• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ女帝(じょてい)

大阪・ミナミ、東京・銀座のクラブを舞台に、女を武器に夜の世界で成り上がっていく女性の運命を描く波乱の物語。【以上、テレビ朝日広報資料より引用】「ベストセラー漫画のドラマ化。原作ではやくざとして日本の頂点を目指す直人(松田翔太)が、本作ではやくざから足を洗い、彩香(加藤ローサ)が勤めるクラブで働くなど、いくつか設定が変更されている。映画版(『女帝 SUPER QUEEN』、2000年2月24日公開、監督・金澤克次、脚本・吉本昌弘)で主人公・彩香を演じた小沢真珠は、本作では、彩香が最初に勤めた大阪のクラブのNo.1ホステス。麗子に扮している。本放送で表示された各話サブタイトルは以下の通り(カッコ内は広報資料記載のもの)。第1話「No.1ホステスVS復讐の女」(銀座No.1ホステスVS復讐の女!!)、第2話「復讐のホステス、妖怪と寝る!?」(復讐ホステスVS大金持ちの妖怪!!)、第3話「ついに銀座へ!No.1ホステス最終決戦」(銀座へ!! No.1ホステスVS超セレブ)、第4話「女子大生No.1ホステスの罠」(女子大生No.1ホステス銀座対決!!)、第5話「銀座の最高級クラブで復讐」(第2章!! 銀座No.1黒服VS復讐ホステスの罠)、第6話「No.1ホステス、撃たれる」(銀座No.1ホステス撃たれる!! 結婚サギの罠)、第7話「父と、復讐のベッドイン」(No.1ホステス父と復讐ベッドイン)、第8話「新宿No.1ホストの秘密」(No.1ホスト!! 夜王の謎)、第9話「最終章…妖怪と別れのベッド」(最終章! No.1ホステス銀座追放!!)、最終話「銀座の頂点へ…最期の戦い」(首相辞任! 銀座No.1ホステス最期の戦い!!)【この項、文・練馬大根役者】」。美術協力・アポロオフィスシステム(1)-(10)、エプソンダイレクト(1)-(10)、オンキョーマーケティング(1)-(10)、アルインコ(1)-(10)、LG電子ジャパン(4)-(10)、RECARD(●PBCARD?)(5)-(10)、dyson(4)-(10)、日本光電(1)(9)(10)、読売ニュース写真センター(2)、フォンテーヌ(2)-(5)、フクダ電子(6)、TERUMO(6)、De Lasghi(8)-(10)、Febowes(8)-(10)、Mcebaby(10)ほか。ロケ協力・くまもとフィルムコミッション(1)、九州産交バス(1)、大阪ロケーションサービス(1)-(3)、熊本市消防局(1)、加藤神社(1)、ビリヤード・チャンピオン(1)、Tsuruya(1)、熊本市下通繁栄会(1)、(株)泰信(1)-(3)、みうら映画舎(1)(6)(7)、日本鋼管病院(1)、KKRホテル大阪(1)、花小宿(2)、神戸フィルムオフィス(2)、すし野(2)、ホテルサポイ(3)、リーガロイヤルホテル東京(3)、Manhattan(3)、法善寺横町(3)、法善寺(3)、わ蔵(4)、PROGRESS(5)、GOLD-STAR(5)、Samantha Tiara(5)、銀座かねまつ(5)、BRICK(5)(7)(9)、カルタゴ(5)、フォレストイン昭和館(6)(7)、社会文化会館((7)では財団法人社会文化会館)(6)-(8)、館山ホテル音羽の森(6)、ゴールデンレイクス・カントリークラブ(6)、ベイサイドホテルアジュール竹芝(6)(7)、一松(7)、浅草ビューホテル(7)、YOKOHAMA AJIMA(7)、雪乃花(7)、平和島競艇(8)、東京ビジネスホテル(8)、AJA HOTEL RESORT〈東京ベイ幕張〉(8)、NEW AQUAROOM SHINJUKU(8)、東京大塚院(9)、杏林大学医学部付属病院(9)、パセラリゾーツ新宿店(10)、西さがみFC・小田原市(10)、社会文化会館(10)、岩泉寺(10)、AMATERAS(10)。