• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ千の風になってドラマスペシャル第3弾 はだしのゲン 前編・後編(前編 戦争の真実を描いた名作、初ドラマ化!原爆の悲劇に負けず強く生きた家族の愛の物語)

太平洋戦争末期の広島。慢性的な食糧難が続き、朝晩の区別なく空襲警報が鳴り、日本は敗戦への道を着実に進んでいた。しかし国は徹底抗戦の構えをますます強くし、二十歳前の少年たちにも赤紙が届き、一方で戦死の報せが相次いだ。そんな中、中岡大吉(中井貴一)は下駄の絵付け職人を営みながら、 妻の君江(石田ゆり子)に支えられ、4人の子供たちを懸命に育てていた。家族思いの長男の浩二(中尾明慶)、体が弱いながらも家事を手伝う長女の英子(小野明日香)、腕白で口は悪いが底抜けの明るさと優しさを持つ元(小林廉)、末っ子で甘えん坊の進次(今井悠貴)。そして近くもう一人子供が生まれる。町外れにある麦畑では、まもなく豊かな穂が実る。その麦で作るパンやうどんを食べることを心待ちにしている子供たちに大吉はいつも「麦のように、踏まれても強くたくましく生きろ」と教えていた。軍部が本土決戦、国民総玉砕を唱える中、大吉は徹底して反戦を唱えていた。そのため中岡家は日ごろから非国民とさげすまれ、いじめられている。しかし元は、いつも元気いっぱい。弟の進次と一緒に歌い、笑い、家族に光をもたらしていた。あるとき、大吉が憲兵に逮捕され、投獄されてしまう。反戦主義者への取調べは厳しく、拷問に近いものだったが、それでも大吉は、自分の反戦の考えは間違っていないと君江を励ます。ようやく大吉が釈放され、一家はまた一緒に暮せるようになるのだが、町民からの嫌がらせはひどくなる一方だった。その状況に耐えかねた長男の浩二が出征を決意する。驚く君江、そして大吉は猛反対するが、それを押し切り出征していく浩二。そして運命の8月6日――。青空が広がる広島の、いつもと変わらぬ朝。草の入った汁の椀が並んだ食卓で、大吉が「今日麦を刈る。よう辛抱したな」と子供たちに話す。元と進次は走り回って大喜び。元はいつにも増して元気に学校へ走って行った。その直後、8時15分。上空600メートルで世界初の原子爆弾が炸裂した。【以上、フジテレビ広報資料より引用】「1973年に「少年ジャンプ」に連載されて以来、広く読み継がれている中沢啓治の自伝的作品のドラマ化。【この項、文・練馬大根役者】」撮影協力・武雄市役所(1)、広島平和記念資料館(1)(2)、みろくの里(1)、大井川鐵道(1)、九州旅客鉄道(1)、旧上岡小学校保存の会(1)、常総市青少年の家(1)(2)、AP&PP高萩事務所(1)(2)、広島フィルムコミッション(1)(2)、いばらきフィルムコミッション(1)(2)、佐賀県フィルムコミッション(1)、高萩市/大子町/常総市(1)、高萩市/常総市/石岡市(2)、広島市の皆さん(1)、広島の皆さん(2)、北九州市の皆さん(1)、福山市の皆さん(1)、大子町の皆さん(1)、常総市の皆さん(1)、高萩市の皆さん(1)(2)、武雄市の皆さん(1)、岡山県立津山高等学校(2)、力新堂接骨院(2)、新八芸鉱山株式会社(2)、丸亀市本島市民センター(2)、笠島町並保存協会(2)、塩飽建設(2)、金村別雷神社(2)、坂野家住宅(2)、正覚院(2)、岡山県フィルムコミッション推進協議会(2)、いわきフィルム・コミッション協議会(2)、香川フィルムコミッション(2)、丸亀市観光協会(2)、三豊市(2)、丸亀市本島の皆さん(2)、三豊市大浜の皆さん(2)ほか。協力・フジアール(1)(2)、渋谷ビデオスタジオ(1)(2)、バスク(1)(2)、ビデオスタッフ(1)(2)、東新(1)(2)、日活撮影所(1)、府中多摩スタジオ(1)(2)、富士映画(1)(2)、マエダオート(1)、アルツ(1)、AND FILM STUDIO(1)、関西ロケーションサービス(1)、K&R(1)(2)、テレビ新広島(1)(2)、サガテレビ(1)(2)、鈴木商店(2)。