• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データですよねえ。(…クレジット表示)(新聞ラテ欄表記…ですよねぇ。)

ドラマ内で提案された企画が次々にリアルなキャンペーンとなって世の中に出て行くという、全く新しい構造のドラマ。【以上、TBS広報資料より引用】」「作品に登場する広告代理店の企画を現実化していくドラマ。初回の前週、2006/1/5(木)23:55-25:19に、スペシャル版として「ですよねえ。」が放送された。【この項、文・練馬大根役者】」「新人の川野井伸二(永井大)が研修中の劣等チーム「春日部チーム」の面々が奇跡の勝利を収めたココモプレゼンから数日後…。プランナー・山内里佳(京野ことみ)が企画したエリンギのCFが完成。会議室で試写が行われ、山内は春日部チーム全員から絶賛される。ところが、そこにエリンギの部長から春日部(松重豊)の携帯に電話が入り、山内が企画したエリンギのCFにクレームがつく。そのため、山内はエリンギのCFにかかりきりになってしまう。そんな矢先、ココモからキャンペーン企画の催促が入り、春日部部長が勢いで明日中に完成させますと返答したため、一言で。チーム全員が企画書完成に向け奔走し始める。と、そこに日焼けしたクリエイティブ・ディレクターの向日島(久ヶ沢徹)が出勤して来る。皆は最初向日島が家にこもってココモの企画書を作っていたと思い込んでいたが、向日島がやけに日焼けしているのに気付き、まさか自分たちが仕事をしている間に旅行に行っていたのでは…と向日島を問い詰める。チーム全員に責められた向日島は自分が本当は女の子と遊びで旅行に行っていたと言えず、ついココモの部長とハワイへ接待で行ってきたと嘘を付いてしまう。皆の手前、接待してココモの要望を熟知してきたとほのめかす向日島に、チームの面々はそれぞれが助言を仰ぎ、ココモの企画書作りをする。ところが向日島がそれぞれに対しテキトーに助言したため企画書つくりは各部署バラバラの企画になり、MTTココモの河合(池田鉄洋)にダメだしをさせられる…。【この項、TBS広報資料に一部役名を補足。補足・練馬大根役者】」第1回のみスペシャル(火曜23:45~25:09)のため別記しており、データベース記載の放送枠は第2回(2006/01/12)以降の放送枠。車輌・ドルフィンズ(2)-(11)。衣裳協力・Giusto/エムズファクトリー(4)-(11)、ATELIER SAB(2)-(9)(11)、EDWIN(2)-(11)、4℃(2)-(5)(8)-(11)、we-nge(2)(3)(6)-(11)、堀越ネクタイ(2)(3)、林田(2)-(4)、Black&White(2)-(5)、学生服コード服装(2)-(8)、dkf(3)、cantwo(4)、JAYRO(4)、San-ai(2)(6)、CLASS HEART(6)(7)、ANNE KLEIN(6)、BASILE28(6)、銀座マギー(7)、RAGTAG(7)、rt(8)、ReFLEcT(9)(10)、Yin & Yang(9)-(11)、VUMPS(9)-(11)、YUKIKO HANAI(9)-(11)、AuBEX CORPORATION(10)(11)、Bowbell(11)、ファニー(11)。持道具協力・SEIKO(2)-(11)、SEED(2)-(11)、LONGINES(3)(5)-(9)(11)、Folli Follie(2)(3)(5)-(11)、OMEGA(2)-(11)、ABISTE(4)-(11)、ruinas(2)-(4)(6)(8)-(11)、ART/BERG(4)(7)(10)(11)、MAIE+MAIE(4)(6)(7)(9)(10)、Ve-vi-vi(7)(9)、クラウン製靴(10)(11)。協力・AKB48(6)(10)、5年D組(2)-(11)、Spoon.(2)-(11)、DECKS(2)(4)、AJINOMOTO STADIUM(2)-(5)、Dairy Fresh(3)、ペットサロンシャルル(3)、なまはげ(3)、Puppy the World(4)、JEAN NASSAUS RETAIL STORE(4)、OUTLET(4)、HALE O PUA(4)、オレンジページ(4)、横浜フィルムコミッション(5)、横浜市立みなと赤十字病院(5)、よこはまコスモワールド(5)、tokyu Consulting Collaboration(5)、NEO(5)、Bridal Stage Socia21(6)、Carmine(7)、学校法人日本体育会日体幼稚園(7)、神田外語大学(7)、MAAM CLUB(7)、velfarre(8)、丸ビル(9)、SANKO(9)、兼六土地建物(10)、青葉台スタジオ(10)、BERJIM(11)。
