• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ赤い月(第一夜、第二夜「激動の満州」)

戦時中、満州に渡ったなかにし氏一家の波乱を描く。「「お父さん、お母さん…やっと満州に帰ってきました」。森田美咲(市原悦子)は55年ぶりに中国の大地を踏んだ。その手には、母の波子(高島礼子)、美咲(佐藤 光)、ロシア人のエレナ(カティア)が氷室啓介を囲んでいる写真。目を閉じた美咲に、子供の頃のおぞましい記憶が蘇る。家庭教師だったエレナが、森田家に出入りしていた男・氷室啓介(中村獅童)に処刑された惨劇――その一部始終は、幼い美咲と公平(堀口良太)、そして母・波子の目前で行われたのだ。それは、赤い月の夜のことだった…。美咲達、森田一家が小樽から満州(現在の中国東北部)に渡ったのは1934年5月のこと、母・波子は30歳、父・勇太郎(内藤剛志)は33歳、長男の一男は9歳で美咲は3歳だった。波子達がたどりついた牡丹江駅には、当地の手引きを担う塚本(地井武男)という男がいた。勇太郎と波子は、小樽時代の知己・大杉寛治(寺脇康文)と、塚本の口利きで酒造りに活路を見いだす。大杉は関東軍の参謀副長、塚本は満州で幅をきかせる協和物産の社員だった。波子と勇太郎夫婦の必死の努力と、越後白雪のベテラン番頭・池田(佐戸井けん太)の尽力により、森田酒造は日本酒「弓鷹」の醸造に成功し、もともとの住民だった匪賊の襲来におびえながらも、財を成していく。波子達の奮闘があったからこそ森田酒造は成功したわけだが、その影に関東軍の大杉の力が大きく影響していたことは否めない。大杉は波子の初恋の相手だった。1939年の満州。軍人達に「弓鷹」を振る舞っていた波子は、ライバル会社「凱歌」の女社長・原 洋子(泉ピン子)と知り合う。洋子は夫に先立たれたあと、女手ひとつで日本酒「凱歌」を守り、牡丹江日本婦人会の会長も務めるバイタイリティあふれる女性だった。女でありながら自立した考えを持つ波子と洋子は共感し、うち解け合う。翌年の冬、波子に一通の手紙が届く。大杉からの手紙だ。波子と二人だけで会いたい、大杉はそう手紙に書いた。手紙を知った勇太郎の心は騒いだ。二人が会ってもしものことがあったらどうすればいいのだ。勇太郎の心配を笑った波子だったが、実際に大杉に会うと、求められるままに関係を持ってしまう。大杉は波子を想い続け、独身を通していたのだ。1943年、波子は、塚本が連れてきた氷室啓介(22)(中村獅童)と出会う。氷室は謎めいた雰囲気と、悲しげな瞳を持つ若者だった。氷室と共に森田家を訪れたロシア人エレナ(21)(カティア)に、一男(柄本佑)は一目ぼれする。氷室は、エレナの父親から彼女のことを日本人男性から守ってほしいと頼まれていたので、エレナに代わって一男の誘いを断る。一男は氷室に対抗心をわかせ、二人は剣道で決闘した。波子は一男の身を案じながら、氷室を捨て置けない自分にうろたえる。結果は氷室の圧勝だった。それをきっかけに氷室とエレナは急激に接近し、二人は恋に落ちる。波子はそのことにまったく気づかず、エレナを美咲(佐藤光)の家庭教師として雇い入れた。1944年)5月、一男とエレナの家を訪ねた波子は、氷室とエレナの情事を目撃してしまう。波子に激しい嫉妬が燃え上がった。翌1945年8月、明日にもソ連が侵攻してくるかもしれない状況で、大杉が別れを告げに波子を訪ねてきた。その会話をエレナが立ち聞きする。波子は確信した。エレナはロシアのスパイに違いないと。【この項、テレビ朝日広報資料に出演者名、西暦年を補足。補足・練馬大根役者】」撮影協力・大井川鐵道(大井川鉄道)(1)(2)、神戸フィルムオフィス(1)(2)、滋賀ロケーションオフィス(1)(2)、沢の鶴資料館(1)(2)、京都大学農学部付属牧場(1)(2)、龍谷大学大宮学舎(1)(2)、滋賀県警察本部(1)(2)、琵琶湖汽船(1)(2)、びわ湖大津館(1)、増田徳兵衛商店(1)(2)、京都大覚寺(1)(2)、大本山妙顕寺(1)(2)。宿泊協力・京都全日空ホテル(1)(2)、パレスホテル掛川(1)(2)。協力・新潮社(1)(2)、東映京都スタジオ(1)(2)、松竹京都映画撮影所(1)(2)、渋谷ビデオスタジオ(1)(2)、東映美術センター(1)(2)、新映美術工芸(1)(2)、高津商会(1)(2)、京阪商会(1)(2)、松竹衣裳(1)(2)、八木かつら(1)(2)、嵯峨映画(1)(2)、関西ロケーションサービス(1)(2)、三交社(1)(2)、NHK(1)(2)、テレビ朝日映像(1)(2)、日本映画新社(1)(2)、梅田 恵子(1)(2)。衣裳協力・ウエディンググループ(1)(2)、岡本商會(1)(2)、愛ZECRA(1)(2)、東方貿易(1)(2)、井上資孝商店(1)(2)、さんびきもの和装品(1)(2)。舞踊指導・中村 光江(1)(2)。中国ロケ・(協力・黒龍江省人民政府外事辧公室(1)(2)、九洲文化傳播中心九洲音像出版公司(1)(2))。ダンス指導・小仲井宏美。車輌・中小路 充。後編は、木曜21:00~23:24放送。【データ協力・練馬大根役者】
