• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ私海(新聞ラテ欄表記…私海(しかい) なぜ少女は殺人を?)

話は、ある少女・幸子(小日向しえ)が少年院から戻ってくるところから始まる。その少女の親戚にあたるTVディレクター高橋(八嶋智人)は、ドキュメンタリー番組を担当しているが、ここ最近良いネタがなく焦りを感じていた。自身の母親から、その少女の話を聞いた高橋は取材しようとする。大人を嘲笑い心を開かない幸子。しかし、ほんの一瞬見せた笑顔に妙な感情と疑問を感じた高橋は、その取材に、のめり込んでいく。何故、幸子は人を殺したのか…?1対1の取材を進めていくうちに、幸子の不安定な精神バランス、幼い頃のトラウマ、学校というモノに対する嫌悪感、社会に対する稀薄感、未来に対するこだわりのなさ、などが徐々に明らかになっていく。そんな中、どこかでまた自分の感情も変わっていく高橋。彼女は、先の見えない人生という荒れ狂った海(私海)で溺れかけている。それを今、冷静に眺めている自分は…?そして取材が終わる別れの日に…。【以上、フジテレビ広報資料より引用】「小ネタに走らない八嶋のシリアスな演技としえちゃんの演技以前の無表情な恐さが例によって深夜のまったりとした空気を心地良くする一時間。表面上は「TEAM」にも似た少年犯罪と取り巻く人間達の隠された真実を描いているが、こっちには愛情よりも最後まで渇いた風が流れつづける。 …それでも彼女は生き続ける。【この項、文・Gershwin Melody】」車輌・後藤 勇太。ロケ協力・横須賀市役所港湾部、横須賀公園緑地協会、横須賀市教育委員会、久里浜仲通り。協力・共同テレビ、FLT、笑カンパニー、Digitalcircus。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 2003/09/26~2003/09/26
放送時間 24:55-25:55 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 ドラマ
主な出演 八嶋 智人小日向しえ佐藤 泰司THEATRE BROOK)、神戸みゆき伊藤 正之大塚 良重松澤 一之蜷川 みほ斉藤あきら金子 莉奈(子役)、佐藤  淳(子役)、宮下ともみ川村エミコ、MANAMI、高江洲 良山田 浩太小原 和浩
主な脚本 石井 浩二、(構成・鈴木おさむ(広報資料では脚本と表記))
主なプロデューサ (プロデュース・石井 浩二)(プロデューサー・下山  潤イースト))(プロデューサー補・杉原 洋子
主な演出 石井 浩二、(演出補・松村 耕平太田  旬渡辺  資相澤  雄中川 将史中川 美智)(記録・吉丸 美香
局系列 FNN
制作会社 CX
制作 (制作・加藤 孝政)(制作デスク・保坂 美帆)
企画 (編成・保原賢一郎
音楽 (音響効果・松長 芳樹)(MA・中村 和弘
撮影技術 小川 経一秋山  透竺原 功二、(技術・佐々木信一)(撮影助手・長谷川真也)(映像・品田 正人)(音声・中村  仁久馬 邦一和田 啓之)(照明・八木原伸治吉川 知孝)(編集・一ノ瀬 勝)(編集デスク・江見あやの
HP
美術 (美術デザイン・青木 陽次青は正しくは木偏に青。あべ木陽次))(美術プロデューサー・井上 幸夫)(美術進行・吉田  敬)(装飾・高田 修司)(メイク・藪西 智美)(衣裳・伊藤恵美子)(持道具・山田 裕紀

Tag Cloud

小日向しえ 石井浩二 八嶋智人 佐藤泰司 高橋 幸子 取材 感情 ネタ 稀薄感 ロケ協力・横須賀 私海 精神バランス 車輌・後藤 感じる 嘲笑う 少女 神戸みゆき 表面 嫌悪感 少年犯罪 恐い こだわり トラウマ モノ 溺れる 眺める 教育委員会 伊藤正之 自分

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供