• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ世界の中心で、愛をさけぶ(世界の中心で、愛を叫ぶ、世界の中心で愛を叫ぶ、世界の中心で愛をさけぶ…誤り)

「ソウル・ドラマ・アワード2006」ミニシリーズ部門優秀賞受賞作品。同賞最優秀演出監督賞受賞(石丸彰彦プロデューサー)対象作品。ザテレビジョン第42回ドラマアカデミー賞最優秀作品賞、主演男優賞(山田孝之)、助演女優賞(綾瀬はるか)、主題歌賞、新人俳優賞(田中幸太朗)、脚本賞(森下佳子)、監督賞(堤幸彦、石井康晴、平川雄一朗)、キャスティング賞、タイトルバック賞受賞作品。「300万部を越える片山京一の小説をドラマ化した作品。6月にはオリジナル部分を付け加えた映画(行定勲監督、出演・大沢たかお、柴咲コウ、長澤まさみ、森山未來)が公開され、大ヒットした。本作のエンドロールでは映画の脚本担当者が潤色としてクレジットされている。【この項、文・練馬大根役者】」「この作品を身を乗り出して見るようになったのは二話からです。エピソードやアイテムにムダがなく、どんな小さなセリフもラストシーンに向けての布石になっている周到さ。いくつかの煌くシーンを用意したら後はアマルガムのような間に合わせで埋めてゆく恋愛ドラマが多い中、新鮮に映ったのだと思います。ただ、まだこの時点では物語がカタストロフィーに突入したらとてもついてゆけないと思ってました。でも違った。脚本の森下さんは前半の純愛エピソードすべてをジグソーパズルのピースに変えて、「喪失と再生」というもう一枚の画を見せてくれました。確信犯的な反復と対称の多用は、やがて一話の弔辞で読まれた一節へとつながってゆきます。「この世に存在するものに何ひとつムダなものはない=全てのものに意味がある」。亡くなったのは生物の先生でした。生命が循環する理をアキはすでに教えられていたんですね。ヒロインの第一声が作り手の意思表明だったのだとようやく気づいたとき、タイトルバックの意味も見えてきました。「彼岸」のアキと「此岸」のサクがいっぱいに手を伸ばして遂につながれる。「ここに辿りつくまで」物語は終わらないんだと。最終回は、いちばん描いてほしかった忘却してしまうことの非情性がしっかり語られていましたが、アキの父の言葉にはその哀しみすら肯定しようとするニュアンスすら感じられました。そのせいもあって、ラストシーンは全てを肯定して生きてゆくサクが、去りゆく者と残された者が出逢える聖域を手に入れたことを暗示してるように私には映りました。この作品、スタッフの発言によれば「シンプルでストレートな言葉」に対するこだわりがあったようですが、言葉はシンプルであるほどたくさんの思いを裏書きできるし、新たな意味を付与することもできる。サクへの思いが高まるほど死の予感も増幅してゆく夢島の一夜でおまじないのように繰り返された「好きよサクちゃん」、サクを自責の念に陥れるキーワードとなった「特効薬」、娘が父の不器用な愛情を悟ったとき180度意味を変えた「がんばれ」はとりわけ印象深いものでした。思えば小ネタと映像ギミックで作品に奥行きを与えてきた堤監督が、少ない情報量で普遍的なメッセージを正面突破で描いたというのはチーフ作品では初めてだったと思うんですが、不思議に「らしくない」とは思えなかったですね。場作りのうまさや濃密な関係性へのこだわりは変わらない。ここ数年気持ちが離れていたんですが、戻ってこれました。これからもよろしくと思います。【この項、文・ATCQ】」主題歌の柴咲コウ「かたちあるもの」も作品に見事にフィットして素晴らしい。車輌・奥山 武司、吉野 祐二、土田 顕司、広田 顕司。