映像提供・クリエーションファイブ(1)(2)。写真/記事提供・中国新聞社(1)、朝日新聞社(1)(2)、毎日新聞社(1)(2)、浜本重美(1)、菊池俊吉(2)、山端庸介(撮影1946.8.10長崎)(2)、林  重男(2)、宮武  甫(2)、松本 栄一(2)、岸田 貢宜(2)、岸田 哲平(2)、松重 三男(2)、平和博物館を創る会(2)。取材協力・佐々木典明(1)(2)。医療指導・いばらきレディースクリニック(2)。時代考証・寺田 近雄(1)(2)。下駄絵付指導・川口 勇作(1)(2)。美術協力・杉本興業(1)(2)、沼南開発(1)(2)。後編は8/11(土)21:00-23:10放送。【データ協力・練馬大根役者】
キー局 CX 放送曜日 金土 放送期間 2007/08/10~2007/08/11
放送時間 21:00-22:52 放送回数 2 回 連続/単発 単発
番組名 金曜プレステージ(前編のみ)、土曜プレステージ(後編のみ)
主な出演 中井 貴一(1)(2)、石田ゆり子(1)(2)、小林  廉小林  康)(1)(2)、中尾 明慶(1)(2)、山本  學山本  学)(1)(2)、今井 悠貴(1)(2)、小野明日香(1)(2)、小野 武彦(1)、勝村 政信(1)(2)、矢島 健一(1)、市川  勇(1)、升   毅(1)(2)、大河内 浩(1)、ト字たかお(1)、田中 要次(1)、鶴田  忍(1)、成宮 寛貴(友情出演)(2)、村田 雄浩(2)、平田  満(2)、佐藤 B作(2)、左  時枝(2)、杉本 哲太(2)、りょう(2)、深浦加奈子(2)、中島ひろ子(2)、さくら(2)、小林すすむ(2)、川井 つと(1)、新城  彰(1)、志水季里子(1)、栗田 桃子(1)、海老原敬介(1)(2)、佐藤 恒治(1)、鈴木 悠生(1)、藤本 旺輝(1)、鈴木麻祐理(1)、阿部 考将(1)、小柴 亮太(1)、畠山 彩奈(1)、青木 敬史(1)、藤田登美子(1)、豊崎美由紀(1)、浜田 光恵(1)、田村 三郎(1)、樋浦  勉(2)、田鍋謙一郎(2)、天現寺 竜(2)、水谷あつし(2)、須永 祐介(2)、菅原  純(2)、市原 清彦(2)、小熊 恭子(2)、真山 惠衣(2)、山下タクロー(2)、松浦 寿來(2)、岩井進士郎(2)、高瀬  岬(2)、市川 理矩(2)、諏訪 圭亮(2)、高橋  晃(2)、柿澤  司(2)、平田 敬士(2)、水野倫太郎(2)、桑木 波音(2)、古賀プロダクション(1)(2)、トライアルプロダクション(1)(2)、全映テレビタレントセンター広島(1)、セントラル子供タレント(1)(2)、劇団ひまわり(1)(2)、スペースクラフト(1)(2)、宝映テレビプロダクション(1)(2)、テアトルアカデミー(1)(2)、劇団東俳(1)(2)、(方言指導・宮田 景介(1)(2))(ナレーション・山本  學山本  学)(1)(2))
主な脚本 君塚 良一(1)(2)、(リサーチ・正岡謙一郎(1)(2))
主なプロデューサ 増本  淳(1)(2)、小椋 久雄(1)(2)、(ラインプロデューサー・田中 孝幸(1)(2)、江森 浩子(1)(2))(協力プロデューサー・高井 一郎(1)(2))(AP・玉田祐美子(1)(2)、後藤 勝利(1)(2)、久保田育美(1)(2))(広報・名須川京子(1)(2))(スチール・新開 雅哉(1)(2))
主な演出 西浦 正記FCC)(1)、村上 正典(2)、(演出補・小池 哲夫(1)(2))(AD・小島 秋子(1)、村谷 嘉則(1)(2)、府川 亮介(1)、後藤 克樹(1)(2)、山内 大典(1)(2)、宮本 智寛(1)(2)、松尾 大輔(1))(記録・内田 照代(1)、河野ひでみ(2))
原作 中沢 啓治(汐文社、集英社ジャンプリミックス、中央公論新社刊)
局系列 FNN
制作会社 (制作著作・CX)
制作協力 共同テレビジョン
