賊を続ける角右衛門だった。その角右衛門には、先代・夜兎の角五郎(中村敦夫)から受け継ぎ、自分とその一味に厳しく課す三つの掟があった。「一、盗まれて難儀するものへは、手を出すまじきこと。一、つとめをする時、人を殺傷せぬこと。一、女を手ごめにせぬこと。」この夜兎の掟を守ってきた角右衛門は、一度もお縄をかけられたことがない。それ故、先代同様に畳の上で往生できるものと思っていた。ある日、町で拾った大金を落とし主に返す女乞食・おこう(荻野目慶子)の姿に心打たれた角右衛門は、料理屋でおこうに鰻をふるまう。おこうには片腕がなかった。聞けば、七年前に奉公していた駿河の紙問屋で、押し入った盗賊の手下のひとりに斬り落とされたという。角右衛門はわが耳を疑った。あのお盗めはまさに角右衛門らの仕業だったが、その際、手下の綱六が鉄の掟を破り、なんの罪もないおこうの右腕を斬り落としていたのだ。角右衛門は盗人の面よごしになったとして、一味を解散し、特別警察ともいうべき火付盗賊改方へ名乗り出ることを決意する…。果たして、大盗賊の掟を破った角右衛門の人生の結末は…。【以上、時代劇専門チャンネル広報資料より引用】協力:八木かつら、松竹衣裳、新映美術工芸、高津商会、国立国会図書館、岩橋美術、人文社、イマジカウェスト。ロケ協力:御室 仁和寺、京都 大覚寺、京丹後市観光振興課。【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 CSスカチャンHD800 放送曜日 放送期間 2011/01/03~2011/01/03
放送時間 21:00-22:30 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 時代劇専門チャンネルPresents
主な出演 中村 梅雀石橋 蓮司中村 敦夫平泉  成荻野目慶子渡辺  梓左 とん平本田博太郎山崎銀之丞蟹江 一平林家 三平伊藤洋三郎南條 瑞江吉澤  健本城丸 裕野口  寛円堂 耕成柊  瑠美瀬川 寿子中丸シオン平井  靖細川 純一藤原ひろみ金築 弘子加藤 正記宮嶋 麻衣藤森周一郎宮本 愛子中島 多朗東田 達夫丸尾 好広大迫 英喜山村嵯都子中島 崇博石原 広明荒井 知啓前田 莉緒後藤 凪彩松竹京都俳優G、(ナレーター:野間 脩平
主な脚本 金子 成人
主なプロデューサ 宮川 朋之(日本映画衛星放送)、小川 英洋(日本映画衛星放送)、佐生 哲雄松竹)、足立 弘平松竹)、(プロデューサー補:西  麻美松竹))(スチール:北脇 克己)(広報:菅谷 和紀(日本映画衛星放送)、大谷 桃子(日本映画衛星放送)、箕田 妃希(日本映画衛星放送))
主な演出 (監督:井上  昭)(監督補:酒井 信行)(助監督:前原 康貴)(監修:能村 庸一)(殺陣:宇仁 貫三)(メイキング:塚田 洋子(日本映画衛星放送)、菊池 武博(共同テレビ))(スクリプター:竹内美年子
原作 池波正太郎「白浪看板」(短編集「にっぽん怪盗伝」(角川文庫刊))
局系列 他系列
制作会社 (制作:日本映画衛星放送、松竹)
制作協力 (製作協力:松竹京都撮影所、スカパーJSAT)
制作 (製作担当:阿曽 芳則)(製作主任:溝口  豊)(製作進行:姜  勇気)(演技事務:山緑 美春、松本 保子)
企画 酒井  彰(日本映画衛星放送)
音楽 遠藤 浩二、(調音:上床 隆幸)(効果:藤原  誠
撮影技術 江原 祥二、(照明:林  利夫)(録音:中路 豊隆)(編集:園井 弘一)(オンライン編集:岩下 純也
HP
美術 佐藤絵梨子原田 哲男、(装飾:木下  保)(持道具:小田  忍)(衣裳:木田 文雄)(床山:八木 光彦曽我 恒夫)(結髪:津村 直美)(美粧:片岡史穂子)(特機:春田 耕市)(劇中画:勝又つかさ)(料理協力:嵐山 うなぎ料理 廣川

Tag Cloud

角右衛門 盗賊 中村梅雀 盗む 盗人 石橋蓮司 手下 返す 破る 一味 荻野目慶子 中村敦夫 落とす CSスカチャンH... 金子成人 斬る 殺傷 特別警察 小川英洋 難儀 人文社 鬼平犯科帳 私腹 宮川朋之 名乗り出る 八木かつら 原点 酒井彰 金持ち 押し入る

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供