• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ青春の門-筑豊篇-(青春の門 筑豊編) 第一夜(「みんな、全力で生きていた-愛と感動の青春群像」…新聞ラテ欄表記)、第二夜(「父や母の人生をはぐくんだ大地を蹴って、自立への旅立ち-感動の完結編」…新聞ラテ欄表記)

第二夜は2005/3/22(火)21:00-22:54に放送。五木寛之のベストセラーシリーズの一編をドラマ化した作品。シリーズのなかでもこの「筑豊編」はたびたび映画化(1975年東宝、監督・浦山桐郎、1981年東映、監督・蔵原惟繕/深作欣二)、ドラマ化(1976/4/7-9/29、1991年)されている。81年の映画版で信介を演じた佐藤浩市が、本作では筑豊一の石炭採掘鉱山・東日鉱山のオーナー・羽根沢正道に扮している。【以上、文・練馬大根役者】「昭和14年(1939年)、秋。日本を代表する石炭の産地、九州・筑豊。この地でカフェーの女給をしていたタエ(鈴木京香)は、五峯炭坑の組頭・伊吹重蔵(豊川悦司)に見初められて結婚。重蔵の連れ子・信介(渡邉奏人)と三人で、幸せな暮らしをスタートさせる。そんなある日、東日鉱山で落盤事故が発生。大勢の朝鮮人労働者が坑道に取り残されてしまう。しかし、鉱山のオーナー・羽根沢正道(佐藤浩市)は人命救助よりも国益を優先し、彼らの救出策を講じようとしない。そんな中、重蔵は自らダイナマイトを抱え坑道を爆破。自分の命と引き換えに労働者たちを救った。残されたタエは、信介を立派に育てることが重蔵への愛の証と信じ、信介に溢れんばかりの愛情を注ぐ。9歳に成長した信介(泉澤祐希)は金山朱烈(杉本哲太)と出会う。朱烈は、かつて東日鉱山の事故で重蔵に救われた炭鉱夫のひとり。重蔵に大きな恩義を感じていた朱烈は、タエや信介に何かと親切にしてくれた。しかし、太平洋戦争が次第に激しさを増し、朱烈も召集され戦地へと向かう。そして、終戦後の昭和23年。タエと中学生になった信介(石田卓也)は、筑豊でつつましく暮らしていた。そこへ、東日鉱山の爆破事件で重蔵と共に首謀者とされ、満州へ逃げていた塙 竜五郎(岸谷五朗)が現れる。竜五郎はかつてタエをめぐり、重蔵と闘った相手。しかし、東日鉱山の一件で二人は強い男の絆で結ばれていた。ヤクザ稼業のかたわら運送業を始めようとしていた竜五郎は、タエと信介の面倒を見ると申し出るが、タエは断る。同じ頃、朱烈も無事戦地から帰ってきて、二人の面倒を見たいと言う。信介は、タエの前に次々と現れる大人の男たちに、嫉妬にも似た感情を抱く。そんな信介を幼なじみの牧 織江(邑野みあ)は複雑な心境で見守っていた。そんな折、東日鉱山の羽根沢が殺される事件が発生。その容疑がかけられた朱烈が、警察に連行されてしまう。一方、タエは日頃の無理がたたり、肺の病が悪化。療養所に隔離されることに。信介は竜五郎の世話になることになり、二人は生まれ育った田川を去って行った。【第一夜】【この項、TBS広報資料に一部役名を補足。補足・練馬大根役者】」ロケ協力・いばらきフィルムコミッション、ワープステーション江戸、日豊鉱業、千葉県佐原市、真壁町、大子町、ナイトスポット・バリー、(九州・福岡県田川市、熊本県荒尾市、大牟田フィルムコミッション、北九州フィルムコミッション、オームタガーデンホテル、グリーンランド開発、三井鉱山、三井石炭工業、九州旅客鉄道、萬龍、プラザホテル北九州、公豊)、(松本・松本市ロケ支援係、松商学園高等学校、緑町みどり会)、(以下はクレジット表示なし)福岡県田川市、福岡県北九州市、福岡県大牟田市、熊本県荒尾市、長野県松本市、茨城県。協力・ウインカー、エヌケイ特機。映像協力・イメージユニオン、宮田町社会教育課、札幌テレビハウス、国際放映、東映、「旗本退屈男謎の怪人屋敷」監督/脚本・渡辺 邦男。医療協力・片山  透。ダンス指導・ダンススタジオW.Dream。朝鮮コーディネーター・Lee京美。車輌・高橋  清、浅野 素行、伊藤 壽雄、松本 金光。劇用車・レベル・ワン、マエダオート。美術協力・さいとう典礼、〓田デザイン専門学校(〓=梅?)、Per Grammo Market、アンティークSWEETROAD。
キー局 TBS 放送曜日 月・火 放送期間 2005/03/21~2005/03/22
放送時間 21:00-22:54 放送回数 2 回 連続/単発 単発