協力・ビデオスタッフ(1)-(10)、渋谷ビデオスタジオ(1)-(10)、テレビ朝日クリエイト(tac)(1)-(10)、東新(1)-(10)、ナイス・デー(1)-(4)(7)(8)(10)、バウムレーベン(1)-(10)、ランナーズ(1)-(10)。撮影協力・銀座「マティオ」(友美ママ(4)、礼子(4))、銀座「セイレーン」(れおなママ(4)、亜由美(4)、エミ(4))、銀座「オルフェ」(眞千子ママ(4)、みほ(4))、(ヘアメイク・田邊とも子(4)、高橋 慶光(4))映像提供・熊本朝日放送(1)。医療監修・片山 雅彦(1)(10)。看護指導・石田喜代美(1)(9)(10)。【データ協力・練馬大根役者】
キー局 ABC,EX 放送曜日 放送期間 2007/07/13~2007/09/14
放送時間 21:00-21:54 放送回数 10 回 連続/単発 連続
主な出演 加藤ローサ(1)-(10)、松田 翔太(1)-(10)、酒井 彩名(1)-(10)、斉藤 祥太(1)-(10)、前田  愛(1)-(10)、かたせ梨乃(1)-(10)、伊原 剛志(特別出演)(1)-(10)、森本 レオ(1)(2)(6)-(8)(10)、かとうかず子(1)(2)(7)(10)((7)は声の出演、(10)は表示なし)、中島 知子(1)-(3)、吹越  満(1)-(3)、小沢 真珠(1)-(4)((4)は表示なし)、菊池健一郎(1)-(3)、金子さやか(4)-(9)、滝沢 沙織(5)-(10)、泉谷しげる(1)-(3)(9)、山下 真司(1)(3)((3)は表示なし)、豊原 功補(友情出演)(2)-(5)、古谷 一行(3)、東 ちづる(友情出演)(3)-(5)、春田 純一(5)(6)、西村 和彦(6)、森本 亮治(6)、速水もこみち第8話ゲスト)(8)、長谷川初範(9)(10)、デビット伊東(9)、岩倉 沙織(1)-(3)、華城 季帆(1)-(3)、岡村 亜紀(1)-(3)、高松 猛久(4)(5)、建 みさと(4)(5)、高松 あい(4)(5)、渡辺奈緒子(4)(5)、大西 麻恵(5)-(10)、安藤サクラ(5)-(10)、真島 公平(5)-(10)、小林  博(1)、桜井  聖(1)、伊藤 勝利(1)、横山 悠葵(1)、中島芙美枝(1)、長谷川公彦(1)、木村  木(1)-(3)、阿部  翔(1)、生方 太郎(1)-(3)、綾  貴士(1)-(3)、柴田 次郎(2)(4)、芝崎  昇(2)、浅沼 晋平(2)(3)、田崎 敏路崎は正しくは山偏に竒)(2)(3)、山中  猛(2)(3)、市  鏡赫(2)(3)、坂  俊一(2)、島田 麻貴(2)、窪園 純一(3)、沼崎  悠(3)、森  康子(3)、近藤 未来(4)、工藤あさぎ(4)、瀬戸 将哉(4)、岡崎  宏(4)、川合 千里(4)、久保田悠来(4)、奥野 正明(4)、田崎 敏路崎は正しくは山偏に竒)(5)、山中  猛(5)、市  鏡赫(5)、阿部 六郎(5)、やべけんじ(5)、常泉 忠通(5)(7)、戯武尊(5)、甲斐  誠(5)、大和屋ソセキ(5)、河野 由佳(5)(6)、森本さやか(5)(6)、佐藤 織恵(5)(6)、大槻 修治(5)、水上 雅人(5)、千々和義之(5)、福井 利之(5)、天田 益男(6)、浜田 大介(6)、橋本 啓輝(6)、野村健太郎(6)、碧   桃(6)、石井 希和(テレビ朝日アナウンサー)(7)、大塚 和彦(7)(10)、外川 貴博(7)、境 浩一朗(7)、伴  大介(7)、木元 康泰(7)、松本 江世(7)、野添 義弘(8)、山崎 海童(8)、佐々木和也(8)、古澤  蓮(8)、古市  優也(8)、金森 純一(8)、田中 允貴(8)、粟島 瑞丸(8)、森下 哲夫(9)、舟田  走(9)、岩本 宗規(9)、赤沼 正一(9)、平山 