• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ外科医さやかの執刀事件簿

外科医・風間さやか(久本雅美)は赴任した内藤病院で緊急オペを行う。患者は偶然にもさやかの幼なじみ・但安(近藤芳正)の一人息子だった。但安は妻の死後刑事をしながら一人で息子を育ててきただけに、さやかに感謝する。ところが赴任当日のいきなりの行動に外科部長の小林(五代高之)や佐野医師(武野功雄)らは反発。しかし、さやかを呼んだ総婦長の薫子(野際陽子)や事務長の洋子(角替和枝)、洋子の息子で看護士の克彦(川端竜太)らはさやかを歓迎、病院に新しい風を吹き込んで欲しいと応援する。そんな折り、内藤院長(仲谷昇)の一人娘・嘉子(星遙子)が行方不明になり、首吊り死体で発見される。死亡推定時刻の直前に嘉子はスピード違反で捕まっており、その時嘉子一人で運転していたことや、彼女がガンに冒され悩んでいたことから、警察は自殺と断定。しかし嘉子を娘のようにかわいがっていたという洋子は、さやかに疑問点を訴える。ガンに冒されたという相談がなかったというのだ。親子のように仲の良かった嘉子なら自分に相談しないはずはないという洋子の話に耳を傾けるさやか。嘉子の夫・啓介(山崎一)は入り婿で内藤病院の副院長を務めるが、医師としての腕や生活態度に問題があり院内の評判が悪いと聞き、さやかと但安は嘉子の自殺に疑いを深める。【TBS広報資料より引用】 撮影協力:赤坂パーキングセンター、EUROPEAN ACE、横浜総合病院、石和温泉病院、JRA競走馬総合研究所、カーステーションVIP、REIMS、開洋亭。協力:フジアール、東通。車輌:ドルフィンズ。【データ協力:下衆さん】
キー局 TBS 放送曜日 放送期間 2003/05/12~2003/05/12
放送時間 21:00-22:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 月曜ミステリー劇場
主な出演 久本 雅美野際 陽子近藤 芳正山崎  一川端 竜太角替 和枝真夏  竜瀬戸 幹雄真夏 竜吾)、星  遙子星  遥子星 ようこ)、山本 恵美川村 亜紀久保内亜紀清水ひとみ(※1975/08/02生まれ)、草野  裕岡田 祥世五代 高之武野 功雄仲谷  昇佐藤 正宏てるやひろし飯塚俊太郎竹沢 一馬川原 澄人福澤  賢藤田 大介村本 准也フォワードタレントオフィス、テアトルアカデミー、劇団東俳古賀プロキリンプロ、(カースタント:TA・KA)(スタント:大道寺俊典)(医療指導:石田喜代美
主な脚本 橋本 以蔵
主なプロデューサ 森川 真行、(プロデューサー補:増野 琢麿)(スチール:大原 健二
主な演出 伊藤 寿浩、(演出補:島田  晃)(記録:井上 博美
局系列 JNN
制作会社 ファインエンターテイメント、TBS
制作 (制作担当:渡邉 義行)
企画 (宣伝担当:井田香帆里
音楽 (選曲:岩下 康洋)(音響効果:佐古 伸一)(MA:右田 安昌
撮影技術 高藤 安正、(技術プロデューサー:沼波 圭介)(照明:田淵  博田渕  博))(VE:笹井 唯史)(録音:北村 達郎)(編集:森?  好森崎  好))
美術 (美術プロデューサー:北林 福夫)(美術進行:吉見 邦弘)(装飾:福留 克年)(持道具:安岡 京子)(衣裳:石川 純子)(メイク:西巻千代江岸  順子白井 由利

Tag Cloud

嘉子 久本雅美 洋子 内藤病院 野際陽子 ガン 冒す 赴任 橋本以蔵 近藤芳正 相談 武野功雄 横浜総合病院 疑問点 外科部長 自殺 首吊り死体 五代高之 入り婿 吹き込む 息子 川端竜太 かわいがる 死亡推定時刻 院長 伊藤寿浩 断定 ドルフィンズ 森川真行 山崎一

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

関連ブログ

ドラマデータ提供