• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データスペシャルドラマ 海のオルゴール(新聞ラテ欄表記・美智子さまが愛した詩・母と息子 数奇な運命のドラマ… 海のオルゴール)

文化庁芸術祭参加作品。竹内てるよ(松雪泰子)は両親の顔を知らない。判事である祖父(宇津井健)と祖母(長山藍子)を親代わりに育った。幼い頃から本や詩を読むことが好きだったてるよは、成人し、東京で婦人記者として働き始める。だが、懸命に一人前の記者になろうと張り切るてるよに、突然憧れの先輩記者、波多野秋子(森口瑤子)の心中事件というショッキングなニュースが飛び込んできた。人妻であった波多野が命をかけてまで貫いた愛に、てるよはひどく打ちのめされた思いだった。「まだ異性を愛したこともない私が、この先それほどの相手に巡りあうことができるのだろうか」と…。だが、それからしばらくして山辺徹治(葛山信吾)という男性との縁談が持ち上がり、てるよは彼と結婚する。てるよの病弱で、家事の不得手なことを理解した夫の徹治が、篤子(田畑智子)というお手伝いを雇ってくれたおかげで、てるよは静養もでき、やがて徹治との子を身籠もった。てるよの体を気遣い、出産を諦めるよう医師は説得するが、てるよは耳を貸さず、生死の境をさまよいながら、無事男の子を出産するも、出産後、絶対安静を強いられる、ほとんど寝たきりの状態になってしまった。早く元気になって我が子を抱くことを夢みて療養を続けるてるよに、篤子から衝撃的な事実が告げられる。徹治と篤子が密通していた上に、子供はすでに里子に出したというのだ。生きる気力を失ったてるよは、子供と一目逢うことを条件に、徹治に離婚を申し出た。数日後、てるよは安永(大杉漣)という男の立ち会いの元、木村徹也(小室優太)となった我が子と最後となるかもしれない短い対面を果たした。あれから二十数年―。時代はめまぐるしく移り変わり、てるよは詩人となって暮らしていた。城崎夕子(新山千春)という身の周りの世話をやいてくれる弟子もいるし、山上和男(石坂浩二)という信頼できる編集者にも恵まれた。篠崎一朗(仲村トオル)という主治医のもとに定期検診に通っているが、体調も安定している。だが、平穏に暮らすそんなある日、徹也が名古屋の刑務所で服役中との報せが飛び込んできた。どんな状況にあっても片時も忘れることのなかった成人した徹也(池内博之)との辛い再会だった。それでも てるよは、徹也を受け入れる決意をし出所後一緒に暮らそうと誘い、徹也も新しい働き先で真面目に働き始めた。しかし、ようやく掴んだ親子の幸せな生活も長くは続かなかった。徹也が昔の仲間とつるんで、会社の資材を一切持ち去り、行方をくらませたのだ。その後、徹也を自分の手で更生させようと決意したてるよは、ようやく徹也の居所を探し当てた。しかし、徹也の口から出たのは、「あんたはいい母親をやってみたかっただけなんだ…親子のフリはできても本当の親子にはなれない。」という冷たい言葉だった。その直後のことだった、山上が、「徹也逮捕」と報らせに来たのは。動揺するてるよに向かい、山上はこう尋ねる。「あなたには連絡しないで欲しいと徹也くんは言っています。会いに行きますか…?」てるよは再び徹也の元へと向かった。その後、出所した徹也は、てるよの元へ帰ってくる。ようやく一緒に暮らし始め幸せを噛みしめるてるよ。そんなある日、徹也は突然咳き込み、篠崎に診察を受けたところ、後日てるよは篠崎から衝撃的な事実を宣告される。徹也の体はガンに冒されており、もってもあと半月か一ヶ月だと言うのだ。そして徹也は、最期に「ありがとう、お母さん。」と言い残し、息を引き取る。