• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データぼうふら紳士

何でも引き受けてやろうというサービス業を始めたことから展開されるコメディー。フジテレビの演出スタッフだった松木ひろしの脚本家としてのデビュー作。「月刊ドラマ」2005年6月号の同氏の寄稿によれば、デビューのきっかけは依頼した脚本家の遅筆が原因で、自ら執筆して急場をしのいだ。そしてよく考えると自分の月給と1回分の原稿料が同じ3万円であり、会社を退社して脚本家としてそのまま執筆することにしたという。生ドラマ。提供:ロート製薬。
キー局 CX 放送曜日 放送期間 1960/05/15~
放送時間 21:15-21:45 放送回数 連続/単発 連続
主な出演 三井 弘次桂 小金治守屋  浩市川 和子丸山 明弘高橋 とよ井川 邦子坂本  武島津 雅彦
主な脚本 岡田 教和津瀬  宏松木ひろし
主な演出 松木ひろし
原作 津瀬  宏
局系列 FNN
音楽 いずみ・たくいずみたく

Tag Cloud

津瀬宏 三井弘次 脚本家 岡田教和 桂小金治 松木ひろし 守屋浩 執筆 原稿料 寄稿 丸山明弘 演出スタッフ サービス業 遅筆 急場 同氏 月刊ドラマ 1回分 月給 しのぐ 退社 たく コメディー デビュー フジテレビ デビュー作 市川和子 ロート製薬 引き受ける 原因

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供