陽祐(9)、松澤 仁晶(10)、積  圭祐(10)、黒澤佐知子(10)、高橋 京子(10)、田邊 恵弥吉永  翔鳳  恵弥)(10)、田村 三郎(10)、井上  浩(10)、浜 幸一郎(10)、松井 正樹(10)、尾上 博美(10)、富永 沙織(10)、森 明日菜(10)、古賀プロダクション(1)-(10)、BESIDE(1)-(5)、劇団東俳(1)-(3)(10)、芸優(1)(2)(5)、トライアルプロダクション(2)(3)(5)-(10)、B.I.A(6)-(10)、(撮影協力・銀座「マティオ」(友美ママ(4)、礼子(4))、銀座「セイレーン」(れおなママ(4)、亜由美(4)、エミ(4))、銀座「オルフェ」(眞千子ママ(4)、みほ(4)))(方言指導・俳協(1)-(10))(ナレーション・大森 章督(1)-(7))
主な脚本 旺季志ずか(1)-(3)(5)(7)(10)、高山 直也(4)(6)(9)、吉田 玲子(8)
主なプロデューサ 伊藤 達哉(MMJ)、横地 郁英(EX)、奈良井正巳(ABC)、(協力プロデューサー・遠田 孝一)(プロデューサー補・安井 一成飯田  爽椋尾由希子)(ホームページ・木村  恵)(宣伝・高内三恵子田中久美香澤野井信宏平野 三和)(スチール・藤平 清史
主な演出 小松 隆志(1)(2)(5)(8)(10)、片山  修(3)(4)、二宮 浩行(6)(9)、田村 直己(7)、(演出補・刑部 俊哉)(ホステス指導・中村真知子(2)-(10))(記録・増田 ゆみ(1)(2)(5)(6)(8)(10)、中村恵津子(3)(4)(7)(9))
原作 「女帝」(作・倉科  遼画・和気 一作)(日本文芸社 刊)
局系列 ANN
制作会社 (制作:MMJ(メディアミックス・ジャパン)、ABC、EX)
制作 (制作担当・北田 宏和(1)-(5)、石川 雅視(6)-(10))(制作主任・竹内 暢生(1)-(10)、大和田 晃(6)-(10))(大阪ロケコーディネーター・永冨 義人(1)-(3))
企画 (編成・飯田  新藤川 克平
音楽 仲西  匡、(音楽協力・テレビ朝日ミュージック、エー・ビー・シーメディアコム)(選曲・石井 和之)(音響効果・竹嶋あゆみ)(MA・本橋 純一
主題歌 ナナムジカ「彼方」(作詞・ナナムジカ、作曲・編曲・岡 ナオキ)(ワーナーミュージック)
撮影技術 川口 次男、(技術プロデューサー・瀬戸井正俊)(TD・高津 芳英)(照明・萩原 文彦)(映像・深澤 敏行)(音声・桜井 秀一)(編集・白水 孝幸)(ライン編集・萩原 隆司)(CG・近藤  望(1)、蟻坂 歩美(1)-(4)(7)(8)(10))
ビデオ DVD:ポニーキャニオン
HP
美術 (デザイン・加藤 周一)(美術プロデューサー・村上 輝彦)(美術進行・飛田  幸)(大道具・谷古宇 稔)(装飾・福田 健治)(持道具・高崎 香織高ははしご高崎は正しくは山偏に竒))(メイク・柴田 広美森崎須磨子崎は正しくは山偏に竒))(ヘアメイク・田邊とも子(4)、高橋 慶光(4))(衣裳・阿部 満美)(スタイリスト・西 ゆりこ西 ゆり子)、江木 良彦野村 昌司)(建具・阿久津正巳阿久津正己))(電飾・服部 勇太)(装置・塩野 秀俊塩野 英俊))(植木装飾・杉田 英展)(フラワーデザイン・松井 達彦)(刺青・霞  涼二(1)(3))(ガンエフェクト・会田 文彦(6))

Tag Cloud

銀座 ホステス 松田翔太 加藤ローサ 復讐 復讐ホステス 妖怪 クラブ 彩香 社会文化会館 酒井彩名 頂点 最終章 撃つ 旺季志ずか 熊本 ホスト やくざ 女子大生 高山直也 ママ dyson 雪乃花 ビリヤード・チャ... (株)泰信 友美ママ 戦い 勤める オルフェ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供