• 水色
  • 緑
  • 紫
  • オレンジ
  • 赤
  • 小
  • 中
  • 大

ドラマ 詳細データ電波少年的スペシャルドラマ 松本人志の佐助 SASUKE(新聞ラテ欄表記…電波少年的SPドラマ 松本人志の「佐助 サスケ」 構想3年遂に今夜公開 アメリカ人は笑うか?松本感動…)

日本の「お笑い」が世界で通用するかどうかをテーマに、松本人志が取り組んできたという企画「アメリカ人を笑わしに行こう」。アメリカでの「笑い」のリサーチなどを経て、松本人志が完成させたというコメディードラマ「サスケ」を公開。全編英語で進行するこの作品を、あらゆる年齢層のアメリカ人200人に見てもらう。「日本テレビの人気バラエティ番組『進ぬ!電波少年』内の一企画「電波少年的松本人志のアメリカ人を笑わしに行こう」としてスタートした作品。ダウンタウンの松本人志が、自分の笑いがアメリカで通用するかどうか渡米して挑戦するという「Tプロデューサー」(企画の土屋 敏男の番組内での通称)のアイデアからスタートし、具体的にはアメリカ人向けにコント作品を制作して見せることになった。この進行状況は、当時無名のお笑い芸人・坂本ちゃんがその年度の東大受験に挑戦する、歌手の華原朋美が独力でアメリカで歌手デビューするといったほかの企画と同時期に、2000年7月23日から11月23日まで『電波少年』で放送された。以降、続報は途絶えたが、完成した作品が、『電波少年』とは別の時間枠でのスペシャル版として放送された。アメリカ郊外の家。アラン・フォースという少年が、両親が祖母の見舞いに出かけたあと、一人でゲームに夢中になっていた。そこにやってきたのが謎のニンジャ・サスケ。彼は「ニンジャ・サービス」から派遣されたハウススキーパーだというが…。リビングのテレビで放送されていた特撮作品は『スーパーロボット レッドバロン』(1973-4)。「日本人のお笑いの力が100点だとすると、アメリカ人には(手を抜くという意味ではなく)65点ぐらいの力」が最適と判断した松本が、その「65点」を全力で演じたという(番組内での松本人志の発言)。番組は企画段階から上映会終了までを追うドキュメントの形式をとっている。企画は1999年12月にスタートし、2000年10月、ロサンゼルスにて4日間で撮影されたが、2000年11月、アメリカ人向けの「笑いの間」を作る作業が難航し編集が中断。その後2001月7月に「SASUKE 佐助」の完成を見る。2001年8月15日、ニューヨーク・ANTHOLOGY FILM ARCHIVESで、上映会が行われた。人種・性別・年齢をアメリカ全体の比率に合わせた、「アメリカの縮図」ともいうべきニューヨーク市民200人の反応を、松本が別室のモニターでうかがった。米人コメディアンの前説の後、約23分の作品が上映された。終了後、客の様子に松本が手応えを感じているところで番組は終了する。「SASUKE」本編にはキャスト・スタッフロールは付されていなかった。この項目のキャスト・スタッフは、メイキング部分を含む番組全体のエンドロールから採録したもの。【以上、文・練馬大根役者】」映像協力・宣弘社。
キー局 NTV 放送曜日 放送期間 2001/10/13~2001/10/13
放送時間 21:00-21:54 放送回数 1 回 連続/単発 単発
主な出演 松本 人志、(メイキング部分の出演・土屋 敏男(クレジット表示なし)、高須 光聖)(ナレーター・木村 匡也KOYAMA.E.P.
主な脚本 高須 光聖、(構成・木村 祐一海老 克哉そーたに
主なプロデューサ 鈴木 雅人長濱  薫池田 秀一、(チーフプロデューサー・吉川 圭三)(広報・立松 典子(「松」は正しくは木偏に沿の旁))
主な演出 (監督・土屋 敏男)(助監督・中西  太角田 朋子)(ディレクター・古立 善之)(アシスタントディレクター・鈴木  尚
局系列 NNN
制作会社 NTV、(フィルム制作・ヨコシネディーアイエー)(アニメ制作・東映アニメーション)
制作協力 (製作協力・吉本興業)
制作 (デスク・小林 圭子)(サスケコーディネイト・Idea Network L.A.)
企画 松本 人志土屋 敏男
音楽 音効・花岡 英夫キュービック)、田中  稔ヘンドリックス))(MA・テレテック・メディア・パーク
撮影技術 (ロケ技術:エヌ・ティ・ビー映像センター)(NY技術・MarcomB.K.Nexent)(編集・テレテック・メディア・パーク)(ドラマ編集・McRAY)(CG制作・デジタル・メディア・ラボ
HP
美術 日本テレビアート

Tag Cloud

松本人志 アメリカ人 電波少年 アメリカ 企画 アメリカ人向け SASUKE 笑わす 高須光聖 完成 松本 通用 番組 お笑い 笑い スタート 作品 長濱薫 Tプロデューサー 鈴木雅人 映像協力・宣弘社 挑戦 土屋敏男 上映会 別室 企画段階 縮図 サスケ 佐助 見舞い

リンクパーツ

直リンク用URL ヘルプ
引用パーツ ヘルプ


インフォメーション

FaceBook

クチコミ

ユーザレビュー

このドラマの YouTube 検索結果

関連ブログ

ドラマデータ提供