• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ抱きしめたい(新聞見出し…抱きしめたい 自閉症の弟をもつ姉と家族の旅)

第57回芸術祭優秀賞受賞作品。沢田未来子(和久井映見←山下夏生)は山下祐治(西島秀俊)にプロポーズされたが、自閉症の弟・道朗(加瀬亮←大隈祐輝)がいることを言い出せなかった。未来子はこの先、弟をどう受け入れていくか、自分の気持ちを試す意味も含め、家族を旅行に連れ出し、旅先で祐治と会わせようと思いつく。「東京の旅行代理店に勤める沢田未来子(和久井映見)は、コンピュータ会社で働く恋人の山下祐治(西島秀俊)からプロポーズされる。しかし未来子は煮え切らない様子。実は5歳年下の弟・道朗(加瀬 亮)は自閉症だったのだ。幼いころ祖母(三崎千恵子)に弟の存在するせいで一生お嫁にいけないだろう、と言われたことがずっと忘れられずにいる未来子は、弟のことを告白した結果別れを告げられるのではないかと恐れていた。未来子はふだんはほとんど連絡を取らない実家の父・一朗(竜雷太)と母・朋子(いしだあゆみ)を、道朗もいっしょの旅行に誘う。目的地は弟が大好きな石原裕次郎の記念館がある小樽。パニックを起こす道朗をかかえる一家にとって、実に16年ぶりの家族旅行だった。裕治には小樽で落ち合おうと携帯でメールを打っていた。ついにすべてを打ち明けようとしていたのだ。道朗に配慮してトンネルのない道を選びつつ車で北海道に向かう道すがら、未来子の胸中には、弟とその世話で手一杯で自分を構ってくれなかった両親への記憶がよみがえっていた。未来子の家族と自分自身への葛藤が見事に描かれた作品。同時期公開された映画『ロックンロールミシン』で主演して話題を集めた加瀬亮が道朗役を好演し、注目された。「本格的なテレビ出演は今回が初めて」(NHK広報資料より引用)という。【この項、文・練馬大根役者】」地上波では、NHK総合で2002/10/26、土曜21:00~22:15放送。医事監修・佐々木正美。医事指導・藤村  出。撮影協力・青森市、盛岡広域フィルムコミッション、日本自閉症協会、しもふさ学園。資料提供・日活、マルベル堂。
キー局 NHK HV 放送曜日 放送期間 2002/10/12~2002/10/12
放送時間 19:30-20:45 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 ドラマ 平成14年度文化庁芸術祭参加
主な出演 和久井映見加瀬  亮西島 秀俊竜  雷太いしだあゆみ三崎千恵子有福 正志大城 英司高山  広飯島 大介福井 裕子中込佐知子小柳友貴美山下 夏生大隈 祐輝松嶋 亮太小林 高鹿佐藤 銀平小池 直道菅原 永二渡辺 剛士渡辺 啓子河原田ヤスケ真木  仁ippエンゼルプロウェルムーブ
主な脚本 吉田 紀子
主な演出 勝田 夏子
原作 島田 律子「私はもう逃げない」~自閉症の弟から教えられたこと~より
局系列 NHK
制作会社 NHK
制作 (制作統括・阿部 康彦、木田 幸紀)
音楽 城之内ミサ、(音響効果・菅野 秀典
撮影技術 岡田  裕、(技術・川崎 和彦)(照明・大西 純夫)(音声・奈良 孝弘)(映像技術・平片 賢一)(編集・石川真紀子
美術 山口 類児、(美術進行・桜井 茂雄

Tag Cloud

未来子 加瀬亮 和久井映見 道朗 西島秀俊 山下祐治 沢田未来子 弟・道朗 自閉症 大隈祐輝 小樽 吉田紀子 プロポーズ 旅行 ふさ学園 加瀬 記念館 トンネル 家族 構う 配慮 勝田夏子 NHKHV いっしょ 携帯 城之内ミサ 受け入れる 自分 祖母 打つ

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供