美術協力・ホンダ産業、maruni、KAWASHIMA、OFFICEオルフ、浅沼商会、WISTA、日本エアーテック(5)-(11)、日本光電(6)-(11)、COMET(9)-(11)、GE Healthcare(10)(11)、tyco(10)(11)、PHILIPS(10)(11)、田中三誠堂(10)(11)、ホキメディカル(10)(11)、COSMOTEC(10)(11)、フクダ電子(10)(11)、ドレーグル・メディカルジャパン(10)(11)、高砂医科工業(10)(11)、アズウェル(10)(11)、ワコー商事(10)(11)。衣裳協力((1)では衣小協力)・EDWIN、Nyma、BLUEWAY(1)(3)-(11)ほか。持道具協力・OMEGA(1)(3)-(6)、IKETEI(1)(3)(5)(7)(9)(11)、B-CENT(1)(3)(5)(7)(9)(11)、4℃(1)(3)-(11)、ハンドバッグ西川(1)(3)(6)(9)(11)、エステール(1)(6)、Hush Pupples(1)(3)(5)(7)(9)(11)、SEIKO(1)(3)-(11)、アンティークSWEET ROAD(1)(3)-(11)、Yellow Cab(4)-(11)、アイメガネ(5)(8)(11)、SAYA(6)(10)、ART/BEBE(7)(8)、KYOCERA(8)(9)、帽子屋(9)-(11)、OVER RIDE 9999(10)ほか。撮影協力・静岡県、松崎町、伊豆市、富士市(4)、東伊豆町(4)-(11)、下田市(6)(7)、フィルム・コミッション伊豆、松崎町観光協会、松崎町旅館組合、松崎町商工会、松崎町漁業協同組合、大沢荘、松崎プリンスホテル、禅海寺(1)(11)、東海バス(1)(2)(8)(11)、東海大学医学部付属八王子病院(1)(2)、東放学園専門学校(1)、伊豆急行(2)(4)(9)-(11)、CASIO(2)、西伊豆町斎場(3)(11)、JA伊豆太陽岩科支店(3)、西伊豆貨物自動車(株)(3)、伊藤建設工業(株)(3)(7)、小湊鐵道(3)、(財)富士市施設利用振興公社(4)、さつまあげはやま(4)、千葉県フィルムコミッション(5)、館山市(5)、須田薬品(5)(6)、須田薬局(11)、駿河湾フェリー(5)、下田市観光協会(6)(7)、武蔵野中央第二幼稚園(6)、ラフォーレ修善寺(8)、農業共済(10)、農協共済中伊豆リハビリテーションセンター((10)では中伊豆リハビリテーションセンター)(10)(11)、全日本空輸(10)、福島航空サービス(10)(11)、福島空港ビル(10)(11)、福島県福島空港事務所(10)(11)、NPO法人カルチャーネットワーク(10)(11)、伊豆箱根鉄道(10)、静岡県立松崎高等学校(11)、大阪屋文具店(11)、アスド会館(11)、松崎造花店(11)。カンタス航空、オーストラリア政府観光局(1)(8)(11)、ノーザン・テリトリー政府観光局((1)ではノーザンテリトリー観光局、(8)ではノーザン・テリトリー観光局)(1)(8)(11)。協力・ジニアス(ジニアス)、池田屋、阿云(云は正しくは口偏)、ヴェントゥオノ、グリップアソシエイト、スーパードライバーズ、ドルフィンズ、河合塾(2)、drop in company(VFX)(5)、MOON RABIT PRODUCTION(8)、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」。医療指導・堤  邦彦。(項目なしでクレジット…骨髄移植推進財団・山崎 裕一、吉里 正臣(1)(11))。