キー局 TX 放送曜日 水木 放送期間 2004/05/05~2004/05/06
放送時間 20:54-23:23 放送回数 2 回 連続/単発 単発
番組名 テレビ東京開局40周年記念ドラマ 大王製紙エリエールスペシャル
主な出演 高島 礼子(1)(2)、内藤 剛志(1)(2)、中村 獅童(1)(2)、泉 ピン子(1)、市原 悦子(1)(2)、寺脇 康文(1)(2)、中村 梅雀(1)、橋爪  功(2)、地井 武男(1)(2)、佐戸井けん太(2)、金田 明夫(2)、柄本  佑(2)、佐藤  光(2)、堀口 良太(1)(2)、カティア(2)、神保 美喜(2)、張  春祥(2)、中西夏奈子(2)、畑中映里佳実田江梨花清水えりか中江 里香)(2)、久保内亜紀(2)、藤村  修(2)、井上  康(2)、和泉 宗兵小泉 朋英)(2)、渡部 大輔(2)、藤井 びん(2)、下元 年世(2)、谷口 高史(2)、杉村  暁(1)(2)、藤邦 有子(1)(2)、中村 獅一(1)(2)、相川やすし(1)(2)、石丸 椎菜(1)(2)、谷津  勲(1)(2)、池田 勝志(1)(2)、泉  祐介(1)(2)、宮田 圭子(1)(2)、アナトリ・クラスノブ(1)(2)、辻本 一樹(1)(2)、三矢家ゆうじ(1)(2)、加藤 正記(1)(2)、田辺ひとみ(1)(2)、東田 達夫(1)(2)、森口 一光(1)(2)、大石 昭弘(1)(2)、杉山 幸晴(1)(2)、松永 吉訓(1)(2)、城土井大智(1)(2)、小谷 隆仁(1)(2)、上野真紀夫(1)(2)、中村  正(1)(2)、山崎 博之(1)(2)、山内雄一郎(1)(2)、山素 由湖(1)(2)、菅原 友貴(1)(2)、幸野 友之(1)(2)、河合 陸人(1)(2)、松岡 日菜(1)(2)、今西 洋貴(1)(2)、渡辺 万也(1)(2)、上野 翔吾(1)(2)、村上よしき(1)(2)、伊藤 美紀(1)(2)、清水  恵(1)(2)、及川  綾(1)(2)、(ロシア語指導・ヴィドヴィチェンコ・ソーヤ(1)(2))(中国語指導・李   珍(1)(2)、沈   魏正しくは山の下に魏)(1)(2))(協力・エクラン演技集団(1)(2)、ロビンズインターナショナル(1)(2)、NAC(1)(2)、ヤマプロダクション(1)(2)、キャストプラン(1)(2)、ぐるうぷ香住(1)(2)、小雁倶楽部(1)(2)、グレース(1)(2)、ジャパンアクションエンタープライズ(1)(2)、プロジェクト・コア(1)(2)、キリンプロ(1)(2)、グループ・エコー(1)(2))
主な脚本 竹山  洋
主なプロデューサ 椿  宣和西岡 善信不破 敏之(TX)、橋本かおり(TX)、(ラインプロデューサー・酒井  実)(プロデューサー補・門馬 隆司山鹿 達也(TX))(番組宣伝・伊藤 淳也(TX)、森村 祥子(TX))(スチール・日下 和美)(中国ロケ・(スチール・佐渡多真子))
主な演出 (監督・長尾 啓司)(助監督・児玉 宣久細川 光信)(スクリプター・松橋 章子
原作 なかにし礼(新潮社刊)
局系列 TXN
制作会社 トスカドメイン(toskadomain)、TX
制作協力 映像京都
制作 (制作担当・丹羽 邦夫)(制作主任・村田  敦、小西 剛司)(俳優担当・岡原 伸幸)(制作デスク・徳山 美奈)(中国ロケ・(制作担当・門脇 麻維)(制作・張   月)(コーディネーター・李   珍))
音楽 丸山 和範、(音楽協力・テレビ東京ミュージック)(音曲指導・中本  哲)(アコーディオン指導・茂木 益行)(三味線指導・杵屋栄津三郎)(選曲・合田  豊)(効果・橋本 正二)(MA・長谷雄智宏
主題歌 (音楽協力・エンディングテーマ曲・「Red Moon」(作・編曲・寺田 志保、演奏・Dffo、(インペリアルレコード))
撮影技術 浜名  彰、(照明・美間  博)(録音・小西  進)(VE・平金聡一郎)(編集・國井 弘一)(VTR編集・高橋  亮)(仕上げデスク・大畠 耕治)(技術協力・オムニバス・ジャパン(OMNIBUS JAPAN))(中国ロケ・(撮影・宮田  伸)(撮影管理・馬   麗白  東明)(照明・藤原 武夫)(録音・山本 弘樹)(VE・作田 和矢))
ビデオ DVD:角川映画
HP
美術 丸井 一利重田 重盛、(美術監修・西岡 善信)(装飾・島村 篤史)(特機・西村伊三男佐藤 哲治)(セット付・福田 敏雄)(装置・梶谷 信男柳瀬 恭一)(ヘアーメイク・西村佳苗子広瀬紀代美坂本 登美)(特殊メイク・江川 悦子)(特殊造型・原口 智生)(衣裳・木田 文雄

Tag Cloud

波子 エレナ 氷室 大杉 一男 なかにし礼 満州 美咲 塚本 勇太郎 中村獅童 カティア 高島礼子 母・波子 森田酒造 弓鷹 波子達 手紙 森田家 凱歌 日本酒 関東軍 洋子 内藤剛志 佐藤光 家庭教師 会う 渡る 竹山洋 成功

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供