• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ超星神グランセイザー

バイク便ライダー・弓道天馬(くどうてんま、瀬川亮)は謎の男、御園木篤(みそのぎあつし、工藤俊作)から呼び出された。依頼内容は一通の封筒を遺跡発掘現場に届けることだ。そこで天馬は、考古学会の異端児、堀口一郎(赤星昇一郎)とその助手の獅堂未加(清水あすか)、剣(武田光兵)と出会う。現場で発見された超古代の巨大ロボット「超星神ドルクルス」を狙って、異形の男が現れた。超人的な力を発揮する、その男こそ「セイザーレムルズ」だった。佐伯カリン(千葉美加)に率いられた「風のトライブ」セイザーレムルズ=伝通院洸(でんつういんあきら、芹沢秀明)、雨宮涼子(星野マヤ)、秤谷仁(松沢蓮)は堀口博士からドルクルスを強奪した。その争奪戦の中、天馬はその能力に覚醒し「セイザータリアス」に変身した。そしてグランセイザーの使命とは、宇宙からの侵略者と戦うことだと知る。未加、剣もまたグランセイザーであり、天馬と同じ「炎のトライブ」だった。グランセイザーは同じトライブの3人が揃うことではじめて自分達のロボット「超星神」を起動できるのだ。【以上、テレビ東京広報資料より引用】
キー局 TX 放送曜日 放送期間 2003/10/04~2004/09/25
放送時間 09:00-09:30 放送回数 51 回 連続/単発 連続
主な出演 瀬川  亮清水あすか武田 光兵芹沢 秀明星野 マヤ松沢  蓮高原 知秀正木 蒼二磯山さやか千葉 美加工藤 俊作赤星昇一郎大地 泰仁阿部進之介岡田 秀樹伊藤久美子菅原 卓磨桑原 太市佐田真理恵阿部進之介ちすん北岡 久貴池田 昌子亜沙里伊沢  弘小瀬木 涼木下ほうか多賀 啓史佐藤 晴彦乙黒 えり油井昌由樹吉田 友紀亀井 彰夫田井 和彦高多康一郎仗  桐安)(12)、桑原 成吾(19)、井村 空美(32)、(声・若林  正谷口  節泉  龍太富田 晃介松尾まつお佳本 周也加藤 雅也マーク・大喜多羽賀  聖泉  龍太)(ナレーション・田中総一郎(1)、元村  悠(2)-(34)、桐井 大介(35)-(51))
主な脚本 (シリーズ構成・大川 俊道)(脚本・大川 俊道園田 英樹古怒田健志石井 博士稲葉 一広(31)、河田 秀二(35)(48)、上代  務野添 梨麻)(ストーリーボード・なかの★陽
主なプロデューサ 二村 慈哉石井 信彦山川 典夫(TX)、(ラインプロデューサー・杉崎 隆行大崎 裕伸
主な演出 (監督・村石 宏實鈴木 健二(31)、三好 邦夫鹿島  勤石井てるよし池田 敏春)(特技監督・川北 紘一川北 絋一)(1))(助監督:石井 良和)(アクションコーディネーター・松井 哲也高橋 伸稔志真 叶一J-STUNTS NETWORK
局系列 TXN
制作会社 (制作プロダクション・ゼネラル・エンタテイメント)(製作・東宝、TX、読売広告社)
企画 藤原 正道柳田 和久、(企画協力・ガンジス
音楽 高梨 康治
主題歌 (オープニングテーマ・浅岡 雄也「Life goes on」(作詞・浅岡 雄也、作曲・Eddy Blues、編曲・沢崎 公一)(徳間ジャパンコミュニケーションズ))(エンディングテーマ・安倍 麻美「きみをつれていく」(作詞・326、作曲・筒美 京平、編曲・井上ヨシマサ)(ユニバーサルミュージック))
撮影技術 (VFX・ドリーム・プラネット・ジャパンコア・ブレイン、日本エフェクトセンター)(特撮協力・ドリーム・プラネット・ジャパン
HP
美術 マーブリングファインアーツ東宝映像美術、(デザインワークス・西川 伸司品田 冬樹岡本 英郎)(特殊造型・品田 冬樹山部 拓也)(特殊造型・ヴィショップ、開米プロダクション、ヒルマモデルクラフト)(特殊効果・亀甲  船

Tag Cloud

瀬川亮 トライブ グランセイザー 清水あすか 天馬 武田光兵 セイザーレムルズ 星野マヤ 松沢蓮 千葉美加 工藤俊作 セイザータリアス 柳田和久 バイク便ライダー... 芹沢秀明 秤谷仁 てんま 佐伯カリン 伝通院洸 石井信彦 二村慈哉 みそ 侵略者 うい 巨大ロボット 異形 覚醒 藤原正道 自分達 強奪

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供