• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ花の誇り(新聞ラテ欄表記…「花の誇り~藤沢周平の傑作、女の戦いと友情、仇を討ちます!」)

田鶴(瀬戸朝香)と三弥(酒井美紀)はお城で行儀見習いをした友だちだった。田鶴は兄の新十郎(山口馬木也)が若くして切腹した理由を、兄と相思相愛だった三弥にふられた為だと思っていた。それから十数年後。田鶴の婿・織之助(田辺誠一)と、三弥の夫・宗方惣兵衛(葛山信吾)が家老の座を争うことになる。三弥だけには負けたくない。田鶴は気弱な夫の尻を叩く。そんな折、田鶴が刺客に襲われた旅の侍を救う。田鶴は小太刀の名手だった。旅の侍、関根(山口馬木也・二役)は兄とそっくりで、藩内の不正を暴く密書を携えていた。やがて田鶴は筆頭家老(石橋蓮司)の陰謀の渦に巻き込まれてしまう。秋祭りの夜、関根はおびき出され、護衛の家士(河合龍之介)ともども殺される。家士と客人の仇を討つ! 田鶴の行く手に、三弥が立ち塞がる――。【以上、NHK広報資料より引用】「藤沢周平の短編小説「榎屋敷宵の春月」が原作の時代劇。藤沢作品には珍しく、小太刀使いの武家の妻が主人公。寺井由鶴(瀬戸朝香)は組頭の家の養女。夫の織之助(田辺誠一)も婿養子だが、頼りない。織之助は家老候補の一人に挙がるものの、田鶴の旧友・宗方三弥(酒井美紀)の夫が最有力と目されていた。ある夜、寺井家の家の前で、江戸藩邸からの密使・関根友三郎(山口馬木也)が何者かに襲われ、田鶴が助ける。関根は亡き義兄・新十郎にうり二つ。義兄に恋心を抱いていた田鶴の心は揺れる。関根は藩の不正にかかわる密書を携えていた。関根暗殺の場面を、原作にない祭りのにぎわいの中に設定し、劇的に仕上げた演出が映える。藤沢作品は映画やテレビで何度も映像化されているが、違いを出そうと努力する制作者の姿勢を垣間見た。【この項、文・大室一也氏(「朝日新聞」2008/12/20付「試写室」より引用】」【出典:ドラマ本体のクレジット表示より採録(採録:古崎康成)】
キー局 NHK 放送曜日 放送期間 2008/12/20~2008/12/20
放送時間 21:00-22:27 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 時代劇スペシャル
主な出演 瀬戸 朝香酒井 美紀田辺 誠一石橋 蓮司山口馬木也葛山 信吾松金よね子平田  満大谷 亮介咲   輝遠藤 憲一小林 勝也村杉蝉之介河合龍之介天城 純子浜田 美優内藤もゆの川畑 一志八波 一起飯島 大介大森啓祠朗峯 のぼる嶺 のぼる峰 のぼる)、片岡 富枝白洲 慶子白須 慶子)、加藤 厚史村松 恭子伊藤 幸純谷口 公一不二子井上 直美小貝 珠樹桑名 里瑛山中 ゆき天野 勝弘猪又 武春森田 祐吏信國 輝彦水内 清光山田 公男映見内 咲松本 梨沙佐野 葉子大矢 晃弘(クレジット表示なし)、久世七曜会藤間蘭黄社中、テアトルアカデミー、東俳ひまわりエンゼルプロ原宿よさこい連東京高円寺阿波踊り振興協会、つくばみらい市の皆さん、(殺陣指導:久世  浩)(振付・所作指導:藤間 蘭黄)(茶道指導:秋山 宗和)(庄内竿づくり指導:常盤 敬一
主な脚本 宮村 優子
主な演出 吉村 芳之(NHKエンタープライズ)、(時代考証:大石  学)(風俗考証:北原  進)(記録:藤澤 幹子
原作 藤沢 周平「榎屋敷宵の春月」より(「麦屋町昼下がり」所収)
局系列 NHK
制作会社 (制作:NHKエンタープライズ)(制作・著作:NHK)
制作 (制作統括:菅野 高至、若泉 久朗)
音楽 遠藤 幹雄、(お囃子作曲:梅屋喜三郎太田  豊星  英顕)(音響効果:久保 光男
撮影技術 望月 英邦、(技術:室  敏雄)(照明:工藤  晃)(音声:佐藤 清己)(映像技術:佐々木盛俊)(編集:石川真紀子)(技術協力:NHKメディアテクノロジー
美術 川口 直次、(美術進行:小林 大介)(美術協力:NHKアート)

Tag Cloud

田鶴 三弥 瀬戸朝香 関根 酒井美紀 山口馬木也 田辺誠一 藤沢作品 織る 家士 密書 携える 義兄 宮村優子 夫・宗方惣兵衛 小太刀使い 客人 襲う おびき出す 映える 葛山信吾 原作 立ち塞がる 遠藤幹雄 制作者 十郎 婿養子 祭り 吉村芳之 珍しい

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供