番組名 TBSテレビ放送50周年スペシャルドラマ
主な出演 鈴木 京香(1)(2)、豊川 悦司(1)(2)((2)は回想)、岸谷 五朗(1)(2)、杉本 哲太(1)(2)、石田 卓也新人)(1)(2)、邑野 みあ邑野 未亜)(1)(2)、佐藤 浩市(特別出演)(1)、緒形  拳緒方  拳…誤り)(1)(2)、伊藤  歩(2)、ガッツ石松(2)、古田 新太(1)(2)、金田 明夫(1)、渡邉 奏人(1)、泉澤 祐希(1)、根岸 季衣(1)、浜田  学(1)(2)、神津はづき(1)、大浦龍宇一(2)、掛田  誠岩佐真悠子(2)、福地亜紗美(1)(2)((2)は回想)、石川 眞吾大滝 明利末吉 宏司坂本  真石橋 正高田口 主将岡田 俊博明石  良森  康子佐々木 研池田貴美子赤城 太郎土田アシモ持田  篤)、問田 憲輔倉澤  薫川口  覚ミョンジュちすん原 由利子加藤 和宏叶  雅貴舟山 弘一花田 奈美玉寄兼一郎津野 岳彦酒向 信次出口 正義GOCOO)、安藤 梨乃若松 愛弓野中 紗織福田  悠小野寺玲奈綾  貴士甲斐 厚史沼田 恒守岸  真澄とピノノワールド箱根湯本芸能組合芸プロ古賀プロ、テアトルアカデミー、福岡NAC劇団東俳、田川市の皆さん、太田垣市の皆さん、荒尾市の皆さん、北九州市の皆さん、大子第一高等学校の皆さん、八郷町の皆さん、(エキストラ協力・ジュネス企画N.A.Cタレントセンター)(ナレーション・坂   脩(青二プロダクション))(協力・タカハシレーシング
主な脚本 成瀬 活雄
主なプロデューサ 貴島誠一郎橋本  孝、(プロデューサー補・倉貫健二郎刀根 鉄太小林 泰子)(宣伝担当・藤田 千春)(スチール・井上 修一)(インターネット・鈴木かおり
主な演出 平野 俊一、(演出補・竹村謙太郎吉村 剛弘塚原あゆ子菅野真由美阿南 昭宏大川 慎治)(記録・河野  恵
原作 五木 寛之「青春の門~筑豊編~」(講談社刊)
局系列 JNN
制作会社 ドリマックス・テレビジョン、TBS
制作 (制作担当・浅津 弘義、千葉 裕美、戸田  格、岡安 和久、今西 健太)(デスク・高梨友紀子)(スタントコーディネーター・田渕 景也(GOCOO)、森崎えいじ(GOCOO))
音楽 長谷部 徹、(選曲・御園 雅也)(音響効果・鳥水 哲也)(MA・横田 文孝)(ピアノ指導・小林 由佳)(協力・日音
主題歌 サラ・ブライトマン「A Whiter Shade Of Pale「青い影」」(作詞・Keith Reid、作曲・GaryBrooker、(東芝EMI))
撮影技術 小川 信也石垣  力近江 正彦大江 純一高越  潤伊澤 昭彦井上 久徳加藤 富士品地 貴之、(TD・長瀬 元孝)(CA・尾上 雄一長濱  誠高場  功山本 竜也田村  崇)(VE・榊  聖一花田慎太郎金子 明道)(音声・小島 一宏金澤 康雄岡邊 竜海奥泉 秀信野口 京次重松健太郎)(照明・森田 典光風間 大介岩岡  正永田 泰二相沢  敦村岡 春彦坪川 洋子渋谷 一男佐々木雄也)(編集・森本 大輔)(オンライン編集・原田 文睦)(CG・越智  忍大島  忍大宮司徳盛大関  聡佐々木良太成田 順子星川順一郎赤垣 剛志川鍋 昌彦)(TM・平木 美和)(技術デスク・亘  良作高田  裕山本  豊)(協力・東通、緑山スタジオ・シティ
HP
美術 (美術デザイン・山田  榮山田  栄))(美術プロデューサー・小林 民雄)(美術制作・高田 圭三)(装置・秋山 雷太藤原 孝三下原 直樹)(装置・大村  充田中 秀和山本 直樹)(植木・宍戸 康文)(建具・樋口 一夫)(電飾・井土  昇)(衣裳・武居 守一岩本起法子小菅 大也)(化粧・中田麻由子田中佐代子飯浦亜由美)(持道具・柏倉 友子大谷 竜也)(題字・桑原 江南)(刺青・長井 竜太Tifana))(協力・アックス

Tag Cloud

タエ 信介 重蔵 朱烈 東日鉱山 竜五郎 鈴木京香 田川 豊川悦司 坑道 オーナー・羽根沢... 荒尾 福岡 筑豊 成瀬活雄 佐藤浩市 熊本 岸谷五朗 松本 東映 昭和 大牟田フィルムコ... 石炭採掘鉱山・東... 連れ子・信介 怪人屋敷 緑町みどり会 救う 発生 現れる 大子

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供