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2006/01/03~2006/03/23
放送時間 24:55-25:25 放送回数 11 回 連続/単発 連続
主な出演 永井  大(1)-(11)、京野ことみ(1)-(9)(11)、牧瀬 里穂(2)-(11)、松重  豊(1)(2)(4)(5)(7)-(11)、久ヶ沢 徹(1)-(11)、樋渡 真司(2)-(11)、近江谷太朗(2)-(8)(10)(11)、松村  武(2)-(11)、永野 宗典(2)-(9)(11)、佐藤 寛子二役)(2)-(4)(6)-(11)、松岡璃奈子(2)(3)(5)-(11)、長谷川初範(3)(11)、本多  力(3)(5)(7)-(9)(11)、池田 鉄洋(1)(8)-(11)、鎌倉 太郎(9)-(11)、永田 耕一(10)(11)、芳岡 謙二(11)、相沢ケイ子(3)(11)、松田 珠希(5)(11)、川口 直人(6)(11)、彩輝  直(7)(11)、藤田 記子(10)(11)、池田 昌子(11)、市川 孝樹(11)、葛井 亮平(11)、足利 翔一(11)、加藤沙耶香(11)、星野 園美(11)、喜屋武ちあき(2)(11)、兵頭 有紀(2)(11)、坂口エリー(4)(11)、小嶋じゅん(4)(11)、吉川麻衣子(4)(11)、堂上 静華(4)(11)、光野亜希子(4)(11)、高橋みなみ(6)(10)(11)、前田 敦子(6)(10)(11)、板野 友美(AKB48)(6)(11)、斉藤千佐子(6)(11)、大西 美紀(6)(11)、木田 智子(6)(11)、伊東理衣子(8)(11)、鳥越夕幾子(8)(11)、大矢 敦子(8)(11)、七海 エリ(クレジット表示未確認)
主な脚本 福田 雄一(2)-(11)
主なプロデューサ (総合プロデュース・秋元  康)(プロデューサー・森川 真行(2)-(11)、工藤 慶二(2)-(11))(AP・石塚 清和(2)-(7)、西村 佳之(2)-(5)、宮内 貴子(6)-(11))(宣伝担当・田中 瑞穂(TBS)(2)-(11))
主な演出 谷川  功(2)(3)(6)(7)、五木田亮一(4)(5)(8)(9)、えんたま(TBS)(遠藤  環)(10)(11)、(演出補・岡崎 成克(2)-(11)、廣田 聡史(2)-(11)、菊池 俊次(2)-(11))(記録・小林 昌枝(2)(3)(6)(7)(10)(11)、湯田恵美子(4)(5)(8)(9))
局系列 JNN
制作会社 ファインエンターテイメント、TBS
制作 (制作主任・難波 杏里(2)-(11))(制作進行・渡辺 卓人(11))(制作デスク・児玉 順子(2)-(11))
企画 蔵本 憲昭山名 宏和
音楽 (作曲・志賀  豊(6))(オルガン演奏・奥山 京子(7))(選曲・御園 雅也エス・エス・エル)(2)-(11))(効果・伊藤  誠(サウンズアート)(2)-(5)(11)、芦田  功(サウンズアート)(6)-(10))(MA・斉藤 健二(2)-(5)(7)-(11)、田村 陽介(6))
主題歌 (エンディング・テーマ・AKB48「桜の花びらたち」(作詞・秋元  康、作曲・上杉 洋史))
撮影技術 小川 直也(2)-(5)、西舘 博光(6)(7)、小林 純一(8)-(11)、渕野 祐輔(2)(3)(6)(7)(11)、近江 正彦(4)(5)、関   毅(8)(9)、(技術プロデューサー・青沼 邦治(2)-(11))(TD・細野 克雄(4)-(11))(VE・大沢 浩一(2)-(11))(照明・西  彩乃(2)-(11))(音声・佐藤 友昭(2)-(5)、戸田 直之(6)-(11))(AVID編集・清水 正彦ビーグル)(2)-(11))(編集・町田  光(2)-(11))(技術協力・東通(2)-(11)、千代田ビデオ(2)-(11)、3one(2)-(11))
HP
美術 (美術デザイン・山田  栄)(美術プロデューサー・澤井 義雄)(美術制作・平川 恵子)(キャラクターデザイン・秋山 具義)(装飾・松宮 廣之)(衣裳・君和田悦子)(化粧・鈴木 佐知)(持道具・村石 幸二)(植木・鈴木 一信)(建具・樋口 一夫)(電飾・井上  昇)(美術協力・アックス)(題字・武田 双雲

Tag Cloud

向日 ココモ エリンギ 永井大 CF 山内 企画 MAIE チーム全員 京野ことみ 日焼け 接待 助言 面々 福田雄一 牧瀬里穂 完成 部長 旅行 CLASS RETAIL OUTLET 川野井伸二 ダメだし ファニー Bridal cantwo 蔵本憲昭 HEART ドラマ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供