さらに20年後、てるよ(八千草薫)は徹也と二人で来ようと約束した故郷の海岸である北海道・厚岸を訪れ、独りでたたずんでいた―。【以上、フジテレビ広報資料より引用。採録・練馬大根役者】「「FNN27時間テレビ スペシャルドラマ」として放送された。当初放送予定は土曜21:30-23:30だったが、前の生番組放送延長のため予定より遅れてスタート、21:36-23:38に放送された。放送時間について。『海のオルゴール』として提供のコールが入ったのが21:36(GMさまの指摘による)。21:38:00にイントロ開始、21:42:30に本編開始。本編のエンドマークが出たのが23:38でした。【この項、文・練馬大根役者】」ロケ協力・いばらぎフィルムコミッション、茨城県三の丸庁舎、馬場本店酒造、岡田記念館、浦安郷土博物館、代々木八幡宮。協力・サニー企画、コンティニュー。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 2003/06/28~2003/06/28
放送時間 21:36-23:38 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 '03FNS27時間テレビ
主な出演 松雪 泰子池内 博之石坂 浩二仲村トオル宇津井 健(特別出演)、八千草 薫(語りも)、木村 多江(特別出演)、葛山 信吾長山 藍子(特別出演)、大杉  漣森口 瑤子森口 瑶子)、田畑 智子新山 千春岩崎ひろみガッツ石松田窪 一世梅宮万紗子高村 晃平真実 一路岡 あゆみ人村 朱美岡田 秀樹春延 朋也山崎 直樹松浦  隆安田  暁竹内 義人佐藤めぐみ小室 優太星 ひなの今野由起子井上 敬明今野 紀子、古賀プロダクション、劇団東俳手話劇団羽音、セントラル子供タレント、(ナレーション・大塚 範一
主な脚本 水橋文美江
主なプロデューサ (プロデュース・現王園佳正)(プロデュース補・菊地 裕幸榊原 妙子)(広報・小出 和人正岡 高子)(スチール・小柳 法代
主な演出 宮本理江子石坂理江子)、(演出補・島添  亮)(記録・上田裕里子上田 ゆり上田 悠莉))
原作 竹内てるよ「海のオルゴール~子に捧げる愛と詩~」
局系列 FNN
制作会社 CX
制作 (制作担当・坂本 忠久、渡辺 貴生)(スケジュール・菊地 裕幸)
企画 (編成・中野 利幸
音楽 (選曲・佐古 伸一)(音響効果・田代 智恵)(MA・岩下 広史
撮影技術 須藤 康夫、(技術プロデューサー・瀬戸井正俊)(TD・白田 龍夫)(音声・渡邊 利実)(照明・萩原 文彦)(VE・深澤 敏行)(編集・落合 英之)(VTR編集・高橋  努勝又 秀行)(CG・伊藤 玉緒)(CG協力・デジデリック)(協力・渋谷ビデオスタジオ、共同テレビジョン、レモンスタジオ)
美術 (美術監修・木村 威夫)(美術プロデューサー・関口 保幸)(デザイン・荒川 淳彦)(美術進行・内村 和裕鶴家 美佳)(大道具・宮本 昌和種市  匡)(建具・阿久津正巳阿久津正己))(装飾・宮崎 光平)(持道具・志田 尚二)(衣裳・大森 茂雄)(メイク・小林志保美)(床山・山倉 省三)(結髪・佐藤 典子)(アクリル装飾・青木 順一)(植木装飾・佐川 忠由)(タイトル画・島添さとし)(美術協力・「レ・ミゼラブル」佐藤 朔訳

Tag Cloud

てるよ 徹也 徹治 松雪泰子 篤子 池内博之 山上 出産 親子 暮らす 成人 篠崎 てる 水橋文美江 飛び込む 出所 石坂浩二 波多野秋子 木村徹也 決意 婦人記者 子供 一緒 来る 向かう 働く 宮本理江子 出る 詩人 張り切る

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供