• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データドキュメンタリードラマ 「うつ」への復讐~絶望からの復活~(うつへの復讐)

68歳の高島忠夫(松方弘樹)が突然仕事のキャンセルを宣言したのは、1998年7月のことであった。原因は、出演したテレビ番組内で満足に受け答えが出来なかったため。妻で女優の寿美花代(高橋惠子)は、忠夫が2週間ほど前、原因不明の悪寒を訴えていたことから、すぐに大学病院の心療内科に連れて行った。診察の結果は、かなり症状が進んだうつ病。薬物療法でしばらく様子を見ると言う医師の話を聞いた寿美は、その時、余り危機感はなかった。だが、事情を聞いた妹の泣き声を電話口で聞いた寿美は、ようやく事の重大さに気付いた。忠夫の症状は、好きな音楽にも耳を貸さず、まばたき一つしないでボーっとしているうつ症状と、ハイテンションで眠れず酒をがぶ飲みするそう状態の繰り返しだった。家中の至る所に酒を隠し、それらを浴びるように飲む忠夫。そんな忠夫の面倒を見るうち、寿美は、いつしか疲労とストレスから身体を壊して入院するはめになった。だが、そんな状況ですら、まだ地獄の入口に過ぎなかった。 寿美が退院して程なく、大阪での舞台を終え2ヶ月ぶりに帰宅した長男・政宏(別所哲也)は、忠夫の様子を見て愕然となった。寿美は、政宏と独立してマンション住まいの次男・政伸(袴田吉彦)に心配を掛けまいと、忠夫の病気のことを黙っていたのだ。戸惑う政宏は、懸命に忠夫の世話をする寿美の相談に乗ってあげられず、声を掛けることすら出来なかった。忠夫の症状が変わらぬまま秋に入ったある日、とんでもない事実が明らかになった。忠夫が突然、多額の借金があることを口にしたのだ。政伸に電話を入れ、いきなりマンションを売却してくれと切り出す忠夫。ワケが分からないまま実家に戻った政伸は、寿美、政宏から話を聞くが、借金の額、期限、借金の相手、家にいくらの金が残っているのかなどは一切不明。忠夫自身も、借金についての詳しいことは覚えておらず、ただ、「すまんな」と繰り返すばかりであった。実態の分からない不安に、寿美や政宏から金やカードを使うことを止められた政伸は、節約のため、撮影用のおにぎりで腹を満たした。忠夫の借金の全貌を調べるため、銀行や証券会社を回った。そして、判明したことは、忠夫が何者かに妙な物件を買わされていたということ。善後策を話し合う中、政宏と政伸は意見が対立し、つかみ合いの喧嘩までする。寿美は、この様子を見ていた忠夫のふと洩らした言葉から自殺を心配し、すぐに家中にある刃物を隠した。その年の冬、忠夫の借金を調べ終えた政伸は、自分たち3人がこのまま働けば完済できる、と報告。これを聞き、ようやく寿美と政宏に笑顔が戻った。だが、忠夫の症状は、身体に震えが出るなど、次第に悪化。それに伴って、寿美と政宏のストレスは日増しに増大した。特に寿美は、行き場のない怒りを声を荒げて忠夫の主治医にぶつけた。だが、答えは出ない。精神的な限界を越えた寿美は、政宏の前で泣き叫び、手当たり次第に物を投げて病院に運ばれることもあった。しかし、能面のような顔ながら、忠夫に自分への愛が残っていると気付いた寿美は、気を取り直し、励まして、散歩に付き合った。その結果、口数も増えた忠夫は、自分の食べたいものを要求し、それを一人で買いに行けるまでに回復した。忠夫が日に日に元に戻って行くような気がした寿美は、テレビ出演に同意。忠夫は、司会者の計らいもあり、何とかソツなく出演することが出来た。1999年9月。うつ病に対する社会的な関心が高まっていたこともあり、高島家に一家4人でフロリダに行くテレビ番組の話が舞い込んだ。医師がこれを積極的に勧めたことから、一家は渡米。だが、これが裏目に出て、忠夫の病気が再発してしまった。寿美らは、セカンドオピニオンを得るために、忠夫を別の病院に連れて行く。旅行などもってのほかだと断じた医師は、薬の副作用の影響でパーキンソン症候群のような症状も出ていると診断。この結果を聞いた寿美は、忠夫をフロリダに連れて行った罪悪感から、放心状態で涎まで流すノイローゼ状態となり、カウンセリングを受けるはめになった。