• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ若奥様御立腹

夫婦仲も円満、一女まである若い奥さんが、夫があいさつに現われた美しい小うたの師匠をほめたことから今まで感じたことのない不安を覚えてゆく。一方会社で模範夫婦といわれる親類関係の専務夫婦は子供ができないことからけんかとなった。翌朝「それなら証拠をみせてやろう」と出かけて行く夫の後ろ姿に考えたこともない不安を感じる。【以上、朝日新聞1960/07/21付より引用】単発のコメディドラマシリーズの1本。提供:プリンス自動車工業。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1960/07/21~1960/07/21
放送時間 22:00-22:30 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 プリンス劇場 愛のシグナル(第3回)
主な出演 高野 真二日比野恵子土紀 洋児槇 芙佐子三谷 幸子俵田 裕子長谷川明秀
主な脚本 (作:尾崎  甫尾崎 一元))
局系列 FNN

Tag Cloud

日比野恵子 高野真二 土紀洋児 親類関係 専務夫婦 模範夫婦 一女 感じる 後ろ姿 三谷幸子 ほめる 槇芙佐子 うた あいさつ プリンス自動車工... 夫婦仲 コメディドラマシ... 奥さん 単発 証拠 けんか みせる 師匠 現われる 覚える 長谷川明秀 出かける 美しい 俵田裕子 子供

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供