• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ吉宗評判記 暴れん坊將軍(第199回)最後に微笑った悪い奴(「微笑」にルビ「わら」が付く)(吉宗評判記 暴れん坊将軍(1))

『暴れん坊将軍』(放送期間1978/01/07~1982/05/01、全207回)のエピソードの一つ。「め組の源三(園田裕久)と釣りに出かけた吉宗(松平健)は、本所枕橋のたもとに若い女の死体が浮かんでいるのを見つけた。源三の知らせで駆けつけた町方役人が女を引き上げて調べたところ、女の首には絞められたあとが残っていた。どうやら女は、絞め殺されたあと、川に捨てられたらしい。役人が死体をあらためているとき、吉宗はヤジ馬の中に不審な男がいるのを見つけた。男は吉宗と視線があうと、あわててその場を立ち去っていく。そこで吉宗は、男のあとを追いはじめた。ところが、その直後に現場に一人の浪人が現れ、役人を峰打ちで倒すと、ヤジ馬の中にいた甚太という町人にむりやり女の死体を担がせ、連れ去ってしまったのだったーー。【この項、KBS京都 番組広報資料より引用】」【役名(演技者)】徳川吉宗(松平健)、大岡忠相(横内正)、辰五郎(北島三郎)、加納五郎左衛門(有島一郎)、おさい(春川ますみ)、龍虎(龍虎)、おその(夏樹陽子)、おまち(岐邑美沙子)、大月半蔵(和崎俊哉)、源三(園田裕久)、常(阿波地大輔)、鉄(井上茂)、久(谷崎弘一)、お志乃・お志津[二役](小林かおり)、千歳屋加右衛門(小林昭二)、工藤伝八郎(遠藤征慈)、堀田甲斐(江見俊太郎)、八代屋徳兵衛(牧冬吉)、田所数馬(野口貴史)、勘太(有光豊)、伊駒(大木晤郎)、文七(妹尾和夫)、おてい(芦原薫)、犬塚(丘路千)、熊田(宍戸大全)、当八(中島茂樹)、茂作(宮城幸生)、権堂(壬生新太郎)、芸者(花柳陽要)。
キー局 ANB 放送曜日 放送期間 1982/02/27~1982/02/27
放送時間 20:00-20:54 放送回数 1 回 連続/単発 連続
主な出演 松平  健横内  正北島 三郎有島 一郎春川ますみ龍虎夏樹 陽子岐邑美沙子和崎 俊哉園田 裕久阿波地大輔井上  茂谷崎 弘一、(以下、非レギュラー小林かおり小林 昭二遠藤 征慈江見俊太郎牧  冬吉野口 貴史有光  豊大木 晤郎妹尾 和夫芦原  薫丘路  千宍戸 大全中島 茂樹宮城 幸生壬生新太郎花柳 陽要、(振付:藤間 紋藏藤間 紋蔵))(擬斗:三好 郁夫東映剣会))(特技:宍戸 大全)(ナレーター:若山 弦蔵
主な脚本 迫間  健はざまたけし
主なプロデューサ 宮川 輝水(東映)、渡辺  操(東映)、小澤 英輔(ANB)
主な演出 (監督:荒井 岱志)(助監督:斎藤 一重)(記録:梅津 泰子
局系列 ANN
制作会社 (制作:東映(京都撮影所)、ANB)
制作 (進行主任:俵坂 孝宏)(演技事務:加島 幹也)
音楽 菊池 俊輔菊地 俊輔…誤り)、(和楽監修:中本 敏生)(整音:格畑  学
主題歌 北島 三郎「炎の男」(作詞・作曲:原  譲二、編曲:池多 孝春
撮影技術 勝木 勝夫、(照明:加藤 平作)(録音:今出  光)(編集:玉木 濬夫)(現像:東洋現像所
HP
美術 山下 謙爾、(装置:増田 道清)(装飾:山中 忠知)(美粧結髪:東和美粧)(衣裳:植田 光三)(小道具:高津商会

Tag Cloud

松平健 吉宗 ヤジ馬 あと 北島三郎 横内正 迫間健 死体 役人 龍虎 園田裕久 峰打ち 本所枕橋 堀田甲斐 見つける 権堂 春川ますみ あらためる 引き上げる 谷崎弘一 夏樹陽子 絞める 岐邑美沙子 井上茂 町人 視線 野口貴史 勘太 大月半蔵 有光豊

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供