2000年、再発してから7ヶ月。医師の勧めで散歩、リハビリを始めた忠夫は、再び少しずつ元気を取り戻し始めた。その年の11月、寿美らは、忠夫の母親が死亡したとの連絡を受けるが、影響を考慮して、忠夫には隠す。忠夫自身は、テレビで放映されたがん患者の闘病記を見たことなどがきっかけで、生きる気力を回復し、積極的に自身で行動できるようになった。これを見た寿美は、焦らず忠夫を見守ろうと決意。やがて、季節はゆっくりと流れて行った。そして、発病から4年の2002年、冬。医師と相談して忠夫の発声練習を始めた寿美は、政宏、政伸と、内々で忠夫のリサイタルをやろうと決めて…。【以上、日本テレビ広報資料より引用】ロケ協力・西日本旅客鉄道、JR西日本ロケーションサービス、特定医療法人財団大和会武蔵村山病院・東大和病院、ホテルニューグランド、パンパシフィックホテル横浜、第一イン池袋レストランビノ、BIRDLAND、吉野家、JOYチケットコーポレーション、ベストセレクト、友松医院、回転寿し活鮮。協力・東宝芸能、東映東京撮影所。医療指導・樋口 輝彦(国立精神・神経センター総長)、小林マーク(医療法人社団明雄会三芳の森病院副院長)。看護指導・浅野美智子。資料協力・とちぎテレビ、女性自身。【データ協力・練馬大根役者】
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 2007/06/26~2007/06/26
放送時間 21:00-22:48 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 松方 弘樹高橋 惠子別所 哲也袴田 吉彦寺田  博大和田 獏田中  健遠藤 憲一六平 直政生田 智子藤田 弓子石井トミコ布川 敏和村松 えり古川 康輿石 有亮井上  浩好井ひとみ松尾 晶代伊佐早 修明石 知也浜本 えみ渋谷 幸子石野久美子小宮 秀樹高橋 亜子ローラ・フミコ・キーン大津 春生、東映アカデミー、サラエンターテイメント、テアトルアカデミー、放映プロジェクト、(ドキュメンタリー部分で登場・高島 忠夫寿美 花代高島 政宏高島 政伸
主な脚本 阿部 美佳あべ 美佳
主なプロデューサ (チーフプロデューサー・黒岩 直樹(NTV))(プロデューサー・近澤  俊生田  篤(東映)、大野 哲哉(NTV))(ラインプロデューサー・林  周治)(キャスティングプロデューサー・福岡 康裕)(AP・橋元 眞理)(スチール・阿部 昌弘)(広報・神山喜久子
主な演出 (監督・近澤  俊)(助監督・金  佑彦須上 和泰岩坪 梨絵)(取材ディレクター・宮下 亮太)(スクリプター・坂本希代子
原作 高島 忠夫「「うつ」への復讐 地獄から六年目の復活」(光文社刊)
局系列 NNN
制作会社 (製作著作・NTV)
制作協力 リュウ・エンタープライズ
制作 (制作管理・菊池 淳夫)(制作担当・小林 智裕)(制作デスク・松本 佳子)(制作応援・村瀬 正憲)(制作進行・平田 真也)(番組デスク・大下 由美)(演技事務・伊藤 由夏)
企画 (編成・薗田 恭子
音楽 (整音・青木 伸次)(効果・鈴木  勉
撮影技術 西村陽一郎矢野 哲夫、(照明・齋藤 直樹)(VE・常川 裕二)(録音・小島 良紀)(編集・須永 弘志)(EED・瀧川 賢一)(撮影助手・樋口  昴小山 直央)(照明助手・高橋 理之辻  康彦)(録音助手・池田 知久)(撮影効果・月村  恒)(技術協力・だだだキャトル麻布プラザ
HP
美術 室岡 秀信、(装飾・肥沼 和男)(装置・大野 隆之)(持ち道具・鶴岡 久美)(衣裳・大久保冨美雄岡本華菜子)(メイク・山本 理恵天野 良美)(結髪・垣内 美保

Tag Cloud

忠夫 寿美 政宏 政伸 症状 借金 医師 聞く 高橋惠子 フロリダ 松方弘樹 見る うつ病 阿部美佳 再発 出る 出来る 隠す 連れる テレビ番組 様子 散歩 はめ 戻る ストレス 別所哲也 病気 影響 一家 寺田博

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供