• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データビタミンF 全六章(第五章)なぎさホテルにて、(最終章)母帰る

父と娘、父と息子、父とその父親、母(=妻)から見た結婚以前の父(=夫)、父親の両親など、父親(「F」ather)をめぐる人間関係を主題としたオムニバス。各章とも独立した話として成立しているが、ある章の人物が別の章にも登場し、意外な人間関係も設定されている。シリーズを通して音楽はほとんど使用されず、説明的描写も極力省かれている。静謐で抑制されたトーンを基調とした作品世界から、人間を成立させている根源的な関係性がしだいに浮き彫りになる。各章ともほのかな明るさを感じさせる結末である。第五章、最終章は金曜19:30~20:58に二話連続で放送された。【以上、文・練馬大根役者】手話コーディネート・妹尾映美子(6)。映像資料提供・『金魚の一生』(監督・犬童 一心)(5)。
キー局 NHK BS2 放送曜日 放送期間 2002/07/05~2002/07/05
放送時間 19:30-20:58 放送回数 1 回 連続/単発 単発
番組名 衛星ドラマ劇場
主な出演 光石  研(5)、水橋 研二(5)、藤谷 文子(5)、利重  剛(6)、大杉  漣(5)、小島  聖(6)、洞口 依子(5)、國村  隼国村  隼)(5)、李  麗仙(5)(6)、三上 博史(6)、忍足亜希子(6)、渡辺 文雄(6)、広岡由里子(6)、岩松  了(6)、高井 裕基(5)、高井 里紗(5)、渡辺 一志(5)、荒牧 亮子(5)、清水 大敬清水のぼる)(6)、高村 尚枝(6)、柴田  光(6)、田中 理絵(6)、田中 綾夏(6)、香川県小豆島の皆さん(6)、NAC(6)
主な脚本 岩松  了(5)、加藤 正人(6)
主な演出 高橋陽一郎(5)(6)、(SD・赤間 俊秀)(記録・松田 亜子
原作 重松  清「ビタミンF」
局系列 NHK
制作会社 NHK(大阪放送局)
制作 (制作統括・小見山佳典)
音楽 (音響効果・加藤 正孝(5)、野下 泰之(6))
撮影技術 松本  剛(5)(6)、(技術・照明・須鼻 明彦(5)(6))(音声・惣田 睦弘(5)、若島  勲(6))(映像技術・安川 政行(5)(6))(編集・水島 清子
美術 太田 礼二

Tag Cloud

光石研 水橋研二 藤谷文子 岩松了 加藤正人 成立 父親 人間関係 静謐 説明的描写 作品世界 基調 抑制 トーン 主題 関係性 金魚 高橋陽一郎 一心 最終章 オムニバス 浮き彫り ほのか 独立 利重剛 使用 連続 NHKBS2 結末

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

クチコミ

ユーザレビュー

ドラマデータ提供