• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ終戦60年企画 象列車がやってきた

現代の名古屋・東山動物園にたたずむ、一人の女性ユリ(八千草薫)。今となっては戦争の傷跡など微塵(みじん)も残っていないきれいな動物園。子どもたちの楽しそうな声がこだまする象の檻(おり)の前で語り始める。昭和12年、名古屋市の東山動物園に象がやってくる。園長の遠山薫(三浦友和)が、動物園の目玉にと呼び寄せたのだ。象はたちまち人気者になる。今は遠山の養女で、飼育員だった父が豹に殺され、動物に対して恐怖心を抱いていたユリ(池脇千鶴)も、瞬く間にその魅力の虜になった。そして昭和17年。軍事色が強まり、東山動物園でも、象による戦意高揚ショーが日に数回行われ、女学生となったユリも裏方として手伝っていた。しかし日に日に、軍などからの要求は厳しくなり、遠山は園長として人知れずその対応に苦慮する。また、多くの飼育員が徴兵され、その補充で、奥山新之介(山本太郎)という若者がやってきた。彼は、喘息のため徴兵検査で丙種合格となり、自分は不必要な人間と卑下していたが、ユリや象たちとふれあううちに、そのコンプレックスが解消されていく。敗色が濃くなり、一転して軍はどう猛な動物の処分を求める。必死で動物園を守ろうとする遠山に、軍や市からの圧力が強まる。そこに新之介に召集令状が届く。ユリは、新之介の召集を、軍の命令に背く遠山への無言の警告ととる。そしてすべては父の意固地のせいだと怒る。遠山は子どもには象が必要なのだと、象を守る決心を告げる。一方、新之介も遠山の思いをくみ取り、ユリに象を託して戦地に赴く。それからが苦労の連続であったが、遠山やベテラン飼育員の善造(田中邦衛)が何とか象たちの飢えをしのぎ、終戦を迎えた。人々は東山動物園に象が生きていることを知り驚喜する。そして全国の子どもたちを象に会わせようと、列車が仕立てられる。象を見て喜ぶ子どもたち。その輪の中に、復員してきた新之介がいた~~。現代の東山動物園。また今年の夏もユリは、象と子どもたちに会いにやってきた。【以上、NHK広報資料より引用】時代考証・天野 隆子。象演技指導・坂本小百合。軍事考証・寺田 近雄。撮影協力・名古屋市東山動物園、茨城県伊奈町。地上波ではNHK総合「NHKスペシャル」枠にて2005/8/12(金)7:30-8:45に放送。
キー局 BS-hi 放送曜日 放送期間 2005/08/08~2005/08/08
放送時間 22:00-23:15 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 ハイビジョンドラマ館
主な出演 三浦 友和池脇 千鶴山本 太郎余 貴美子八千草 薫田中 邦衛杉本 哲太奥村 公延伊沢  勉中田 裕子伊藤 麻衣黒田 啓之上田 定行浅野 尚伍鷹取 奈央田渕 巧海大島未紗子外山 文孝稲葉 達博近藤 直哉石河 美幸天乃 大介村田 鉄信中村 正人久川 徳明ふみとしさとり)、大嶽 隆司北川 智子野間 雅代有木 伸夫金井 真澄高宗 歩未石川  賢池ノ谷桃太高井 泉帆長坂 行馬松浦  功(クレジット表示なし)、澤村 一間(クレジット表示なし)、野呂 朋大(クレジット表示未確認)、エンゼルプロ劇団ひまわり舞夢プロ劇団東俳NAC、セントラル子供タレント、テアトルアカデミー、(語り・八千草 薫
主な脚本 矢島 正雄
主な演出 吉永  証、(記録・城島 純一
原作 小出 隆司「ぞうれっしゃがやってきた」
局系列 NHK
制作会社 NHK(名古屋放送局)
制作 (制作統括・家喜 正男)
音楽 渡辺 俊幸、(演奏・コンセール・レニエ)(音響効果・和田 尚也
撮影技術 川村 尚孝、(技術・山中 孝夫)(照明・木野 滋雅)(音声・浅井 英人)(映像技術・吉田 孝光)(編集・江川 雅美
美術 小林 史幸、(美術進行・高島 由晴

Tag Cloud

東山動物園 ユリ 遠山 池脇千鶴 三浦友和 動物園 象たち 子どもたち 飼育員 山本太郎 強まる 園長 動物 やってくる 矢島正雄 昭和 丙種合格 軍事考証・寺田 現代 敗色 善造 (金) 徴兵検査 伊奈 こだま 瞬く間 守る 会う 吉永証 おり

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供