海外ロケコーディネイト・麻生 三暁(1)(8)(11)、サム 青木(1)(8)(11)。写真所作指導・土生 一俊(1)(2)(11)、兼子 真吾(5)。Special Thanks・落合 芳行(11)、小野喜世仁(11)、中野 正人(11)、藤塚 基広(11)。放送時間変更(カッコ内は理由)…(4)→7/23(金)22:20-23:14(「ザ・ベースボール野球烈闘2004 横浜×巨人」中継延長 )、(5)→7/23(金)22:30-23:24(「ザ・ベースボール野球烈闘2004 阪神×巨人」中継延長)、(8)→8/20(金)22:30-23:24(「ザ・ベースボール野球烈闘2004 阪神×巨人」中継延長)、(11)→9/10(金)22:00-23:09(最終回拡大版)。「え~、これはデータの正当性とは何ら関係ないんでスルーしてもらっていいんだけど、「世界の中心で、愛をさけぶ」の出演者のうち、上記の金田美香からゆりんまでの女性は同局で毎週土曜の朝放送されている情報番組「王様のブランチ」のレポーターらであり、同番組内で現場レポートをするという連動企画の兼ね合いでの出演だそうだけど、他のサイトの掲示板を見るとそれを快く思わない人も多かったようだね。 【この項、文・Gershwin Melody」】」
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2004/07/02~2004/09/10
放送時間 22:00-22:54 放送回数 11 回 連続/単発 連続
番組名 金曜ドラマ
主な出演 山田 孝之綾瀬はるか蓼丸  綾)、緒形 直人緒方 直人)、桜井 幸子松下 由樹松下 幸枝)、手塚 理美手塚さとみ)、三浦 友和仲代 達矢(特別出演)(1)-(8)(10)(11)((4)(6)(7)(10)(11)では写真、(4)(6)-(8)(10)(11)は表示なし)、田中幸太朗柄本  佑本仮屋ユイカ夏帆高橋 克実大島さと子大島 智子)、仲條 友彪仲条 友彪)、浅野 和之(5)-(11)、田中  圭夏帆(1)-(9)(11)、水野はるか酒巻ゆかり水野友加里鹿嶋ゆかり)、武野 功雄(1)-(7)(9)(11)、浅香 友紀平野  文(1)-(3)(8)(10)、野添 義弘(1)(3)(5)、おかやまはじめ岡山はじめ)(5)、鳥羽  潤((8)は表示なし)(6)-(8)、立石 凉子立石 涼子)(7)、須賀  力(1)(2)、李  鐘浩(2)、森 富士夫(3)、森山 米次(3)(7)、森  喜行(3)、中田 優子(3)、石川 裕司(3)、浜  幸郎(3)、柴井 伶太(3)(4)、茂木 和範(4)、尾林凛太郎(4)、本多  楽(4)、里吉 彩華(4)、岩橋 道子(5)(6)、浅沼 晋平(5)(6)、島邑 みか(6)、辻井 義人(9)、渡邉ひかる(9)、岩尾万太郎(10)、安田  暁(10)、森川数間(10)(11)、金田 美香(11)、竹井 美咲(11)、川瀬 良子(11)、細野 由華(11)、佐藤 弥生(11)、諸岡 愛美(11)、白石 みき(11)、ゆりん(11)、宮本 侑芽(11)、増田 佳彬(11)、西  洋亮山口麻衣加(クレジット表示未確認)、芸プロトライアル劇団ひまわり劇団いろは(4)、松崎町のみなさん、放映テレビプロダクション(4)、富士常葉大学野球部(4)、ロケ応援団富士宮&芝川(4)、特定非営利活動法人フィルム微助人(4)
主な脚本 森下 佳子、(潤色・坂元 裕二伊藤ちひろ行定  勲
