• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ芸術祭参加ミュージカル 絶望のそばを突っ走れ

第15回芸術祭参加作品。現代の不安と愛の結びつきを描いた異色のミュージカル。下村むつみ(芳村真理)は21歳になるドライ娘。父が経営する工場で、ある特殊な製品を作ろうとしていることを知り、労働組合の委員長をそそのかしてマリヤ作戦と称する陽気なストライキをやらせ撃滅をはかる。それを知った父の顧問弁護士である河島信久(岡田英次)はむつみの企みを粉砕しようとするが、横合いからゆすり専門の木村進一(草薙幸二郎)という青年にむつみを人質にされ金をゆすられる。「ストーリーを一言で書くと、裕福な家族の娘が突然反抗して突飛な行動に出るというもので、無鉄砲に謀叛を起こす面白さを表現しようとした。しかし、普通のドラマ作りとは勝手が違い制作費はうなぎのぼり、さらにスタッフとのやりとりをはじめ惑うことばかりで、手のつけられない惨状となってしまった。これに懲りてしまった伊藤松朗は、その後ミュージカルの制作には手をつけないようになった。【この項、志賀信夫著「映像の先駆者125人の肖像」(2003/03/30発行、日本放送出版協会刊)より引用】」
キー局 CBC 放送曜日 放送期間 1960/10/16~1960/10/16
放送時間 21:30-22:30 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 東芝日曜劇場(第203回)
主な出演 岡田 英次斎藤 達雄斉藤 達雄斉藤 達男)、小坂 一也故里 明美故里 千秋)、草薙幸二郎芳村 真理大塚 竜司堀内  完(振付も)、堀内完ユニークバレエ団、(振付:堀内  完出演も)、)
主な脚本 (作:藤田 敏雄
主なプロデューサ 伊藤 松朗
主な演出 千野 栄彦
局系列 JNN
制作会社 CBC
音楽 (作曲:前田 憲男半間 厳一
主題歌 淡谷のり子
撮影技術 (照明:今井 直次
美術 (写真セット:早咲オサム

Tag Cloud

岡田英次 斎藤達雄 むつみ 淡谷のり子 ミュージカル 伊藤松朗 小坂一也 木村進一 下村むつみ 芳村真理 河島信久 ゆすり専門 つける 労働組合 撃滅 惨状 粉砕 ストライキ 製品 懲りる うなぎ 故里明美 のぼる 千野栄彦 ドラマ作り ゆする 知る 企む 表現 草薙幸二郎

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供