制作 (制作担当・吉岡  亨(1)(2)、片岡  智(1)(2)、柳内 孝一(1)(2))(制作主任・尾崎 友康(1)(2)、露崎 裕之(1)(2)、大谷 久佳(1))(制作進行・三井 久弥(1)(2)、越井  隆(1)(2)、石渡 大樹(1)(2))(制作デスク・白浜 美奈(1)(2)、木村 美也(1)(2))
企画 (企画協力・新井  満(1)(2))(編成・立松 嗣章(1)(2))
音楽 佐藤 直紀、(音楽制作協力・フェイスミュージック(1)(2))(浪曲指導・日本浪曲協会(1)(2))(選曲・泉  清二(1)(2))(音響効果・谷川 義春(2)、壁谷 貴弘(1)(2)、大森 力也(1)(2))(MA・上杉 春奈(1)(2))
主題歌 (テーマソング・秋川 雅史「千の風になって」(作詞・不詳、作曲・新井  満、日本語詞・新井  満)(テイチクエンタテインメント))
撮影技術 岸本 正人(1)(2)、大野 勝之(1)(2)、東田 博史(1)(2)、山形 和也(1)(2)、斉藤 優司(1)(2)、(技術プロデューサー・瀬戸井正俊(1)(2))(SW・佐藤 友孝(1)(2))(ビデオエンジニア・權田  博(1)(2)、古川  明(1)、伊東 大哲(2))(音声・渡邊 利実(1)(2)、立川 紘幸(1)(2)、小川  武(1)(2))(照明・たしろよしオ(1)(2)、片原 数男(1)(2)、木幡 和弘(1)(2)、權田 典之(1)(2)、塩満 大介(1)(2))(編集・山本 正明(1)(2)、柳沢 竜也(1)(2))(ライン編集・浅沼美奈子(1)(2)、古谷 如弘(1)、三木 秀人(2))(技術デスク・井上 治久(1)(2))(編集デスク・長谷川美和(1)(2))(CGプロデューサー・冨士川祐輔(1)(2))(CG協力・デジデリック(1)(2)、PASCO(1)(2))(VFX・高野 善政(1)(2)、高橋 美香(1)(2))(3DCG・福田 健作(1)(2))(2Dデザイン・鈴木 鉄平(1)(2))
ビデオ DVD:発売
HP
美術 (美術デザイン・根本 研二(1)(2))(美術プロデューサー・柴田慎一郎(1)(2))(美術進行・内村 和裕(1)(2)、楠川 浩之(1)(2))(大道具・大地 研之(1)(2)、内海 靖之(1)(2)、原  卓也(1)(2)、佐藤 貴志(1)(2)、新倉 一彦(1)(2)、宮坂 昌利(1)(2)、山口 拓也(1)(2)、高岩 育男(1)(2)、福井 健司(1)(2)、藤満 達郎(1)(2)、茂   進(1)(2))(装飾・久保田善行(1)(2)、橋本 裕之(1)(2)、那須川欽市奈須川欽市)(1)(2)、中島 誠宗(1)(2))(持道具・倉田めぐみ(1)(2))(衣裳・森脇  茂(1)(2)、村上 晶子(1)(2)、森口 誠治(1)(2))(メイク・對馬 晶子(1)(2)、佐々木精一(1)(2)、内野 晶子(1)(2)、藤井 俊二(1)(2))(視覚効果・高橋 信一(1)(2)、田村 憲行(1)(2)、伊藤 勝雄(1)(2)、赤坂 浩司(1)(2))(アクリル装飾・石橋 誉礼石橋 譽礼)(1)(2))(植木装飾・原  利安(1)(2))(建具・阿久津正巳阿久津正己)(1)(2))(フードコーディネーター・住川 啓子(1)(2))(特殊メイク/コーディネイト・原口 智生(1)(2))(特殊メイク・森田  誠(1)(2))(造園/コーディネイト・若狭 新一(1)(2)、吉田 茂正(1)(2)、八木 文彦(1)(2)、三浦 徳之(1)(2)、関根喜美子(1)(2)、山田  陽(1)(2))(劇中絵画・高橋  敬(2))

Tag Cloud

大吉 中沢啓治 進次 君江 丸亀 中井貴一 広島 高萩 常総市 浩二 三豊 石田ゆり子 岸田 反戦 子供たち 出征 小林廉 大子 唱える 君塚良一 長男 刈る フィルムコミッシ... 雷神社 増本淳 強い 一緒 AP 西浦正記 FILM

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供