主なプロデューサ (プロデュース・石丸 彰彦)(プロデュース補・市山 竜次(1)-(11)、原  恵子(1)-(11)、赤羽智比呂小山 義博)(番組宣伝・小林恵美子)(インターネット担当・大前 由喜(1)(4)(7)(10)(11)、河合 千晶(2)(5)(8)(11)、内藤亜希子(3)(6)(9)(11))(スチール・中村 光一(1)-(11)、原田 浩二
主な演出 堤  幸彦堤ユキヒコ)(1)(2)(5)(6)(10)(11)、石井 康晴(3)(8)、平川雄一朗(4)(7)(9)、(演出補・白石 達也(1)-(11)、高橋 正尚(4)-(11)、塩崎  遵鈴木 雅昭二宮  崇山田 昌伸)(記録・奥平 綾子奥平 紋子)(1)(2)(5)(6)(10)(11)、井坂 尚子(3)(7)(9)(11)、根本  純(4)(11)、大原 翔子(8)(11))
原作 片山 恭一「世界の中心で、愛をさけぶ」小学館刊、(参考文献・「今日は死ぬのにもってこいの日」(めるくまーる刊)著者 ナンシー・ウッド(1)(11))(協力・映画「世界の中心で愛をさけぶ」
局系列 JNN
制作会社 (制作・TBSエンタテインメント(TBS ENTERTAINMENT))(製作著作・TBS)
制作協力 オフィスクレッシェンド
制作 (制作担当・中川 真吾、三上 慎一)(制作主任・植松 育巳)(制作進行・久保田育美、中田 未央)(番組デスク・小澤 通子)(仕上進行・大形 美幸)
企画 (編成・津留 正明((1)(2)(11)以外はクレジット表示なし))
音楽 河野  伸、(音楽プロデュース・志田 博英)(MA・中村 徳幸(7)-(10)、沼田 彰彦(11))(音響効果・亀森 素子)(協力・キング江戸川橋スタジオ、日音
主題歌 柴咲 コウ「かたち あるもの」(UNIVERSAL J/chimera energy)、(挿入歌・ザ・ブルーハーツ「リンダ・リンダ」(4))
撮影技術 唐沢  悟(1)-(11)、別府 忠久斑目 重友坂本 将俊志村 泰史、(映像・吉岡 辰沖(1)-(11)、船山 道夫)(CA・杉村 正視古城 正智)(照明・川里 一幸(1)-(11)、山口秦一郎平賀 陽子五十嵐敏也坂本 真章高橋みづき)(音声・中村 徳幸(1)(2)(5)(11)、戸田 直之(3)(4)(6)-(11)、乙部 直樹重松健太郎山羽  稔高倉  誠白井 久雄)(特殊機材・佐藤 秀雄)(編集・大野 昌寛(1)-(11)、山口 牧子(1)-(11)、折田 祐介)(タイトルCG・保坂久美子)(CG・越智  忍(1)-(11)、成田 純子岩屋 朝仁)(協力・TAMCO、緑山スタジオ・シティ、タロースタジオ(11))
HP
美術 永田周太郎(3)-(10)、(美術プロデュース・永田周太郎(1)(2)((1)のみ「永田周太朗」と表記)、石田 道昭(1)(2))(美術制作・澤井 義雄(1)-(11)、前田 忠輝)(装置・館山 道雄)(操作・南  智章高根 英樹)(装飾・鈴木 昌也上原 一晃(3)-(11))(コスチューム・遠藤 和己(1)-(11)、板敷 輝美)(ヘアーメイク((11)ではヘアメイク)・座喜味えり奈(1)-(11)、伊藤 杏奈)(持道具・高橋 峰子)(イルミネーション・坂本 歌織)(植木装飾・菊池 起矢)(建具・大崎 健一)(生花・遠山  徹)(医療美術・井口  浩(5)(7)-(11))

Tag Cloud

サク 松崎 ザ・ベースボール... 山田孝之 (金) アキ 綾瀬はるか 思う 意味 中継延長 巨人 さけぶ 肯定 顕司 作品 阪神 こだわり 森下佳子 ラストシーン 映画 下田 柴咲コウ 言葉 緒形直人 クレジット 観光協会 変える 映る 多い 思い

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供